1
/
5

サニーサイドアップ史上初!新卒1年目が最年少プランナーになるまで|アカウントプランニング局編

みなさんこんにちは!サニーサイドアップ採用担当です。

サニーサイドアップでは、23年度新卒採用に向けて徐々に会社説明会などを開催し始めております!近日中にwantedlyでも23卒の募集を開始する予定ですので、ぜひチェックしてください!

そんな新卒のみなさんは、実際に新卒で入社された先輩方の声も気になりますよね!!

というわけで今回は、HPで公開されている『新卒1年目の先輩からの配属先紹介』の記事を共有いたします!これを読めば、実際に働くイメージが100倍湧く!そんな内容なので、ぜひご覧ください!!


※以下引用

みなさま、こんにちは! 新卒1年目の二之宮です。

3局編、1局編と発信されている「新卒1年目から見た配属先の魅力について紹介するコーナー」。

今回は、私の配属先である「アカウントプランニング局(AP局)」の魅力についてご紹介させていただきます!

3局編・1局編はこちらから
配属されて早2か月!新人が語る配属先の魅力とは?|3局編
知られざる1局の素顔とは?フレッシュな3人からみた配属先の魅力|1局編


■配属先の各局について

そもそも配属先のお話をさせていただいておりますが、「配属先って何局あるの?」「局によって何が違うの?」などなど…

様々な疑問を感じる方がいらっしゃるかもしれませんので、私の方から簡単に配属先の各局についてご説明したいと思います。

【サニーサイドアップの各局体制図】

サニーサイドアップの体制図としては、【1局・2局・3局スポーツ・4局・アカウントプランニング局】の5つの局と、ビジネスアフェアーズ部(BA部)に分かれております(2021年7月から新体制に生まれ変わりました)。

4月に入社してから配属先が決まるのは、研修期間(1ヵ月)や仮配属期間(2ヶ月)を通じて、ひとりひとりの“やりたいこと”や“適性(個性)”にあった局へと配属されます。私たち21卒の代は、1局に3名、2局に4名、3局に3名、4局に2名、AP局に1名の計13名です。

では「各局で何が違うのか?」という疑問に対して、私なりの見解で簡単にご説明させて頂きます。

1局「スマートさNo1」
→ ”THE PR”はお手のもの!大型商業施設から最新のテクノロジー企業まで幅広いPRを行う

2局「デジタル時代の開拓使」
→ デジタルに強い!ガジェット系からSNSなどのデジタルが強いが実は美容関係も多く行う

3局「スポーツ王」
→ スポーツ関係もってこい!スポーツブランドから選手まで幅広いPRを行う(スポーツ関係以外のことも多く多岐にわたるPRを行う)

4局「新局デビュー」
→ 2021年7月に新設された局だからこその行動力!大きなクライアントが多いイメージ

AP局「サニーのブレーン」
→ 最も重要なPR戦略を考えるサニーの頭脳的存在 資料作成もお手のもの

BA部「かげのスーパーヒーロー」
→ 困ったときに助けてくださるヒーロー的存在

分かりにくい箇所もございますが、詳しい各局の魅力については、続々配信される「新卒1年目から見た配属先の魅力について紹介するコーナー」を読んでいただけると幸いです。


■サニーサイドアップグループ37年目にして、初の新卒プランナー

ここからが本題になります!

タイトルにもあるように実は…

新卒でAP部(※)に配属されるのは、サニーサイドアップグループの37年の歴史の中で今回が初めての試みだったそうです!(※AP局も2021年7月に新しく創設された局。それまでは、AP部として活躍していた。)

以前までは、経験を積んだ先輩方がほとんどで、1名だけ3年目になるタイミングでメディアユニットからAP部へとキャリアチェンジした先輩がいらっしゃいます。

なぜキャリアチェンジをしたのか気になった方は、下記の記事を見ていただければと思います!

キャリアチェンジのお話はこちらから。
「一つのことを極める」では物足りない!欲張りメンバーが見つけたキャリアの形|私がサニーサイドアップに入社した理由 Vol.3

そんな中、なぜ私がAP局に配属されたのか、プランニング初心者でも問題ないのか、などについて順を追ってお話しさせて頂きます。しばしお付き合いください。


■PRプランナーを目指した理由と配属されるまで

まず私は「企画」を考える事が好きで、中学生くらいの時から「将来は自分が考えたことで誰かが少しでもハッピーになる仕事がしたい」という漠然とした夢を持っていました。

それから大学に入り、広報関係のゼミを通じて「PRプランナー」という存在を知りました。PRプランナーは、「少しでも多くの人をハッピーにすることが出来る!!」そんな幸せの根源である戦略設計を行う仕事をしています。そんな仕事がしたい一心で、PR業界にしぼり就職活動を行っていました。

その中でもサニーサイドアップに入社した理由は、「誰かを少しでもハッピーにするためには、まずは自分たちが楽しくなくてはならない!!」と考えたのがきっかけでした。

「たのしいさわぎをおこしたい」という理念を掲げるサニーサイドアップは、正しく私のドストライクの会社でした。

そして入社後、PRプランナーになるためにはメディアユニット(MU)というメディアプロモートを専門にした部署で、経験を積んでからでしかキャリアチェンジできないと知りました(この時は新卒でAP局に配属された人がいなかったため)。

その事実を知った際は「残念」という気持ちが少しあったのですが、それ以上に「絶対にMUで結果を残して最速でAP局に行ってやる!」という気持ちの方が強く燃え上がっていました。

そんな気持ちを持ちながら、研修期間などを通じて「プランナーになりたい」という思いを少しずつ声に出すようにしていました。

すると、「プランニングに興味あるの?」とお声がけ頂き、自分の思いを伝えたところ、AP局に配属されることになりました。この話を聞いたときは、嬉しすぎて一人で叫び、スキップしていました。

サニーサイドアップは、一人ひとりのやりたいことに親身に向き合ってくれるとても素敵な会社です!


■プランニング経験ゼロの私がAP局に配属されてから

AP局に配属され、先輩方から「最速でプランナーになるための道を用意している」というとても頼もしいお言葉を頂きました。もちろん言葉だけでなく、本当に最速でプランナーになるための講座や模擬課題、日々のトレーニング業務など様々な「学び」をインプットできる場とアウトプット出来る場を用意してくださっていました。まさに「サニーサイドアップの手とり足とりPR」です。

では、「最速☆最年少プランナー」になるべく具体的にどのようなインプットとアウトプットを行っているのか簡単にご紹介します!


【インプット】

・課題図書の読破
→ 企画やアイデアづくりに必要な知識を効率よく得ることが出来る秘伝の書を読破する

・情報収集
→ 広告・PR事例を情報収集し、自分のアイデアの引き出しを無限にします

・座学トレーニング
→ 企画書の構成やデザインのコツ、ロジカルシンキング、マーケティング分析など、先輩方が今まで得た知識を奪い取る場です

【アウトプット】

・模擬課題トレーニング
→ 先輩方の過去案件に実際にチャレンジ!修行僧のように一人で企画提案を行います

・案件サポート/ブレスト参加
→ 先輩方が担当している案件にサポートで入らせて頂き、フレッシュなアイデアを出します(レモンを絞るようなフレッシュなアイデア出しです)

・情報発信
→ 得た情報を簡単にまとめ、アウトプットを行っています。この情報を開示する場を設けることで、本当に自分の知識へと生まれ変わります

この様に、インプットとアウトプットを同時に“効率よく”行うことで、私は「最速☆最年少プランナー」へと生まれ変わるのです。


■AP局とは

つまりAP局とは、某アニメの「精神と〇の部屋」のような局なのです。

1日が1年に相当するくらい、すごく成長でき、確実に“自分の力”になります。

この様な経験は、外でいくら払っても出来ないことなので、この環境で働けることに感謝しながら、先輩方の知識を“かっさらう”気持ちで期待以上の成長を成し遂げてみせます!

見ていてください!二之宮はやる気です!!


■最後に

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!少しでも一緒に“わくわく”して、興味を持って下されば幸いです。

サニーサイドアップは、ここには書ききれないほどの魅力が詰まっている会社です。

今後も、このようなサニーサイドアップの魅力を発信して参りますので、楽しみにお待ちください!

株式会社サニーサイドアップ's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more