1
/
5

相手を知り、自分を開示して得た仲間と成果を出す│マイナビ インタビュー

5月9日に公開された総合情報ニュースサイト「マイナビニュース」が企画する連載「キーマンたちに聞く、失敗から成功に導いた話」の第4弾記事にて、当社取締役 三島 を紹介いただきました!


マイナビニュース連載企画「キーマンたちに聞く、失敗から成功に導いた話」について

企業の経営層は、過去にどんな苦労を重ね、失敗を繰り返してきたのだろうか。また、過去の経験は、現在の仕事にどのように活かされているのだろう。そこで本シリーズでは、様々な企業の経営層に直接インタビューを敢行。経営の哲学や考え方についても迫っていく。
※記事より引用│27歳で取締役に就任した三島悠太氏 - 相手を知り、自分を開示して得た仲間と成果を出す


失敗が成功へのターニングポイントに

今でこそ取締役として会社を牽引する三島ですが、事業責任者を任されたのは25歳のとき、自身のキャリアだけでなく会社に多くのことを還元するためのターニングポイントがあったとのこと。大きな失敗から学び、取締役就任へとつながったエピソードについてお話しています。

就活生・若手ビジネスパーソンに向けたメッセージも掲載いただいていますので、ぜひ記事をチェックしてみてください!

👇記事はこちら👇


テテマーチで仲間と切磋琢磨しながら働きませんか?
各募集ページや「話を聞きに行きたい」ボタンから気軽にご連絡ください!

商品企画
Z世代プロジェクトの中心を担うインターン生募集!
「サキダチ、ヤクダツ。」「ワクワクを科学する」をコーポレートミッションに「これから世の中に広く普及するものをテテマーチが先立ってノウハウを習得し、世の中に役立てていきながら、ワクワクを作り広げていこう」という願いを実現すべく活動をしています。 創業時には、企業と顧客をつなぐ新しいプラットフォームであったSNS領域に注目し、他の企業に先駆けてオウンドメディアの運営やアカウントのコンサルティング、分析ツール開発など、さまざまなサービスをもって企業のマーケティング活動を支援してきました。 また近年では、クリエイターと共創しながらマーケティング活動を支援する、企画型インフルエンサーマーケティング集団『餅屋』や、『ブランドプロデュース事業』など、支援領域を拡大しています。
テテマーチ株式会社
ブランドプロデューサー
ブランドづくりから戦略まで、好きを創る仕事をしませんか?
ともに好きをつくる。ともに好きをとどける。 個性が大切にされる「個」の時代、 ソーシャルメディアを通じて個人の声が聞けたり、様々な価値観に触れる機会が多くなりました。 そのような多様化が進んだ時代の中で、昔のように自分の「好き」の基準を周りに合わせなければならないようなシーンは減り、自分の「好き」を大切にする機会が増えたように思います。そして、その一人一人の「好き」と向き合うことが現代のブランド活動において求められることだと考えています。 そのため、私たちはブランドと生活者を繋ぐための”好き”を、ともに生み出し、届けることを目指しています。
テテマーチ株式会社
テテマーチ株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more