1
/
5

【地方×ITベンチャー】7月入社懇親会 in GREEN

こんにちは!なるテック広報のてんちょうです!

今回は7月1日に入社してくれた水澤さんと三浦さんの、懇親会を行った様子をお伝えしていきます!

なるテックでは、新入社員の方が入社する度に懇親会を開いています!

今までは男子寮でカレーを作って、皆で食べていた懇親会でした。
今回はげんちゃん(紺野元生)が企画をしてくれた、今までとは違った懇親会の様子をお伝えしていきます!

なるテックに入社を考えている方は、入社後の参考にもなりますので、ぜひ最後までお読みください!

仕事おわりにGREEN集合!

懇親会は7月8日金曜日に行われました!

この日は業務終了後に、会場であるGREEN(カフェ)にみんなで車で移動しました。

カフェGREENでは野菜ビビンバなど村で採れた野菜を使用した料理が魅力です。
また、とても綺麗でおしゃれなカフェなので、野菜好きの方は東成瀬村にお越しの際、ぜひ寄ってみてください!

会場に着くと、すでにパーティ料理が並んでおり、みんなで写真を撮ったり談笑しながらはじまるまでの時間を過ごしました。

開会式

全員分のドリンクが揃ったところで、今回の懇親会を企画してくれた元ちゃんから挨拶があります。

先日の第1回なるテック成果報告会でも、プロデューサーとして指揮を執り大成功へと導いてくれました。

成果報告会の様子も後日記事にアップしますので、皆さん楽しみにしていてくださいね!

7月メンバーの紹介

元ちゃんの挨拶が終わったところで、あっくん(水澤さん)とあおちゃん(三浦さん)からも一言あいさつをいただきました!

ものすごい熱い男 水澤敦史さん

あっくんについて少しご紹介しますね。

この男一言で言うなら、「ものすごく熱い男」です。

彼の目標は、
「2032年7月に、武道館で1万人を前にライブ(生前葬)をやる」
というもの。
これを常日頃から皆に宣言しています。

熱いだけではなく、常に冷静にものごとを分析し、鋭い視点で捉えています。

11月に行われる決算報告会では、プロデューサーに抜擢されたので、今後の活躍にも期待です!

芯が強く行動力がある 三浦葵さん

続いてはあおちゃんの紹介です。

あおちゃんは芯が強く、行動力がすごいおしゃれな女性。

あおちゃんの行動力の凄さは、都内での引っ越しを予定していたにも関わらず、引っ越しの1週間前に秋田行きを決意したこと。

さらに6月から仕事を変えたばかりにも関わらず、気付けば7月にはなるテックの一員に。

与えられた仕事に対して手を抜かず、誠実に取り組む姿は芯の強さを感じさせてくれます。

それでいておしゃれなので、今後のなるテック女性メンバーのメイク企画なんかもやってほしいですね!

そんな2人が挨拶をして、懇親会スタートです。

メンバーの様子

懇親会は終始なごやかに進んでいきました。

オンラインで仕事や研修が進んでいきますが、やっぱり仲を深めるのは対面が一番早いと感じました。
げんちゃんとなこちゃんの息子、とうま君とみなと君も参加しています!皆子供が大好きで、終始笑顔が絶えない会となりました!

あっくん、あおちゃんを囲みながらみんな楽しいひと時を過ごしました。

閉会式

最後は元ちゃんからの無茶ぶりでPさんが閉会の挨拶をします!

先日行われた第1回なるテック成果報告会では、サブプロデューサーとして指揮を執ってくれました。
会を大成功へと導いてくれた立役者の1人。

時にはみんなを引っ張り、時には陰から支える、頭が切れるITコンサルタントです。

そんなPさんが閉会の挨拶をして、7月入社の方の懇親会は幕を閉じました!

まとめ

いかがだったでしょうか?

実は本日8月1日も、入社の方が2名いて、入社式を行ってきたばかりです!

8月でなるテックは18名に。なるテックは今後も成長していきます!

今後も急成長するなるテックの情報を随時発信していきますので、是非楽しみにしていてください!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

最後までご覧頂きありがとうございました。

記事をご覧頂き、少しでも『なるテック』にご興味を持って頂けましたらエントリーください!

未経験歓迎/地方創生
IT×地方創生|最新技術を学びながら地方を満喫したいエンジニア募集!!
【事業内容】 1.システム開発事業 クライアントの経営課題へのソリューションとなるシステムの受託開発や、システム開発の支援を行います。 2.ITコンサルティング事業 クライアントの抱える経営課題を定義し、DX構想や計画策定、プロジェクトマネジメントやビジネスアナリシス、ビッグデータアナリシスなど、解決に導く支援を行います。 3.クリエイティブ制作事業 クライアントの新規プロダクトの企画制作や、オウンドメディア戦略の立案から実行など、Webデザインやライティング、ディレクションによる支援を行います。 4.地方創生事業 行政業務効率化や、地域産業振興、住民利便性向上など、私たちの住む東成瀬村の課題解決につながる事業を創出し、売上と利益をもたらし、日本全体の地方創生のモデルケースであり続けます。 ▼具体的な地方創生事業例 ・スマートグリッド、蓄電池マネジメントに関するシステム開発 ・地熱、温泉熱、雪冷熱エネルギーの活用 ・ホワイトデータセンター事業 ・地域特産品宅配弁当事業 ・クロモジやトマトなど村の特産品の加工、世界販売 ・小学校中学校向けプログラミング教室 ・介護事業者向け業務支援システム ・プライマリケア関連パーソナル情報共有システム ・電子図書館 ・高齢者、子育て世帯向けスマート集合住宅 ・医療相談アプリ ・IoT、AIを活用した超高効率農林水産業 などなど これらに、研修が終わった皆さんと取り組みます。 【サステナビリティへの取り組み】 なるテックは、地球環境・社会・経済活動という3つの観点すべてにおいて「持続可能な状態」を実現する方針で経営を行います。なるテックのビジネスは社会の持続可能性、地球環境の持続可能性の両方に貢献し続けます。 1.東京一極集中解消への貢献 なるテックと東成瀬村は従業員にベネフィットを提供することにより、村への移住者を増加させます。その結果、日本で大きく課題認識されている、東京一極集中の解消に貢献します。 2.再生可能エネルギー関連事業創出 東成瀬村は大規模な水力発電所を伴う「成瀬ダム」を建築しており、再生可能エネルギーに対しての意欲が高い自治体です。今後は、発電したエネルギーの効率的送電/蓄電やそのマネジメントを行う技術開発、そして温泉熱、雪冷熱、小水力といった新たな資源の活用が課題になると想定しています。なるテックはその課題に対して広く網を張り、当社の技術力を持って事業創出を狙います。 3.高度IT人材の育成 経済産業省が発表した「IT人材需給に関する調査報告書(2019年)」によると、2030年までにIT人材は日本で最大79万人不足すると推測されています。なるテックは都心で先端技術を扱うパートナー企業と連携し、常にアップデートされた研修コンテンツを活用することで、ITのプロフェッショナルを輩出し続けます。 4.働きがいのある職場づくり 従業員一人ひとりが能力を主体的に磨き、最大限発揮し、自分らしく自由に働くことができる職場づくりに取り組むことで、なるテックは持続的な成長を実現します。 5.ガバナンス、コンプライアンスの強化 なるテックは、自治体から出資を受けた第三セクターとしての企業特性を理解した上で、その社会的責任を果たし、企業価値の向上に努めます。そのために、健全で透明性のある経営と、従業員全員に対しての関連法規遵守のための研修を徹底します。
東成瀬テックソリューションズ株式会社
東成瀬テックソリューションズ株式会社's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 東成瀬テックソリューションズ株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?