Discover companies you will love

  • Web Engineer
  • 1 registered

25、26卒学生対象のハッカソンを8/28-30の3日間でオフライン開催!

Web Engineer
New Graduate

on 2024-06-13

300 views

1 requested to visit

25、26卒学生対象のハッカソンを8/28-30の3日間でオフライン開催!

New Graduate
Expanding business abroad
New Graduate
Expanding business abroad

櫻井 慎也

1995年、岐阜県各務原市出身。 幼少期に触れたコンピュータに感動し、プログラマーとしての道を志す。 2014年4月、岐阜高校を卒業し、京都大学工学部情報学科に進学。 京都大学情報学研究科ソーシャルメディアユニットで情報検索やSNSについての研究を行う。 2018年4月、京都大学を卒業し、株式会社PR TIMESにWebエンジニアとして入社。 入社後は認証基盤やログ監視基盤の構築のほか、PR TIMESを支えるための様々なバックエンド開発を行う。 PHPやLaravelを用いたバックエンド開発のほかデータベース設計やネットワークなどのインフラ領域やマイクロサービスアーキテクチャの設計などを得意とする。 入社3年目の社員総会でMVPノミネート&BigGrowth賞を受賞。 現在はインフラチームのテックリードとして prtimes.jp のAWS移行やFastly導入など、インフラからバックエンドまで幅広く開発を行っている。 PR TIMESのCDNをCloudFrontからFastlyに移行しました https://developers.prtimes.jp/2022/12/01/prtimes-aws-migration/ PR TIMESをオンプレミスからAWSに移行しました https://developers.prtimes.jp/2023/04/18/prtimes-cdn-fastly/

新入社員研修でタスク管理ツールJootoの新規機能を実装した話

櫻井 慎也's story

柳 龍哉

R TIMESでフロントエンドエンジニアをしてます。これまでに行ったことはプロジェクトなどは開発者ブログに書いてあります → https://developers.prtimes.jp/author/ryuyayanagi/

Tatsuya Kaneko

株式会社PR TIMES CTO。東京工業大学工学部情報工学科卒業。ピクシブ・メルカリを経て現職。ISUCONが大好きです。ISUCON9予選とISUCON6本選は出題しました。

それぞれの立場から「逆境」を選び、PR TIMESへ。CTO金子×Jooto事業部長山田対談<前編>

Tatsuya Kaneko's story

小張 泰志

株式会社PR TIMESでフロントエンドの開発を担当しております。

株式会社PR TIMES's members

1995年、岐阜県各務原市出身。 幼少期に触れたコンピュータに感動し、プログラマーとしての道を志す。 2014年4月、岐阜高校を卒業し、京都大学工学部情報学科に進学。 京都大学情報学研究科ソーシャルメディアユニットで情報検索やSNSについての研究を行う。 2018年4月、京都大学を卒業し、株式会社PR TIMESにWebエンジニアとして入社。 入社後は認証基盤やログ監視基盤の構築のほか、PR TIMESを支えるための様々なバックエンド開発を行う。 PHPやLaravelを用いたバックエンド開発のほかデータベース設計やネットワークなどのインフラ領域やマイクロサービスアーキテクチャの設...

What we do

私たちは「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」のミッション実現に向けて、プレスリリース配信サービス「PR TIMES」のプロダクト開発・事業運営をおこなっています。また、「PR TIMES」を超える事業の実現を目指し、複数の事業を展開しています。 ▶ プレスリリース配信サービス「PR TIMES(ピーアールタイムズ)」https://prtimes.jp/ ▶ タスク・プロジェクト管理ツール「Jooto(ジョートー)」https://www.jooto.com/ ▶ カスタマーサポートツール「Tayori(タヨリ)」https://tayori.com/ ▶ そのほか私たちが運営する事業 / サービス / メディア 例 - ストーリー配信サービス「PR TIMES STORY」(https://prtimes.jp/story/)の運営 - 動画PRサービス「PR TIMES TV」「PR TIMES LIVE」(https://prtimes.jp/tv)の運営 - クライアントとメディアのパートナーとして広報・PR支援の実施 - アート特化型オンラインPRプラットフォーム「MARPH」(https://marph.com/)の運営 - 広報PRのナレッジを届けるメディア「PR TIMES MAGAZINE」(https://prtimes.jp/magazine/)の運営 - Webニュースメディア運営、等
利用企業社数は9万社を超え、2025年には15万社を目指す
意思をもって組織を固定化させず、抜擢と交代の組織変更を半期に1度おこなう
正社員約120名の少数組織。自分の能力を超えるような仕事を任される機会は多く、常にイージーではないチャレンジの連続。そして何よりも、励みあえる仲間がいます。
「To Make Your Work Great」 PR TIMESで働くすべての人が、素晴らしい仕事をうみだすために、守りたい13のルールを規定。
2016年のマザーズ上場後に策定したコーポレートミッション。行動を起こす人に向き合う、当社の姿勢です。
本社1拠点。働きかたは、出社&リモートのハイブリット形式を採用しています。

What we do

利用企業社数は9万社を超え、2025年には15万社を目指す

意思をもって組織を固定化させず、抜擢と交代の組織変更を半期に1度おこなう

私たちは「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」のミッション実現に向けて、プレスリリース配信サービス「PR TIMES」のプロダクト開発・事業運営をおこなっています。また、「PR TIMES」を超える事業の実現を目指し、複数の事業を展開しています。 ▶ プレスリリース配信サービス「PR TIMES(ピーアールタイムズ)」https://prtimes.jp/ ▶ タスク・プロジェクト管理ツール「Jooto(ジョートー)」https://www.jooto.com/ ▶ カスタマーサポートツール「Tayori(タヨリ)」https://tayori.com/ ▶ そのほか私たちが運営する事業 / サービス / メディア 例 - ストーリー配信サービス「PR TIMES STORY」(https://prtimes.jp/story/)の運営 - 動画PRサービス「PR TIMES TV」「PR TIMES LIVE」(https://prtimes.jp/tv)の運営 - クライアントとメディアのパートナーとして広報・PR支援の実施 - アート特化型オンラインPRプラットフォーム「MARPH」(https://marph.com/)の運営 - 広報PRのナレッジを届けるメディア「PR TIMES MAGAZINE」(https://prtimes.jp/magazine/)の運営 - Webニュースメディア運営、等

Why we do

2016年のマザーズ上場後に策定したコーポレートミッション。行動を起こす人に向き合う、当社の姿勢です。

本社1拠点。働きかたは、出社&リモートのハイブリット形式を採用しています。

「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」  PR TIMESは、このミッションを実現するために存在します。 https://prtimes.co.jp/mission/ 2025年に向けた次なる目標は以下の3つ。 - PR TIMESを社会的な情報インフラと呼ぶに相応しい存在にする - PR TIMESを世界で有数のインターネットサービスにする - PR TIMESを超える事業を生み出す人材が台頭する組織になる これら3つの指針に対し、具体的な目標をもって取り組んでいきます。 https://ssl4.eir-parts.net/doc/3922/ir_material_for_fiscal_ym/98642/00.pdf

How we do

正社員約120名の少数組織。自分の能力を超えるような仕事を任される機会は多く、常にイージーではないチャレンジの連続。そして何よりも、励みあえる仲間がいます。

「To Make Your Work Great」 PR TIMESで働くすべての人が、素晴らしい仕事をうみだすために、守りたい13のルールを規定。

▶ 組織について わたしたちは、約120名(2024年2月時点)の少数組織であり、同時に新卒・中途ともに積極的な採用を行っています。コーポレートミッションに共感して入社したメンバーが多いと同時に、バックボーンは多様。大手メディア、IT事業会社、スタートアップ、金融、PR会社、法律事務所など、PR未経験がほとんどです。ミッションに自分なりの共感を持ち、この事業の一員として成長させたい一人一人の力が集っているからこそ、当社ならではの組織を追求できると考えています。また組織変更を半年に1度程度実施。年齢年次不問で抜擢し、役割の変更や交代もあります。 ▶ Valueについて Valueは、2018年に策定しました。Missionの実現に向けて、Most Valuable Teamであるために全力最善で相互に協力し合うことを、共に約束しています。 https://prtimes.co.jp/mission/ - Act now, Think big - Open and Flat for breakthrough - One's commitment, Public first ▶コーポレートサイト等 社員インタビュー   :https://prtimes.co.jp/interview/culture/ プレスリリース一覧  :https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/112 PR TIMES開発者ブログ :https://developers.prtimes.jp/

As a new team member

▶ PR TIMES HACKATHON 2024 Summer 25卒、26卒のエンジニア志望学生を対象にハッカソン「PR TIMES HACKATHON 2024 Summer 」を2023年8月28日(水)〜8月30日(金)の3日間で開催します。 今年も昨年に引き続き当社オフィスでのオフライン開催となります。 個人賞を獲得された方には卒業年度の内定をお出しします! チーム賞を獲得された方々には「景品」もご用意しています。 ▶ 開催背景 私たちPR TIMESにとってこのハッカソンは単に優秀な学生を採用する選考の場というだけでなく、力を振り絞りひとつの目標に向かって頑張る学生たちを応援し、行動と成長の機会となる場にしたいという想いもあります。今回ははじめての試みとして、オンライン説明会の中でPR TIMESのサービスに実際に触れてもらう機会を設ける予定です。企業ユーザーとして、管理画面にログインしてプレスリリースを作成したり、希望者を対象に円滑にチーム開発を進めるためのGitやGitHubの基本的な操作についての事前学習なども実施予定です。 ▶ 開催概要 - オンライン説明会:2024年8月14日(木) 15:00-16:30 ※当日参加できない方には録画を共有致します。 ※希望者には、Git、GitHubの基本的な操作説明を16:30-18:00で実施します。 - 開催日時:2024年8月28日(水)、29日(木)、30日(金)の3日間 - 開催場所:PR TIMES本社(赤坂インターシティ8F) - 募集上限:30名 - 応募職種:エンジニア - 応募条件:・2025年または2026年に卒業予定の学生であること (大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校生/学部・学科不問)      ・就業経験がない方(インターン・アルバイトを除く)      ・Web開発の経験もしくはアプリケーション開発の経験がある方      ・GitHubのアカウントを所有しているもしくは作成できる方      参加費用:無料 ※エントリー後に当社側で負担する費用面については個別にご案内致します。 開催コンテンツの詳細やその他のQ&Aは以下のページにて順次更新予定です。 https://tayori.com/q/pth-2024summer-faq ▶ エントリー方法 「話しを聞きたい」とリアクションいただければメッセージにて応募URLをご案内致します。 申込の際にはご自身の技術的なアウトプットが確認できるURLをご提出いただきます。 ▶ 内定通知について 技術力と適性を考慮し、3日間の成果で基準に達した最優秀賞(もしくは特別賞)の受賞者に、 卒業年度の内定をお出しします。なお通常の新卒枠とは別に、中途採用基準で決定いたします。 久しぶりのオフライン開催で、私たちもワクワクしています! たくさんのご応募お待ちしております!
7 recommendations

7 recommendations

What happens after you apply?

  1. ApplyClick "Want to Visit"
  2. Wait for a reply
  3. Set a date
  4. Meet up
Job Post Features
Online interviews OK

Company info

Founded on 12/2005

120 members

  • Expanding business abroad/
  • CEO can code/
  • Funded more than $1,000,000/
  • Funded more than $300,000/

東京都港区赤坂1-11-44 赤坂インターシティ8F