1
/
5

What we do

『HOTEL ORIGO NAKASU -Riverfront-』
『minoriba』サロン部屋として運用するホテル客室
私たちBullsでは、「すべての人に成長の1ページを」というミッションを掲げて、現在4つの事業に取り組んでいます。 【スマートホテル事業】 現代人に合わせてミニマルで本当に必要なものだけ付加価値を高めて提供する、IoTを活用したカジュアルでおしゃれなホテル『ORIGO - the minimal hotels - 』を展開しています。今までにない「タビ」を提供するため、「タビ」のプラットフォームとして旅行者と地域社会を繋ぎ、ホテルの”メディア化”を目指しています。 『ORIGO - the minimal hotels - 』 ブランドサイト:https://origo-hotels.com/?utm_source=wtdly&utm_medium=social&utm_campaign=top Instagram:https://www.instagram.com/origo_hotel_fukuoka_tenjin1/ 【シェアリング事業】 既存のホテルやサロンの客室稼働率の低い時間帯を、フリーランスなどのエステティシャンやセラピストの方々へ時間貸しするシェアサロンサービス『minoriba(ミノリバ)』を展開しています。「minoriba」という名前には、すべての方々の努力が「実る」場所になるという思いが込められており、時間貸しするサービスだけでなくお客様の集客課題を解決するマーケティング支援サービスまで幅広いサービスを行っています。 『minoriba』 ブランドサイト:https://minoriba.com/ 【DX(デジタルトランスフォーメーション)支援事業】 SFA、CRM、MAツールなどを用いたBullsの打ち手で、より多くの企業が成長し活躍できるよう集客・販売からバックオフィスまで一気通貫でのDX化支援を行っています。 【不動産事業】 新規でホテルやサロンを開業される方に向けた資金調達から企画・設計・施工までワンストップで行う店舗開発サービスや、既存店舗などの不動産をお持ちの方に向けたリノベーション支援事業を行っています。

Why we do

株式会社Bullsの立ち上げのきっかけは代表 影山の 「アジアでNo.1のホテルビジネスを作りたい」という大きな夢にあります。 影山がベトナムに赴任していた時のこと。 トリリンガルでカフェ経営が夢という若くて優秀な少女がいました。彼女は、夢に向かってチャレンジしたいにも関わらず、明日の食事もままならないほどに貧困に苦しんでいました。それがアジアの貧困層の現実でした。 そんな中、彼女のようなストリートチルドレンを積極的に受け入れる飲食店の日本人オーナーがいました。この人の元では子供たちの笑顔が溢れ、まさに生きる希望となっていたのです。 ホテルのような箱物ビジネスはマニュアル化がしやすいと考えています。 マニュアル化することで誰でも活躍できる場所を作り出し、 ホテルが「タビ」のプラットフォームとして、新しい体験への出会いを加速させ、 頑張りたい人の成長を必ずやサポートできると信じています。 アジアNO.1のホテルビジネスを作っていくことが、アジアの成長を活性化させ、そして近い将来アジアの貧困層のサポートもできるような大きな事業へと成長を遂げたいと思っております。

How we do

私たちが大切にしているミッション・ビジョン・バリューです。 「すべての人に成長の1ページを」提供するためにチーム一丸となって進み続けます。 【MISSION】 - すべての人に成長の1ページを - ヒトは「タビ」の中で多くの体験をし、その体験こそ成長へと繋がると考えています 人々の成長の1ページとなるような、「タビ」の体験設計を提案していきます 【VISION】 - 「タビ」を通して人生を豊かに - 今までにない「タビ」の形をホテルというスキームで実現していきます 「タビ」を通して1人1人の人生をより豊かにしていきます 【VALUE】 - 十人十彩 - 多様な考え方を「美しい彩り」として尊重し合い、多くの人が成長できる世界を作っていきます - DA! DA! DA! - PDCAの「Do」と「Act」を軸に、圧倒的なスピード感を持って新しいチャレンジをしていきます - 感動コミット - お客様に対してはもちろん、Bullsに関わる全ての方へ「感動」を届けることにコミットします