1
/
5

What we do

なるテックの主な顧客は、都市部のIT企業やコンサルティングファームなどです。東成瀬村に住みながらリモートで仕事を受注しています。
従業員一人ひとりが能力を主体的に磨き、最大限発揮し、自分らしく自由に働くことができる職場づくりに取り組んでいます。
【事業内容】 1.システム開発事業 クライアントの経営課題へのソリューションとなるシステムの受託開発や、システム開発の支援を行います。 2.ITコンサルティング事業 クライアントの抱える経営課題を定義し、DX構想や計画策定、プロジェクトマネジメントやビジネスアナリシス、ビッグデータアナリシスなど、解決に導く支援を行います。 3.クリエイティブ制作事業 クライアントの新規プロダクトの企画制作や、オウンドメディア戦略の立案から実行など、Webデザインやライティング、ディレクションによる支援を行います。 4.地方創生事業 行政業務効率化や、地域産業振興、住民利便性向上など、私たちの住む東成瀬村の課題解決につながる事業を創出し、売上と利益をもたらし、日本全体の地方創生のモデルケースであり続けます。 ▼具体的な地方創生事業例 ・スマートグリッド、蓄電池マネジメントに関するシステム開発 ・地熱、温泉熱、雪冷熱エネルギーの活用 ・ホワイトデータセンター事業 ・地域特産品宅配弁当事業 ・クロモジやトマトなど村の特産品の加工、世界販売 ・小学校中学校向けプログラミング教室 ・介護事業者向け業務支援システム ・プライマリケア関連パーソナル情報共有システム ・電子図書館 ・高齢者、子育て世帯向けスマート集合住宅 ・医療相談アプリ ・IoT、AIを活用した超高効率農林水産業 などなど これらに、研修が終わった皆さんと取り組みます。 【サステナビリティへの取り組み】 なるテックは、地球環境・社会・経済活動という3つの観点すべてにおいて「持続可能な状態」を実現する方針で経営を行います。なるテックのビジネスは社会の持続可能性、地球環境の持続可能性の両方に貢献し続けます。 1.東京一極集中解消への貢献 なるテックと東成瀬村は従業員にベネフィットを提供することにより、村への移住者を増加させます。その結果、日本で大きく課題認識されている、東京一極集中の解消に貢献します。 2.再生可能エネルギー関連事業創出 東成瀬村は大規模な水力発電所を伴う「成瀬ダム」を建築しており、再生可能エネルギーに対しての意欲が高い自治体です。今後は、発電したエネルギーの効率的送電/蓄電やそのマネジメントを行う技術開発、そして温泉熱、雪冷熱、小水力といった新たな資源の活用が課題になると想定しています。なるテックはその課題に対して広く網を張り、当社の技術力を持って事業創出を狙います。 3.高度IT人材の育成 経済産業省が発表した「IT人材需給に関する調査報告書(2019年)」によると、2030年までにIT人材は日本で最大79万人不足すると推測されています。なるテックは都心で先端技術を扱うパートナー企業と連携し、常にアップデートされた研修コンテンツを活用することで、ITのプロフェッショナルを輩出し続けます。 4.働きがいのある職場づくり 従業員一人ひとりが能力を主体的に磨き、最大限発揮し、自分らしく自由に働くことができる職場づくりに取り組むことで、なるテックは持続的な成長を実現します。 5.ガバナンス、コンプライアンスの強化 なるテックは、自治体から出資を受けた第三セクターとしての企業特性を理解した上で、その社会的責任を果たし、企業価値の向上に努めます。そのために、健全で透明性のある経営と、従業員全員に対しての関連法規遵守のための研修を徹底します。

Why we do

経営目的
子育てや介護などを仕事と両立できる人材を輩出します。
【経営目的】 日本の社会課題をテクノロジーで解決する 【経営目標】 創業5年で100名のプロフェッショナル集団になる 社名である"東成瀬テックソリューションズ"は、 東成瀬村にて、技術的な(Tech)課題解決策(Solutions)を提供することを意味しています。 親しみやすいように通称を「なるテック」としました。 なるテックでは、従業員の皆さんは自然豊かで治安の良い環境で、 最先端の技術を学びキャリアを形成し、多様な生き方を実現することができます。 研修で実力をつけ、東成瀬村の地域課題の解決支援や都心のクライアントへの価値提供を行い、売り上げと利益を上げます。 そして事業規模を拡大させ、地方創生のモデルケースとなることで、全国的な地方活性化の流れに良い影響を与え、秋田の小さな村から、日本全体へインパクトを与えていく事を決意しています。

How we do

「四方」とは、顧客、従業員、国家、東成瀬村です。
東成瀬村の庁舎ビル、東成瀬村山村開発センター内に入居しております。
【経営理念】 「四方良し」の価値提供(顧客、従業員、国家、東成瀬村の4者の最大幸福を追及する)を 行い続けること <新規事業を生み出す際の3か条> ・誰かの課題を解決することから、ビジネスを生み出します。 ・ビジネスを磨き込む時に、「4者の幸福に繋がるか」を検証します。 ・どんなに売り上げや利益が上がろうとも、誰かが不幸になるビジネスはやりません。 【3つのクレド】(行動指針) 当社は経営目的の実現のために3つのクレドを持ち、従業員は日々業務に励んでおります。 ■Ownership 圧倒的な成長速度を実現するための、自ら矢面にたつ当事者意識 誰かがやってくれるのを待つのではなく、自分が責任をもってやりぬく ■Integrity 自身の生き方に誇りを持つための道徳と倫理を重んじる高潔さ 利益が出れば何でも良いのではなく、社会と地域に貢献することを重視する ■Commitment 最大限の価値提供のための成果にこだわる達成力 自分のこだわりではなく、顧客の成果にこだわり続ける