1
/
5

会議で「チェックイン」してますか?おすすめのやり方5パターンを紹介します

今日は、アディッシュの社内文化のひとつである「チェックイン」についてお話します。

チェックイン
会議の冒頭に行われるショートトーク。
参加者ひとりひとりが、現在の自分の状態や、会議に対して思っている所感を共有しています。これにより、会議への課題意識の共有や、議論の活性化につなげています。
引用:チェックイン | アディッシュのカルチャー・社内用語

私は、6年前に「チェックイン」という手法を知りました。

当時、営業会議に外部のファシリテーターに来ていただいたのですが、そのときにアイスブレイクとして使われた手法でした。

いやはや、これがたいへん魔法なのであります。

その魔法具合に気づいてから、すぐに会議に「チェックイン」を導入し、いまでは社内用語に昇格しています(と思っています)。

「チェックイン」とは、ご想像いただいたとおり、ホテルや飛行機を利用するために行う手続きのことですが、これを会議において行います。

会議で行うチェックインでは、会議を始める前に、参加者にひと言ずつ発言してもらいます。少なくとも全員が口を開くことになりますので、場の雰囲気が柔らかくなったり、課題感が醸成されたり、関係性を高めることが出来ると実感しています。

とはいえ最初は、「チェックインでなに話せばいいの?」となりがちです。

今回は、アディッシュで実践しているチェックインのパターンを5つ紹介します。

・自己紹介でチェックイン
・今の気持ちでチェックイン
・テーマに対して思うことでチェックイン
・近況でチェックイン
・外部の方もチェックイン

自己紹介でチェックイン

アディッシュでは、毎週月水金に全拠点朝礼を開催しています。5拠点100名以上の社員が参加する朝礼ですが、冒頭、2名がチェックインをしています。

自己紹介、他己紹介や感謝したことといったテーマで、1分程度話してもらっています。こんなかんじの雰囲気です。

それから、私が管掌している管理本部の定例会議でも、毎回1名にチェックインをしてもらっています。テーマは「自分の取扱説明書」で、5分程度のプレゼン形式です。

代表の江戸も「議論の前に関係性」とよく言っていますが、本題に入る前に人を知ることは大切なことですよね。

テーマに対して思うことでチェックイン

ディスカッションがメインの会議では、会議の冒頭で、参加者全員がそのテーマについて思っていることをひと言ずつ話すスタイルが多いです。

テーマに対して思っていることを先にテーブルに出してしまうことで、課題感が醸成されることはさることながら、参加者のパワーバランス等で意見が出ない、みたいなことを回避することができます。

ファシリテーターも参加者も、参加者それぞれの考えをひととおり聞いておくことで議論がしやすくなります。発言力が強めの人がいる場合は、最後のほうにチェックインをしてもらうように順番を工夫することもあります。

今の気持ちでチェックイン

アディッシュの経営会議では、月1回の頻度で「どまんなか会議」という会議を開催しています。

目の前の様々から一旦離れて、「私たちはなぜ会社をやっているか」「なぜ働いているか」「いったい何を売ってるのか」といった、どまんなかな問いを議論する時間です。

会議の冒頭はもちろんチェックイン。チェックインのテーマは「ぶっちゃけ今の気持ち」。

それぞれのメンバーが直面しているハードシングスを滔々と打ち明けることもあります。普段はなかなか見せられない思いを、ここではぶっちゃける。ときに30分くらいかけることもあります。

チェックインの後に続くディスカッションでは、関係性をフラットにして議論を行う必要があるため、チェックインが肝だと考えています。そのため時間は惜しみません。また、チェックインをすることによって、会議直前までフル稼働していた頭を切り替える作用もあると感じています。

近況でチェックイン

私は、定期的にメンバーと1on1を行っていますが、もちろん1on1の冒頭はチェックインをしてもらっています。

チェックインのテーマは「最近どう?」。最初は仕事関連の話をしていたメンバーが、回数を重ねるごとに、いまの気持ちや課題感を吐露してくれたり、プライベートの内容を話してくれたりするようになると、心の中でガッツポーズ。

相互理解のためにチェックインをしてもらっているので、面倒くさいとか、なんでやるのとか思われようが気になりません。

外部の方もチェックイン

アディッシュでは、全拠点に衛生委員会を設置しています。

私は東京本社の衛生委員会に参加しているのですが、3か月前にチェックインを取り入れました。衛生委員会のメンバーはもちろん、産業医の先生にもチェックインをしてもらっています。

前回の衛生委員会では、委員会メンバーがひとりずつ「いまの体調について」チェックインをする流れになりました(チェックインのお題は設定していないのですが、1人目が雰囲気を作りますね笑)。最後に産業医の先生がチェックインをしてくれたのですが、全員のチェックインに対して次々とコメントをしてくれました。「それは更年期障害ではなくて自律神経よ」とか「朝ご飯食べてないでしょ。午後に急激に眠くなるのは、朝ご飯食べてないからよ」といった具合に。

衛生委員会は月1回の開催であるため、委員会のメンバーにとって産業医の先生は身近な関係性ではなかったと思いますが、このチェックインによって距離がぐっと近づいたと思っています。


チェックイン、いかがでしたでしょうか。

もし思い当たる場があれば、ぜひ、明日から小さく取り入れてみてください^^

アディッシュ株式会社's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more