1
/
5

第二新卒でどん底に落ちぶれた僕が新卒事業部責任者になるまで

みなさんお久しぶりです!中村です!


なんと!今回!

弊社で【ある新規事業】を開始することになりました👏✨


その前段階として、

弊社新規事業部責任者である「藤原浩之介(通称:わら)」にインタビューをしました♪



わらは実は意外な過去や経歴をもっているんです…💫

しかも弊社へ入社後半年で事業部長になった敏腕CA🌈


一体なにがあったの!?

どん底ってなに!?

なんで半年で部長に!?


早速インタビュー記事へGO🔥



  • わらの簡単なプロフィール
  • 男性
  • 大阪出身
  • 大学卒業後コンサル会社にて勤務
  • 半年で退職
  • ゼロタレントへ入社
  • 現在CA兼、新規事業部責任者
  • 中堅大学出身


・まずなんで人材業界に興味をもったの?

もともと大学の就活の時期に【キャリア】に興味を持ったんです。

理由としては「人が好き・人が成長する姿が楽しい」

って言う単純な理由なんですけど…。


・それはなんで好きだって思ったの?

大学の時、小中学生に向けた集団塾の講師をやってたんですね。

全体を見つつしっかり一人一人見てたら、日を追うに連れどんどん顔つきが変わっていくんですよ!

その姿を見るのがすっごく楽しくて!

「あー人が成長して変わっていくのって楽しいな」って思いましたね!


・そこからどうしてキャリアに興味をもったの?

実は僕、父親が社長なんですよ。

昔から「継がなきゃいけないよ」と親戚からの圧がすごくて…苦笑

自分がやりがいを感じること、やりたいって思ったことに対しても、結局父親の存在で制限があって。

だから心のどこかでやりたいことを諦めていた自分がいたんですよね。

でもそれってある種思い込みじゃないですか。

思い込みとは別の本心からやりたいこと・なりたい姿へ向かっていくことってめっちゃ楽しいなって塾講師で気づけたんですよね。


・それが今のわらにつながるんだ?

そうですね、人の思い込みなどを変えた時に、自分も経験してることだから《共感性》が生まれるんです。

そのうち人のマネジメントや分岐点に関わるのが好きだ、その人の本心でその人が成長するのが嬉しい、って自分の気持ちに気づいたんです!



・それは自分で気づいたの?

いや、実は最初から気づいていたわけではなくて…。

就活の段階で学歴コンプレックスがあって、学歴で比較されるのって辛いなと。

当時(大学3年生の夏)はインターンもできてないし、学チカ(学生時代に力を入れたこと)にも自信がなくなってしまっていて…。

今思い返せば寄り添ってくれる人がほしかったですね。


・インターンしなかったのはなんで?

僕こう見えてアカペラサークルだったんですよ。笑

だから夏はライブイベントのプロデューサーやってて忙しくて。

当時はこれが学チカだ!と思っていたんですけどね笑



・そこからインターンは始めたの?

人材業界の会社でインターンしてるサークルの先輩にたまたま声をかけていただいたんです。

その会社をご紹介いただいて、面倒を見ていただいたエージェントの社員さんに「就活を焦ってる」と話してみたら

「うちでインターンしなよ!」

と言っていただけたのでそこから始めた感じです。


運でしたね、あれは。笑


・人材業界でのインターンってなにするの?

キャリア面談、面接対策、ES対策を主にやってました。

多分1年で400人くらい面談したんじゃないかな。

それが本当に楽しくて【人材コンサル・人材業界】で働きたい!と思ったんです。

でも正直、父親を継いで社長にならないといけないっていう足枷はありましたね…。


・そのインターン先の会社に入社したの?

いえ、違うコンサル会社に入社しました。

そこからどうしてもキャリアに興味があってヘッドハンティング事業に希望を出して、無事に配属されました。

実際に、楽しかったんですけど、コンサル職ってクライアントの社長に寄り添わなきゃいけない点もあるじゃないですか。

大手企業の営業部長を口説いて転職させたりとか…。

行っている仕事はキャリア面談なのでやりたいことはやっているんですけど、なんか考え方が違うなって気づいたんです。

その人のためではない、言ってしまえば『別に転職を考えていない人を転職させる』わけだから、自分の中で《共感性》がうまれなくて…。


・それでも続けていたの?

自分のもやもやに気づいたからには、すぐ上司に相談しようと思って相談したんです。

そしたらその上司が

「わらが5年後振り返って満足できる道かどうか、で考えてみたらわかるんじゃない?やめるのも逃げじゃ無いよ」

って言ってくださって…。

あの時の上司の言葉はいまだに残ってますね。

すごくありがたいお言葉をいただきました。



・結局1社目はやめたの?

はい、もう速攻でやめました!笑

でも自分の置かれた状況をよく考えてみると、その会社を半年でやめたからスキルも職歴もお金もなにもないことに気づいて…。

「あれ?やりがいを探し求めてやめたのに、転職活動も、やりたいことの本質もわからない」っていう状況に陥りました。

インターンをしていた会社の周りは優秀だったので余計焦っちゃって…。

フリーターになって、毎日バイトしてカップ麺食べて、残ったのは家賃12万円の家だけ。

父親にも電話で辞めたことを伝えると、当然怒られたし見放されたような気がしました。

孤独感もすごくて最悪で、もう、ドン底ですよ…。


・フリーター期間は何してたの?

2ヶ月くらいフリーター生活を送っていて、その間はとりあえずスカウト会社に登録してたんですね。

エージェントを6社くらい利用していたんですけど、自分が思っていたエージェントの雰囲気となんか違って…。

だから学生時代のインターンで、お世話になってた上司に相談したんです。

そこでいきなりインターン先の社長から連絡が来て、ご飯を食べに行きました。


・そこで何か進展はあったの?

結局「このオフィスで本を読め」と言われ、ビジネス書や啓発本を読む日々が続きました。

そこで「やっぱりキャリアって面白いな」となんとなく思って。

そんなことを考える日々を過ごしていたら、社長が自分の自己分析をしてくれたんです。

分析をしていくうちに「キャリア制限されてるのって、無駄じゃね?」

と言う自分の中での明確なビジョンがでてきたんです!


・そのビジョンをもとに再就活したの?

それがその自己分析を行っていただいている時に「明日ゼロタレ(弊社)へ面談行ってこい!」

っていきなり言われて。笑

正直その時はゼロタレの名前も知らなかったし、しかも明日ですよ?急すぎません?笑


・それで面談に行ったの?

そうです、その次の日に面接対策もなくリカルドさん(弊社社長)と面接したんですよ。

もうとにかくキャリア制限の無駄について熱弁して。笑

当然ある逆質問のタイミングで、自分でもなんでこんなことを言ったのかわからないんですけど、

「どうやったらリカルドさんと働けますか?」っていつの間にか聞いてました。笑


・すぐに内定をもらえたの?

いや、2回目の面接もすぐに組んでいただいて、その場で採用いただきました!!

実は並行して受けていた大手企業から内定をいただける直前だったんですけど、そっちを蹴ってその場で内定承諾しました。笑

その足でインターン先に戻った時は、みんなが褒めてくれましたね!


・働く日が近づいた時はどうだった?

ゼロタレに入る前日に

ここでやめたら終わりだ、周りと競争したり比較するわけではなく、売り上げ作ってやろう

とすごく考えてワクワクしてました!笑


・今の仕事はどう?

自分の本心からやれてる仕事なので楽しくて仕方ないです!!

売り上げも2ヶ月で立てられたので、本当楽しくて…!



・そこからどうして新規事業を立ち上げる話があったの?

CA(キャリアアドバイザー)として働いているうちに、新卒の子の面談をする機会がたまたまあって。

そうするとやっぱり出てくるのが学歴問題

さらに学チカもないし、バイトしかしてない、どうしよう、って言う話で。

一旦リカルドさんにその話をしてみたんです。

そうしたら「ゼロタレは学歴職歴関係ない!が売りなんだから、新卒支援ありやな。」と言ってくださって。

そこから「新規事業立ち上げるか!わらが部長や!」

と言う話になりました。笑

チャンスを与えてくれる会社に入れたなあ、と思いましたね。


・将来的にはどうなりたい?

キャリアのノイズ除去をしたいですね。

今後は学歴ない子、なにも頑張ってなかったかもと悩んでいる子、その辺りを解決していきたいと思います。

もうみんなに【本心からおもろいキャリア】を歩んでほしいです。

もちろん自分も成長しなきゃいけないし、仲間も作らなきゃいけないと思っています。


・最後にわらとしての将来はどうなっていたい?

30歳までに起業して、ゼロタレで事業部長やって、父親の仕事を手伝って、ってやろうかなと!

3足のわらじ、面白すぎません?笑



と言うわけで…

ゼロタレでは新規事業として【新卒支援】を始めます!🔥🔥🔥

そこに追随して【インターン】も募集します!🔥🔥🔥


詳細においてはまた次の記事を読んでいただけたらなと思います👍


わらの過去をこんなに深ぼって聞いたことがなかったので、私も色々驚く場面が多々ありました😂

株式会社ZERO TALENT's job postings
18 Likes
18 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more