Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

事業創出プログラム~参加者に会いに行く~

こんにちは、Arinosの須田です。

8月~提供開始しております事業創出プログラムですが、早くも名乗りをあげてくださる方がいらっしゃいました。その方は秋田県大仙市の方・・ではなく、なんと福岡!

オンラインで密に連絡を取っていくものの、初回は実際に顔を合わせて、「解決したい社会問題はなにか?」「その社会問題を解決するための方向性の確認」を行いました。今週、代表の古家と福岡県に行ってまいりました。

※秋田から福岡は直行便がなく、羽田で乗り継ぎが必要という・・早く秋田を盛り上げて直通便を出してもらいたいところです・・。


参加者は武藤さんという女性で、10代でカナダに留学し、語学学校で留学会社とのカウンター、アパレルでの仕事をされていました。現在は、帰国しリモートワークを中心に事務関係の仕事をしております。武藤さんとは昔から交流があり、今回の打ち合わせのずっと前から、「引きこもりの方々」への留学プログラムの提供を行いたい、という話を聞いておりました。

事業創出プログラムでは、下記のステップで進めます。

STEP1:アイデア抽出

STEP2:事業計画書の作成

STEP3:テストマーケティング

STEP4:資金調達

STEP5:事業立ち上げ(1年間)

今回は、STEP1、2を行い、

   ・なぜ、その事業をやりたいのか?

   ・その事業をやることで、どんな社会問題が解決されるのか?

    (その事業は本当に必要とされているのか?)

   ・解決したい社会問題に対するソリューションは、本当にそれだけか?

   ・その事業をやることで、収益をあげることはできるのか?

を2時間かけて議論しました。 

2時間の議論から、「引きこもりの方々」に限らず、「環境に適応できない人」たちの課題を解決するために、留学、日本での学習、就業の機会を提供するサービスを行おう!ということになりました。

また、提供するサービスは、「その方々のためになることを優先する!(利益優先にならない)」ということを信念にするという共通認識をとりました。

彼女自身がとてもやさしく、強い気持ちを持っていたため議論にも自然と熱がこもりましたし、こうした想いを持っている素敵な方のアイデアをきちんと形にしていくことが我々の仕事であると再認識し、改めて身が引き締まりました。

9月頭には資金調達を進められるように、邁進していきますので引き続きよろしくお願いいたします!

ちなみに余談ですが、福岡はごはんもおいしく、コワーキングスペースも多くどこでも不自由なく働ける場所という印象を受けました。

 秋田でも取り入れられるところは取り入れていければと思いました。


■最後に

Arinosでは、事業創出プログラムのテストマーケティング費用の協賛金をお願いしております。※1口50,000円~

というのも、これまでのプログラムは、事業計画書作成後すぐ実践だったため、市場のニーズが本当にあるのか等、不確定要素が多いまま事業推進するケースが多かったと考えられるからです。テストマーケティングをプロを入れつつ行うことで、事業性を評価し、不確定要素を事前につぶし込みができるので、みなさまご支援よろしくお願いいたします。

また、事業創出プログラムの参加者についても募集しております。

ご興味がある方は、下記までご連絡いただければと思います。

メールアドレス:Kazuki.suda@arinos.co.jp

担当者名:須田

株式会社Arinos's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more