1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

プレイヤーからマネジャーへマインドセット!アマナの新任マネジャー研修

アマナグループでは、マネジャーへの昇格者やマネジャーとして入社者を対象に、管理職の業務内容やマネジメントの基礎知識を社内外の講師から学ぶ研修を行っています。*現在はオンラインにて実施中

今回は新任マネジャー研修を担当している森田さんにお話を伺いました。

・研修の目的は?

アマナグループの「amana manager guideline(amg)」に沿って、「戦略の実行」「人材の育成」「チームの構築」の3つのテーマごとに、一般的な理論を学び、現場で実践し、研修でフィードバックを受ける、ということを約1年かけて繰り返し行います。マネジャーに必要なリーダーシップやマネジメント力を身に着けることを目指しています。

amgは存在しますが、部署や組織によって様々なカラーがあるので、アマナにはマネジャーに決まった型はありません。自らが理想のマネジャー像やチームに適したマネジメントを模索・実行することで、画一的なマネジメントではなく、柔軟性を持った個性あるマネジメントができると考えています。

・どのような研修内容ですか?

マネジャー昇格によって経営層に一歩近付き、同じ方向を向いてマネジメントをするため、研修開始時にアマナグループCEOから、会社の目指してる方向やカルチャーの再確認、マネジャーへの期待について直接話しを聞く機会を設けています。

amgの3つのテーマについて、「戦略の実行」では、戦略を立てて実行するスキルとマインドを自分のものにするためのプログラムを実施しています。マネジメントの基礎知識の取得や自チームにおけるビジョン・ミッションの設定・実行、目標設定面談のロールプレイングなどを行っています。先輩マネジャーから、新任マネジャー時の悩みや躓き、成功秘話など体験談の共有もあります。

「人材の育成」では、部下の育成という重要なミッションに対し、マネジメント能力の向上を目指します。育成に必要な「対話、機会創出、支援」についてのレクチャーや個人ワーク、ロールプレイング等を実施。

その手法の1つとして、ティーチングとコーチングを学ぶプログラムがあります。2つの違いや使い分けをケーススタディを通して理解し、チームやペアで実践して身に着けていきます。

「チームの構築」では、マネジャーの究極の目的である”チームの成果を最大化する”ための「情報共有・発信、承認・意思決定、生産性向上」について学びます。

その中でも、情報を配るマネジメント体感ゲームはとても盛り上がっていますね。チームによって苦戦する様子も見られ、普段のコミュニケーションを振り返る良いきっかけとなっています。

▼オンライン研修の様子

・受講者の反応はどうですか?

研修前は「自分はもう出来ているから大丈夫」と思っていたことも実際に向き合ってみると意外とできていなかった…なんてことや、個々のバックグラウンドの違いからマネジメント方法や考え方にばらつきがあったりと、様々な気付きに繋がっているようです。受講前に自身で学んでいた知識・情報の整理ができたり、その実践の場として活かしている人もいますね。

受講後の気持ちを100枚の写真から1枚選び表現するワークショップがあって、1人のマネジャーが暗い写真を選んでいました。その理由を「マネジャーになって手探りの中で研修を受けたが、整理しながら理論立てていくことで自分のやるべきことが見えた」と話していて、新たなステージに対する不安の払しょくに研修が役立っていると実感しました。

また、普段関わることの少ない他部署の同期マネジャーと、ワークショップやディスカッションなどを通して定期的に交流できるので、部門を横断した新たな人脈が作れたり、自身の視野を広げられたり、相互に刺激し合える場としても好評です。困った時や行き詰った時に話せる仲間がいるのは心強いですよね。

・これから入社される方へメッセージ

社員の自己実現をサポートするためにフェーズごとに様々な研修を設けいています。今後は更にシステムの整備やパーソナライズされた学びの場の提供など、教育環境を充実させていきたいと思っています。

アマナグループには、マネジャークラスで中途入社される方も多く、オンラインでの研修や社内セミナー・勉強会、交流会など、知識や人脈作りに役立つ機会をご用意しています。気軽に参加できるものも多いので、ぜひ積極的にご活用ください!

株式会社アマナ's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings