1
/
5

【社員紹介】国内シェアNo.1のシステム会社を辞めてSellCaに飛び込んだエンジニアが語る、SellCaの魅力とは

こんにちは!SellCaの広報担当です。
大変お待たせいたしました。

本日は、SellCa株式会社の凄腕エンジニアの山下恭一さんに「SellCaの魅力」について、会社の雰囲気や業務内容を踏まえてインタビューしてきました。
実際に働く社員の目線でSellCa株式会社について知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください!


新卒で入社した大手システム会社を退社し、スタートアップへ

山下恭一 / SellCa株式会社 エンジニア
1991年、神奈川県生まれ。明治大学卒。学生時代は集団授業の塾講師に力を注いでいました。2014年に「就職したい会社ランキング」で1位を獲得するワークスアプリケーションズにシステムエンジニアとして入社。2018年2月にワークスアプリケーションズを退社し、2018年2月SellCa株式会社に入社。


ーこれまでのキャリアについて教えてください。


HR-Techと呼ばれる領域の中で主に「通勤交通費」を扱うシステムを担当していました。
日常的に発生するユーザーからの仕様確認の質問対応やユーザーへの運用方法の提案、
突発的な給与締め直前のトラブル対応に加え、不具合の修正のような保守業務を行っていました。
また、保守業務と平行してお客様からの新規要望が既存システムへどのように反映されるべきか、
どのような機能であるべきかを理想を考え、設計から実装、テストまでの全て新規開発業務を行っていました。


ーそうなのですね。保守業務だけではなく、常にお客様の要望に耳を傾け、より良い改善のために新規開拓業務も行われていたのですね。その中でも山下さんが一番印象に残っている業務は何でしょうか?


一番印象に残っているのは自治体特有の業務が既存システムでカバーできずに新規開発することになったときアサインされたエンジニアがクローズできずにたらい回しになっていた案件をクローズさせたときのことです。
もちろん、一部分だけでもカバーできるようにそれぞれのエンジニアの方々が善戦していたのですが、それでも3人アサインされて2年経っても完全にカバーできるシステムにはなっていなかったのです。


転職のきっかけは、代表の田畑との出会い


ーなぜ「就職したい会社ランキング」1位を獲得する会社を辞めてSellCaに飛び込もうと思ったのですか?


元々転職願望は少しありました。
それは日々の業務に慣れてきて少しだけ退屈だと感じてきていたのもありますし、大人の事情でみんながハッピーになる仕事を出来ていないなと少し感じていたのもあります。
ただ、元々将来的に独立してみたいという願望もあり、スタートアップに携われる事は自分にとってとても価値のあることなんじゃないかという思いもありました。
スタートアップで声を掛けられる機会なんて恐らく人生の中で2度と無いかもしれないとも思い、思い切って飛び込んだというのが理由です。
また、現在代表を務めている田畑さんと初めてお会いしたときに、「この人と一緒に行ったら凄いことになりそう」という直感的なカリスマ性を感じたのも理由の一つですね。w
当時、ワークスアプリケーションズのCEOであった牧野さんにも就活時にカリスマ性を感じていて、2番目にそれを感じたのが代表の田畑だった訳です。


ー実際にSellCaに入社してみて感じた、前職とSellCaの違いを教えてください。


一番の違いはやはり、守備範囲ではないでしょうか。
僕は一応エンジニアという立場でSellCaで働いているので、パソコンの故障や各種ITツールの導入なども含めてIT関連全般は全て自分が見ています。
さらにエンジニアという枠ですら越えてサービスのオペレーション業務やマーケティング業務に携わる事もあり、SellCaのほぼ全てが自分の領域であるという認識を持っています。
こういう各領域にエンジニアが踏み込んでいくという事は実は結構効果的で、非エンジニアの方だと想像もしなかったような解決方法というのを提案する事ができたりもします。


ー会社の全体の領域に踏み込んでいけるということは、スタートアップならではですよね。それでは次にSellCaのサービスについてお伺いさせてください。山下さんが思う、愛車オークションサービスSellCeの魅力とは何ですか?


一言でお客様へのメリットです。
SellCaは今までの中古車買取市場の構造を壊しにいっていて、本当にユーザーがメリットを得るにはどうするべきかを常に考え続けています。
今の時代は情報を取ろうと思えば簡単に取れるような時代になってきました。
要するにユーザーがより賢くなり、業者が騙しづらいフェアな時代になってきたとも言えます。
メルカリなどはそれに特にはまっていると思いますし、SellCaも時代に合ったサービスだなと感じています。


会社の雰囲気はどのような感じですか?


ー会社の雰囲気について教えてください。


僕はとても居心地の良い雰囲気だと感じています。
フラットな環境で意見や提案も言いやすいですし、経験が少ない事でもどんどんチャレンジさせてくれる環境です。
例を上げると合宿などに社員全員で行って、各々が様々な課題に対するプロジェクトを持って、それを実行していくような事もやっていました。その中には新卒1年目のメンバーもいたりしますね。
ただ、逆に受け身な気質で指示待ちの方には合わない環境かもしれません。
新人に対しても意見を求められますし、責任を持たせてもらえる事にワクワクを感じることが出来ない人にとっては居心地が悪いかもしれないです。


ーどのような人と働きたいと思いますか?

シンプルに仕事を楽しめる人と働きたいです。
なんかこう「ワークライフバランスが・・・」みたいなプライベートこそが至福で仕事は義務でやってますという人はちょっと嫌ですね。
常に全力で仕事に取り組んでいて、「この人めちゃくちゃ仕事できるな」って思わせてくれて、「自分も負けないぞ」って思える人と働きたいです。



有難うございました!山下さんのキャリア、現職の業務内容だけでなく、社内の雰囲気や求める人物像についてもインタビューさせていただきました。

山下さんの話を聞いてみたい方、SellCaでの仕事にご興味を持たれた方、是非一度お気軽にご連絡くださいね🎶

クイック・ネットワーク株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more