1
/
5

【インターン生紹介 Vol.5】4ヶ月で1部門の戦略を描く。外コン内定者が視る、インターン生が成果を生み出すBullsのカルチャーとは?

みなさまこんにちは!インターン生の馬場です。
株式会社Bullsには新しいインターン生が続々とジョインしています!

Bullsのインターン生はどんな人がいるのか、どんな仕事をしているのか生の声をお届けするべく、
インターン生ひとりひとりにストーリーを書いていただいています!

今回ストーリーを書いてくださったのは、今やBullsの土台ともなる営業の仕組みを約4ヶ月で作り上げ、代表の期待をも超えていく、そんな圧倒的なPDCA力を持つ生谷祐伎さんです!!

目次

(1)就職後には経験できない、スタートアップの“現場”を知りたい
(2)Bullsの挑戦と失敗に対する考え方
(3)インターン生が現場で成果を生み出す仕組み
(4)忘れられないBullsの歴史を作りたい

就職後には経験できない、スタートアップの“現場”を知りたい

どうも、こんにちは!4月にBullsにジョインしました、大阪大学4年の生谷です!

僕は周りより少し早く就職活動が終わったこともあり、卒業までの期間、何か一つのことに夢中になりたくて長期インターンを探していました。

軸としては、事業がどのように動き、どうやって作られているのかという“現場を知る”ことができるかどうかでした。というのも、就職先のコンサルタントという職業には、現場を知らずに机上の空論を押し付けてしまうという一つの問題があるからです。

そんな僕には、Bullsという創業2年目のスタートアップというフェーズがとても魅力的にうつり、応募したのを今でも覚えています。

個人的に好きな写真(笑)

Bullsの挑戦と失敗に対する考え方

僕がジョインして4ヶ月が経ち、所属している部門柄、他社のお話を聞く機会が多くありました。その中で、この会社の大きな特徴だと個人的に思う、2つのことについてお話をしたいと思います。

1つ目は挑戦と失敗に対する考え方です。

Bullsには「失敗を恐れずにガンガン挑戦してほしい」、また「失敗は個人ではなく仕組みが悪いので、どのような仕組みを作ればいいかを思考する」というカルチャーがあります。この挑戦と失敗の捉え方がBullsのメンバーのパフォーマンス向上につながっていると個人的に感じています。

実際、僕が今所属するBS(ビジネス・ソリューション)という自社サービスで法人の課題解決を行う部門は、このカルチャーがなければ今の姿はないと思います。というのも、僕がジョインした4月にはこの部門はなく、右も左もわからない中でマーケティングや案件管理の仕組みを多方面の方々と協力し作り上げました。

もちろん、全てが上手くいったわけではなく、沢山の挑戦の裏には何倍もの失敗があり、クライアントにご迷惑をかけてしまうこともありました。(本当にすみません)

ただ、この社内文化のおかげで、「挑戦→失敗→仕組み化→挑戦」のサイクルを常に回すことができ、結果として約2ヶ月でこの部門の仕組みを作ることができたと感じています。

月間MAP(Most Awesome Player:最も印象に残る活躍・Awesomeな活躍をした人)に選出された7月全体定例

また、挑戦に関しては本当に寛容で、ジョインして1ヶ月半の頃に翌月のマーケティング戦略と実行を任せてもらったり、4ヶ月後にはBS部門の戦略と実行を任せてもらったりと、ここまでインターン生がやっていいのかというレベルで裁量権を持たせてくれています。こんな経験は他のインターンではまずできなかっただろうと思います。

インターン生が現場で成果を生み出す仕組み

落ち着いて考えてみると、「4ヶ月で1部門の戦略を描く」ってすごいと思いませんか?

これは僕が優秀だったとかではなく、ビジネスにおける思考法や理論の叩き込み(めっちゃスパルタとかではないですよ笑)とそれを現場で使えるようになるまでの上長のマネジメント力組織内の成長する仕組みが飛び抜けているからだと思います。

Bullsではすべてのインターン生に上長がつきます。僕の上長は影山さん(代表)で、戦略のすり合わせや今の課題感などを話すMTGを週3回程行っています。(フィードバックはめっちゃ厳しいです笑)

福岡オフィスに来社した時に、代表とインターン生と撮影した一枚

また、会社の仕組みとしては各種講座や評価制度、ナレッジ共有の機会などがあり、会社に関わるすべての人が成長できる体制があります。

そのおかげで、まわりのインターン生も、ホテル運営、Instagram・Wantedly運用、広告運用などそれぞれの役割で圧倒的成果を出すことができているのだと思います。

忘れられないBullsの歴史を作りたい

今後の目標としては、「昨年度の売上を1ヶ月で作る仕組みづくり」です。

BS部門には仕組みも人も増え、圧倒的に攻められる体制ができつつあります。ここからクライアントの対象が個人にも広がっていきます。そうすると目標が少しずつ見えてくると個人的には思っています。

そして、これから入ってくる優秀な人達も含めてチームメンバーと日々アツい議論を交わし、この部門をより成長させ、Bullsや関わる全ての人にとって忘れる事ができないような歴史を作りたいです!!!!!

オープンポジション・未経験歓迎
ワクワクしてみませんか?ホテルベンチャーで新しいタビの形を作り出す!
私たちBullsでは、「すべての人に成長の1ページを」というミッションを掲げて、 現在5つの事業に取り組んでいます。 【スマートホテル事業】 現代人に合わせてミニマルで本当に必要なものだけ付加価値を高めて提供する、IoTを活用したカジュアルでおしゃれなホテル『ORIGO - the minimal hotels - 』を展開しています。今までにない「タビ」を提供するため、「タビ」のプラットフォームとして旅行者と地域社会を繋ぎ、ホテルの”メディア化”を目指しています。 『ORIGO - the minimal hotels - 』 ブランドサイト:https://origo-hotels.com/?utm_source=wtdly&utm_medium=social&utm_campaign=top Instagram:https://www.instagram.com/origo_hotel_fukuoka_tenjin1/ 【ホテルシェアリング事業】 既存のホテルの立地の良さや稼働率の低い時間帯を活用し、個人ワークスペースや美容サロンなどへの時間貸しサービスを行っています。「タビ」のプラットフォームとして、ホテルの利用者と様々なサービスを繋ぎ、新しい体験を提案します。 【D2C事業】 SNSマーケティングを中心としたファンコミュニケーションにより、ホテル宿泊者に対して新しい宿泊体験・購買体験を提供し、顧客満足度の向上を図ります。D2C事業を通してユーザーと直接的・継続的な接点を持つことによって、宿泊への誘導および宿泊者のLlTV(生涯顧客価値)向上を目指します。 オリジナルブランド『Whits』 Instagram:https://www.instagram.com/whits_shop/ 公式サイト(準備中):https://whits.jp/?utm_source=wtdly&utm_medium=social&utm_campaign=top 【クラウドファンディング事業】 クラウドファンディングを活用し、新たなサービスの提供、新規ホテルの開設、地域を巻き込んだサービスの提供を行っています。また、将来的には新たな不動産投資機会の創出を目指しています。 【オンラインサロン事業】 株式会社Bullsがスタートアップとして活動していく中での気づきや失敗、構想の中の新しい観光事業、進行中のプロジェクトなど、ベンチャー企業のリアルを公開した「Bulls企画室」を運営しています。
株式会社Bulls

▼Bulls企画室(オンラインサロン)

▼ORIGO -the minimal hotels -(ホテル)

▼ORIGO(ホテル)インスタグラム
https://www.instagram.com/hotel_origo_fukuoka/

株式会社Bulls's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings