Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

これまで100つ以上のベンチャー採用ノウハウを開発したPotentialightのカルチャー公開!

「Potentialightのカルチャーって?あまりイメージできない...」


そう思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

初めまして!ポテンシャライト に10月にジョインしております寳田と申します!

<こんなキャリアです(入社エントリー)>


私は、実は入社前「ベンチャー=野原」とイメージを持っていました。そしてポテンシャライトは普段からアウトプットをしているイメージが強かったため、「仕組みが整っていない中ハードに働く」と覚悟を決めて入社したのを覚えています。そんな中入社してみて感じたことは、「思った以上に仕組みが整っていた」ということ。今回はそんな当社のカルチャーや取り組みなどを大公開したいと思います!


# 当社のカルチャー

(1) チャレンジ文化

 ポテンシャライト ではチャレンジすること、チャレンジし続けることをとても大事にしております。売上数値などを社内で追っていない当社。担当のクライアント様と目標数値を設定することはありますが、クライアント様の採用課題にしっかり向き合うべく社内での売り上げなどは追うことはありません。そんな中でも能力関係なく日々チャレンジし続けているかという点はとても大事にしております。日々アップデートしていく採用手法。常にスタンダードを創り続けるためにも一人一人がチャレンジし続けることが大事だと考えています。


(2) ノウハウ共有文化

 「山根さんのノウハウはどのように教えているのですか?」 面談・面接に来ていただく方によく聞かれます。当社ポテンシャライトはesaというツールを使い、ノウハウを蓄積・共有しておりいつでも検索できるような仕組みを整えております。
「esaって何?」という方にはこちら!
https://www.wantedly.com/companies/company_137060/post_articles/194553
弊社上中がPotentialightで使用しているツール紹介にて記載しております。当社はノウハウを共有すること=当たり前という文化があります。逆に知り得たノウハウを共有しないことが悪という考えをもっております。このようにメンバー含めて得たノウハウに関しては蓄積されております。


(3) 称賛する文化

  ポテンシャライト には”称賛する文化”があるのも特徴の一つです。Google社が社内で取り入れている称賛制度のひとつ「ピアボーナス」を筆頭に、いま世界の企業で称賛文化が注目を集めています。当社もポジティブな掛け合いをもっと作っていきたいと考えております。具体的に称賛する文化をどのように作っているかというと・・・

 ●doyatte(どやって)
 
ポテンシャライト はコミュニケーションツールでSlackを使用しているのですが、そこには#doyatteというチャンネルがあります。とてもシンプル自薦他薦ドヤをつぶやくスレッドになっております。お客様にとって、ポテンシャライト にとって些細なことでもみんなで共有する。特にドヤに定義は設けていません。


●homette(ほめって)
 
doyatteに加え、Potentialightには最近#hometteというチャンネルもございます。簡単にいうとdoyatteと異なり、メンバー同士で”褒めあう”、そんなチャンネルです。ちなみに当社はHiManagerのOKRツールを導入しており、slackから称賛を送りあえます!   


ここまでポテンシャライト のカルチャーについてご紹介させていただきました。それではカルチャーをより浸透すべく取り組んでいることも合わせてご紹介させていただきます。



# 当社のゼロイチイベント

(1) ゼロイチミーティング

 ポテンシャライト では月に1回、ゼロイチミーティングというものを行なっております。当社では現状を常に良い方向へ進化させるためには「改善」していくことが大切だと思っております。ゼロイチミーティングではメンバーそれぞれが「この1ヶ月間、どんなことを改善していきたいか」ということを組織観点・自身の成長観点でラフにディスカッションする場となっております。メンバー全員で行うことにより共通認識を持つことができ、メンバーみんなでより良い組織作りを行っております。


(2) 自分語り会

 みんなで美味しいご飯を囲みながら「どういう生い立ちで、なぜ今Potentialight にいるのか」「仕事において大切にしていることは何なのか」「最高のチームとは何か」などのメンバーの価値観共有する会を開催しております。メンバーの生い立ちまで聞ける機会はなかなかないですし、意外な一面も見ることができます。


(3) 締め会

 締め会自体は恐らく他の会社と似たものになると思いますが最近当社は締め会の中で表彰式を行っております。

【MVP賞】:Most Ventures Player賞
今月最も”ベンチャー”だった社員(つまり今月最も活躍をした社員)に送られる賞です。大きく下記3つの観点から弊社山根から賞が贈られます!


【MCP賞】:Most Challenged Player賞
 
こちらはその月で最も”チャレンジ”した社員に送られる賞になります。前述した通りPotentialightは数値目標などは追っておりません。もちろん担当企業様とKPIとして目標を置くことはありますが社内での数値目標/売上目標はありません。成果や結果も大事ですがそれまでのプロセスにおいてどんなチャレンジをしたのかという点も大事にしております。ではどんなチャレンジをしたら賞をもらえるのでしょう。MCP賞では3つの観点を設けております。



#おまけ特集!

こちらは当社が任意で行なっている取り組みになります!

(1) Go out day

 Go out dayとは、任意ではありますが毎月第3水曜日の17:00以降は会社の外に出て仕事はしない日です。メンバーみんなで外に出かけております。
・これまでのGo Out Dayのイベント事例
   -映画鑑賞
   -脱出ゲーム
-プロフットサル試合観戦
   -プロバスケットボール試合観戦
   -スペースマーケットで家を借りて、手巻き寿司大会、麻婆豆腐大会、餃子大会
   などがありました。
★直近はボードゲームに行きました。
 URL:https://amebaownd2.potentialight.co/posts/713372



(2) 部活

  こちらはこれから主導予定ですがメンバーも増えてきたので部活を立ち上げようかと企画しております。現在メンバー何名かで合宿(もくもく会)を開いていることもあります。

ポテンシャライト ではこのような取り組みは声を上げれば自分たちでもどんどんつくっていける社風です。こういった、について、またポテンシャライト のカルチャーや雰囲気についてもっと詳しく知りたい方、ぜひポテンシャライト に遊びにきてくださいね!

株式会社ポテンシャライト's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings