Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「コロナ禍の中、父になる。」


はじめまして。
株式会社Enjin 人事の廣瀬です。

私事ですが、

先月「緊急事態宣言」が発令された翌日4月8日に、

第一子(娘)が誕生しました。


当時の世間の空気は、緊急事態宣言とは一体何なのか、、、
この先どうなるのか。

少しの緊張感と一抹の不安感が漂う中、

娘は母子ともに元気に、健康に生まれてきてくれました。


当日はバタバタして記憶が断片的ですが、

社内に報告したところ本当に多くの方から祝福の声をいただき、
これだけの人に祝福される娘は本当に
幸せ者だな、と思ったことは鮮明に覚えています。


そしてタイトル通り、
妻は母親に、私は父親になりました。

(当たり前ですね)


このコロナ感染症、パンデミック、緊急事態宣言、
という歴史の教科書にまず間違いなく載るであろう一大事の中、

たくましく生まれてきた娘を通して感じたのは、

今、私が働くEnjinという会社の「考え方・理念」

の大切さ、そして、そのありがたさだったのです。


今回の記事はそこをすこしだけご紹介させてください。




ーー



Enjinという会社は、

「社会の役に立つ立派な人間を一人でも多く輩出する」

というミッションを掲げています。

初めて知った方からすると「なんと壮大な!」と
思われるでしょう。

でもそれを本気に、真剣に取り組んでいる会社です。


では何を持って社会の役に立つ立派な人間なのか?

これにはいろいろな指標があるのですが、
今回はその中から一つだけ抜粋してご紹介します。


ずばり「親孝行」です。


会社から熱烈に推奨します。

「若いうちから親孝行をしなさい」と。

会社の正式な制度の一つに、
「親の誕生日には休みを取ってお祝いしなさい」
という「親孝行制度」があるほどです。

(*当日は特別休暇・取得社員の帰省代の一部を会社が負担しています。)






私自身、親になって初めて実感したことは、
生まれたての赤ちゃんは本当に何にも一人でできない。

(当たり前ですよね)


ご飯も食べれないし、うんちも自分で掃除できない、
お風呂にも入れない。ミルクも作れない。

(当たり前です)


泣いて、寝て、食べて、ぼーっとして、泣いて、うんちして、寝て、のループ。

夜泣きもするので嫁はずっとまとめて寝れていない。



正直結構、ハードです。

ただ当然、他には変えがたいほど愛おしい。







ふと気づいたのです。 

「自分の親も、私自身にこのようにしてくれていたんだな」と。

何にもわからず泣きじゃくっていた私を寝かしつけてくれていたんだなと。

私自身が親になり分かったことは、
無償の愛を注ぎ、育ててくれた両親の気持ちです。


「親の心、子知らず。 親孝行、したい時に親は無し」



皆さんは胸を張って今、親孝行ができていると言えますか?



20代の頃は何だか照れ臭くて正面切ってできなかったり、
お金がなくて実家に帰れなかったり、
帰っても友達と遊んでばかりだったり。
でも、それが普通だと思います。


ただ、近い将来、必ず気付きます。 親孝行の大切さを。


そしてそれを心から後押しし応援してくれる会社を素敵だと私は思います。


弊社の代表は常々、こう言います。

「親孝行は義務である」

心から立派だと感じますし、尊敬しています。

最近、若い頃には全くわからなかった感覚ですが、
自分自身が「子供たちの為により良い社会を担う」
年齢になったのだなと最近しみじみ感じます。

生まれてきた子供には何の罪もないのです。
コロナも、不況も、何も関係ありません。

私たち大人がより良い社会を作っていかなければなりません。



その意味で、
私は社会の役に立つ立派な人間を目指していますし、
一人でも多く輩出するという会社のミッションに心から共感しています。



コロナ禍の今、不確実性の高い世の中だからこそ、
表面上の給与面・条件や昇格・インセンティブよりも、



会社の「考え方」や「ミッション」「社会貢献性」、
そして個人としての「生き方」「仕事との向き合い方」を重視している方が、
増えているように感じています。



Enjinは「働く正しい動機」を真正面から向き合って考えている会社です。



もし「社会の役に立つ立派な人間を一人でも多く輩出する」というミッションに
共感いただける方がいれば一緒に働きませんか?(最後は人事らしく)

もちろん弊社にご縁がなかったとしても、

親孝行や、社会の役に立つ人を一人でも多く輩出すると言うミッション、

このような考え方に共感いただける方が一人でも増えることにつながれば嬉しいです。


最後までお読みいただきありがとうございました。
みなさんのご健康とご多幸を祈念しています。


*補足:Enjinでは本業のPR事業以外にも社会貢献活動として
「キャンディーアクション」というNPOも運営しています。

採用以外でももし関心があればご覧ください。
http://candyaction.or.jp

株式会社Enjin's job postings
17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more