1
/
5

【TECH BLOG】メルマガバナー運用の新システム移行 〜短期間かつ安全に〜

はじめに

こんにちは、MA部MA基盤ブロックの齋藤(@kyoppii13)です。

ZOZOTOWNではキャンペーンやセール情報などをメールマガジン(以下、メルマガ)で配信しています。そして、そのメルマガの最下部にバナーを掲載しています。従来のメルマガバナー運用方法は、スプレッドシートでバナー掲載スケジュールを管理し、DBに対して直接クエリを実行するという手作業による運用でした。この運用方法だと、人的なミスが発生しやすく、掲載されるバナーがイメージしづらいという問題がありました。そこで、バナー管理のためのCMSを開発し、既存配信システムへのデータ連携によって従来のバナー運用方法における問題点を解決しました。

メルマガバナー運用の移行は、急いでいたこと、開発メンバーが限られていることから開発工数を極力抑える必要がありました。そこで、本記事ではメルマガバナー運用の配信を限られた開発工数で、かつ安全に新システムへ移行するために取り組んだ事例を紹介します。

メール配信システムの概要

本章では、運用を移行するメール配信システムの概要を説明します。

メルマガバナーとは

ZOZOTOWNではキャンペーンやセール情報などをメルマガで配信しています。そして、そのメルマガの最下部には各種キャンペーンやセール情報のバナーを掲載しています。下図はバナーの一例です。

なお、バナーデータはDBに保存されており、バナー画像のURL・遷移先URL・表示優先度・掲載開始の日時・掲載終了の日時が含まれます。バナーは1つのメールに複数掲載されるため、表示優先度が設定されています。また、バナーはキャンペーンによって掲載期間がそれぞれ異なります。そのため、バナーごとに掲載期間が設定されています。

メール配信システム

メルマガは下図に示す構成のシステムにより配信しています。

配信の流れは以下の通りです。

  1. 配信対象者とメールで使用するデータを抽出
  2. 抽出したデータをメールテンプレートへ埋め込み
  3. ユーザへメール配信

メール配信ごとに上記の処理を実行します。

それぞれの処理を順に説明します。

1. 配信対象者とメールで使用するデータを抽出

はじめに、DBから配信対象ユーザとバナーデータを含むメールで使用するデータ抽出します。配信システムではメルマガ配信時にバナー掲載期間を確認し、配信時点で対象となるバナーデータを抽出します。メルマガは内容によって対象者が異なるため、同時に配信対象者の抽出も行います。

配信メールの種類は大きく分けてパーソナライズとマスの2種類です。そして、種類によって配信システムが別れています。パーソナライズは、お気に入りなどの情報に基づいて特定のユーザに対して配信するメールです。一方、マス配信は一定の条件に基づく複数のユーザに対して一斉に配信するメールです。

ここで抽出したデータはメール配信サービスへと送られます。

続きはこちら

株式会社ZOZO(エンジニア・デザイナー部門)'s job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more