Teppei Shintani

株式会社WAND(ウォンド) / エンジニア東京都 港区

Teppei Shintani

株式会社WAND(ウォンド) / エンジニア

短く太く生きたい

Wantedly の Engagement Suite のソフトウェアエンジニアをしている新卒4年目です。

この先やってみたいこと

未来

エンジニアリングを通してプロダクトを事業として成立させるための能力を身につける

株式会社WAND(ウォンド)の会社情報

株式会社WAND(ウォンド)1 month

エンジニア(Side)現在

- 現在
ウォンテッドリー株式会社の会社情報

ウォンテッドリー株式会社6 years

Engagement プロダクト開発チーム・エンジニア

-

Wantedly Perkのバックエンド、フロントエンド、データ分析基盤周りの開発をしています。

Premium チームリーダー

Wantedly Visit の toC の課金機能である Premium メンバーシップの利用ユーザー数を増やしていくチームでリーダーをしています。課金機能という特性上 ユーザー・企業・Wantedly のどこかに比重が寄りがちになってしまいますが、3者が幸せになるような機能を目指して改善しています。

Growth チームリーダー

Wantedly は色々なユーザーから使われるサービスになってきたことによって様々な働き方・職種・スキルレベルの人から使われるようになってきた。 様々な働き方の人に対して最適なマッチングを提供するためのグロースチームでリーダーをしていた。最初のスコープとして取り組んでいたのはスキルの高いエンジニア。

Auth チームリーダー / ログイン基盤改善

ログイン基盤改善を改善する半年プロジェクトのチームでリーダーをした。主に計画と設計、実装を行なった。

  • Wantedly のユーザ登録基盤統合

    Visit web, Visit mobile app, People mobile app とユーザ登録基盤が複数に分かれていたのを統合した。(Peopleはまだ微妙に残っている) 「最終的にどうなるのが理想なんだっけ」を考えてからそこに至るまでのロードマップを実行していった形。

  • Visit への Google Sign-In 導入

    Wantedly People では先行的に Google Sign-In が導入されてたのでその仕様に乗っかった形。

  • Visit への Sign in with Apple 導入

    導入しないと iOS でソーシャルログインが提供できなくなるという Apple からのお達しがあった & iOS ユーザーは確実に Apple ID 持ってるので登録率も上がるだろう という判断で実施した。 Apple のドキュメントとにらめっこした

Premium チームリーダー

Premium メンバーシップ利用ユーザー数のグロースするためのチームで最初はメンバー、途中からリーダーをしていた。

スカウト機能リニューアル

使いやすいスカウト機能を作り、今まで(本当に)溜まっていた負債を返して改善しやすいアーキテクチャに作り変えるため、スカウト機能の frontend と backend を同時にリニューアルした。

募集作成機能リニューアル

使いやすい募集作成機能を作り、今まで溜まっていた負債を返して改善しやすいアーキテクチャに作り変えるために、募集作成機能の frontend と backend を同時にリニューアルした。

Feed(現ストーリー) チーム(Intern)

ストーリーをより良くするような機能開発や、インターンというポジションを活かして(?) 夢のあるタスクを行ってました

Telorain株式会社2 years

ソフトウェアエンジニア(Side)

-

サーバサイド、出した施策の分析、どんな施策を出すかの検討、広告設定など幅広く手伝っています。

筑波大学2 years

情報学群情報科学類

-

高専ではあまり情報系を学べなかったので、体系的にCSを学ぶために編入しました。

アサブロ2 years

アルバイト(Intern)

-

主にRailsアプリケーションの改修

呉工業高等専門学校5 years

電気情報工学科

-

情報のことが学べると思って入学したらほとんど電気でびっくりしたので、高専3年くらいから独学で情報系を勉強し始めました。

株式会社ツクルバの会社情報

株式会社ツクルバ

エンジニア(インターン)

既存サービスへの機能追加 社内ツール(Slack Bot)の開発

株式会社jig.jpの会社情報

株式会社jig.jp

Intern

webアプリのチーム開発



言語

  • Japanese - Native

アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう