1
/
5

Resilyが4つのバリューを公開。急成長中のHRtech企業が大切にする行動指針とは?

Resilyは、法人向けのOKR管理クラウド、およびOKR導入・運用コンサルティングサービスを手掛けている創業4年目のスタートアップです。

Resilyでは2021年6月に会社のリブランディングを実施しましたが、その一環でバリューを再設定しました。今回は、再設定した4つのバリューそれぞれにどのような想いが込められ、具体的にどのような行動を促すものかを紹介し、Resilyのアイデンティティの一端をお伝えできたらと思います!

▼会社リブランディングの詳細について


どのように、なぜバリューを定めたか

バリューを再設定した背景は、以前に設定していたミッション・ビジョンバリューが機能しておらず、会社の求心力や一体感を上手に高めていくことができなかった、という課題を解決するためです。

具体的に言うと、Resilyは、OKRという目標管理手法をプロダクトに落とし込んでいる会社です。OKRは、大きなビジョンを掲げ、高い目標に向かってアグレッシブなコミットを生みだすためのものですが、Resily社内で、この事業への熱狂や熱量を高めるための仕組みの不十分さに物足りなさを感じていました。自分たちこそOKR的なことを体現したかったのです。

こうした背景から、アイデンティティを強化するためにバリューの再設定に取り組むことにしました。

バリュー再設定はおおまかに以下の流れで実施しました。

  • ビジョン、ミッションを再定義する
  • 事業、プロダクトロードマップを再定義する
  • 事業成長に必要なバリュー(行動指針、価値観)のコンセプトを設定する
  • 役員でディスカッションを重ね、それぞれの役員が最も重要としている価値観をバリューとして言語化する

詳しい設定の取り組みは、リブランディングの背景をまとめた以下の記事をご覧ください。

バリューの紹介

バリュー設定において重要なことは、コンセプトだと考えています。Resilyのバリューコンセプトは、「複雑なものをシンプルに解く行動を促す」ことです。

その心は。
OKRは目標管理手法のひとつであり、目標管理は組織マネジメントのためのものです。組織マネジメントは各社それぞれのスタイルがあり、課題に対する解決策は必ずしも1つではありません。そのような「複雑、カオス、抽象的」な課題をシンプルにとかねば、お客様にとって価値のあるプロダクトやサービスは生み出せないだろうと痛感していました。

そうであるならば、自分たちに求められる振る舞いは、「複雑なものをシンプルに解く」ことだと定義し、これに紐づくカタチでバリューを設定していきました。以下が4つのバリューです。

一つ一つのバリューに対しての解説とYES / NO行動

それでは、各バリューの解説と、適合した行動、不適な行動を簡単にご紹介します。


最短で最大化する

お客様に卓越した価値を届けるためのバリューです。お客様と対話し、価値として成立するソリューションを今できることに目を向けて「最短」で提供すること、そしてその積み重ねで卓越した顧客価値を生みだすことを目指しています。

YES行動:

  • 「顧客価値は明確、社内業務プロセスとも整合、さあやろう」
    • 🙋お客様との対話から成立する価値を明確にし、社内が今できることをフル活用できる
  • 「個別の課題を、広い範囲に転用できるソリューションこそSaaSの価値だ」
    • 🙋個別最適ではなく全体最適なソリューションを提供する

NO行動:

  • 「具体的に解消する課題や効果の言語化がしきれていない、まだ腹落ち感がない」
    • 🙅理由が明確でない価値は継続しない
  • 「小さく試すが、全体のバリューチェーンへの整合度が低いアクション」
    • 🙅顧客が今感じる価値、社内の全体業務への影響等、リスクや不可逆性を考慮せず試す

基本にこだわる

難解なルールを排除し、基本にこだわった解法で信頼を得るためのバリューです。Resilyは複雑な課題に向き合っています。解法が無数にある中で信頼を得るには、難解でなくシンプルに、基本にこだわってお客様に向き合い、信頼を得ることを目指しています。一人ひとりが基本に忠実であれば、難解なルールを設けずとも、シンプルで働きやすい環境が継続すると考えています。

YES行動:

  • 「パッと見て伝わるメッセージ。詳細は後から」
    • 🙋どんな仕事も基本は「人に適切に動いてもらうこと」。その道具として、明瞭かつ納得感あるコミュニケーションを意識しよう
  • 「汗をかこう」
    • 🙋きちっと仕事をする。手抜きはバレて、信用を失います。注:当然、手抜きしていいときもあります。ケースバイケース。
  • 「先人の知恵を借りよう」
    • 🙋未知の業務でも、立ち止まって調べてみよう。まずはベストプラクティスを業務プロセスの原理原則にしよう。守破離の「守」。
  • 「チャーミング」
    • 🙋可愛げはすべてを許す魔法。基本、チャーミングであればOK!(お詫びのときは別)
  • 「フィードバックは正直に」
    • 🙋常に進化し続けなければ、停滞してしまいます。思いやりを持って、正直に。

NO行動:

  • 「想像力が欠けた言動」
    • 🙅お客様や受け手への配慮が感じられない、後続工程を想像できていないアクション・態度はNGです。しわ寄せ、負債、無茶を押し付けています。
  • 「ルールに縛られて、重要な観点をないがしろにすること」
    • 🙅ルールは変えられるが、原理原則は変わりません。違和感を感じたら、まずはルールを変えよう。

追求し学ぶ

原理原則を実践で使いこなすためのバリューです。複雑な課題だからこそ、物事を動かす原子レベルの要因を捉えるまで追求しよう、そしてそれを価値ある解法にするために実践を重ね、学び続けよう、という想いを込めています。追求し学ぶ。そしてシンプルな解法を見つけることを目指しています。

YES行動:

  • 頭でっかちにならず、原理原則を実業務に耐えうるように使う
    • 🙋 原理原則で何故それを提唱しているのか考え咀嚼することで初めて現実に適用出来ます。何故それを提唱しているのか考えて行動に落とし込もう。
  • うまくいっていること、うまくいっていないことを言語化し、再現性を高める
    • 🙋 自分で言語化出来るところまでが理解したということ。物事を理解しないと再現性は持たせられない。

NO行動:

  • 「教科書的には◯◯ですのでこうしましょう」
    • 🙅その◯◯は、なぜ、どのように現状のプロセスと整合するかを把握せず物事を進めない
  • 「要因が完全に把握出来ていないが上手くいってる」
    • 🙅 分からないものに蓋をして物事を前に進めない。 現状で良いからといって、それ以上の思考をしない

裕り(YUTORI)が未来を創る

複雑なことに向き合っているからこそ、裕り(YUTORI)をもって成長することを目指すバリューです。根を詰めて働くこともあるかもしれませんし、それによって成長することもあるかもしれません。ですが、レベルをあげ続けて仕事をするには、裕り(YUTORI)を使いこなすことも必要です。頭を空にして、緊急ではないが重要なことに向き合う時間を作り、未来を切り拓いていきます。

YES行動:

  • 「次にできるようになるべきことのために、今の自分の業務を人に任せよう」
    • 🙋目の前の業務以上のレベルの仕事をこなせるよう、空白をつくる
  • 「やってみることも重要だけど、役割に腹落ちするために十分に思考に時間を割こう」
    • 🙋自分のステージをあげるためのインプットをする

NO行動:

  • 「わからないことが多いけど、とにかく手を動かし続けるしかない」
    • 🙅状況を俯瞰し、把握できていない課題や要因を見つけよう
  • 「土日も仕事のことばかり考えてしまいます」
    • 🙅社会やコミュニティ、健全な生活の価値を認め、健全な器を築こう

具体的な行動事例

ご紹介した4つのバリューが、Resily社内でどのように実践されているかを簡単にご紹介します。次々と事例がうまれると、組織の凝集性が高まり、一体感を感じられて嬉しく思う日々です!


最短で最大化する

あるPdMとCSメンバーの会話

PdM:この新機能のβ版、全体公開に必要な要件多いな....
CS:「ウィンセッション」ができるようになれば、「XXXさま」「YYYYさま」「ZZZZさま」は少なくともβ機能で喜びます!
PdM:なるほど、、、その観点なかったな。ちなみに、「ウィンセッション」が実装されれば、この機能全体公開できそう?
CS:.......あ、できると思います!

常日頃お客様と会話し、サービスの効果を最大化することに頭を捻っているCS。彼彼女らを通し、PdMが顧客と疑似的に会話した瞬間(PdMはもちろんお客様にお話を実際にお伺いすることも多いです)。βを正式公開する道筋を最短にし、多くのお客様に喜ばれる機能公開ができそうな例です。


基本にこだわる

あるCTOとエンジニアの会話

CTO:エンジニアはコンピュータに指示を与えて仕事をしているのだから、コンピュータの仕組みを理解することで仕事のレベルをあげられる。(書籍を紹介する)
複数のエンジニア:(コンピュータの仕組みについて紹介している本を読み)マジですね!本当に効率上がりました!

業務ハックやTipsはいつくもあるが、基本にこだわれば、Tipsやハックなど吹き飛ぶぐらいの骨太な技を手に入れられることを示し、CTOの信頼が増した例です。


追求し学ぶ

入社間もないCSメンバーと熟練CSメンバーとのやりとり

入社間もないCS:今日のお客様とのキックオフで、お客様が作成したOKRツリーにうまくフィードバックできませんでした。そもそも何が良いツリーか知見をいただけないでしょうか!
熟練CS:ここに良いツリー、悪いツリーがあるので、ぜひご覧ください!
入社間もないCS:(1時間後)自分でツリー作ってみたので、フィードバックください!


学んで実践する。そしてフィードバックを受けて実践で価値を持つように技を習得する。典型的な追求し学ぶムーブで、良きメンバーに恵まれて感動しました。


裕り(YUTORI)が未来を創る

あるインサイドセールスメンバーより

社長:今日明日お休みいただきますね。
あるインサイドセールスメンバー:社長が休めると、社員はほっとします。英気を養ってください!

そうなんですよね〜。社長や事業部長クラスが休まず死ぬほど働いているの見ると、自分も働かなければならない.....と自分の幸せを犠牲にして働いてしまう方も出てきてしまうんですよね。メンバーにそう思わせるのは本当に不幸なことですし、組織全体がすり減ります。

休みをとって頭を空っぽにし、生産性高く働きたいものです。(もちろん、すごくたくさんの時間仕事をするような時期もありますけどね。だからこそ、裕り(YUTORI)を意識したほうがよいと思います。)

バリューに紐づく制度のご紹介

最後にバリューにを体現していく為のハード面である制度についてご紹介させて頂きます。

①なるきゅう

裕り(YUTORI)が未来を創るに紐づく勤務制度。

木金、または月火を休みにあてて、現業とは異なる緊急度は低いが重要度が高い仕事に時間をあてられるもの。土日の休みもあるため、現業ではないことのために4日の空白を生み出せる制度

②バリュー表彰制度

裕り(YUTORI)が未来を創るに紐づく勤務制度。

Slackで各バリューを体現した実例をポストし、月に1度表彰する制度です。
上記で紹介した行動例は、この表彰制度であがったものです。

  • MVC(Most Value Climber):行動称賛を最も受けた人
  • カルチャーピーポー:行動称賛を最も授けた人
  • 躍動賞:最高のバリュー発揮実例をあげた人

Climer大入袋

裕り(YUTORI)が未来を創るに紐づく勤務制度。

基本にこだわるに紐づく取り組み。

年度末の感謝の手紙を大入り袋に入れて共有する制度。役員から手書きでメンバーに感謝を伝える。大入り袋を手渡す際、感謝の言葉を直接伝える。想いが伝わるのは、言葉、次に手書き、最後にデジタルテキスト。

終わりに

組織の一体感を高める。そして事業への熱狂を生みだすための仕組みとしてのバリューについてご紹介しました。バリュー再設定前の状態と比べると、Resilyのアイデンティティを強く感じられますし、仕事でバリュー体現している例を認め合うことで、嬉しい気持ちにもなります。
このようにして帰属意識が生まれて、チームの凝縮性は増していくのだと実感しつつあります。

バリュー再設定の滑り出しは順調で、これから文化として発酵されていくのがとても楽しみです。

以上、Resilyのアイデンティティの一端として、バリューについてご紹介しました。
こんなResilyで一緒に組織文化をつくり、複雑な課題を持つお客様にシンプルな解法を提供したいと思っていただけた方、ぜひ一緒に働きましょう!

Resily株式会社's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more