1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

上司大募集!もちろんチームメンバーも。

メドレー採用責任者の加藤です。

3連休も2日目に突入しましたね。私は今ファスティング中です。

半年ほど前、ゴールデンウィークの時にがっつりファスティングしたんですが(準備・回復食入れて11日、うちファスティングは6日)、そこで6kg痩せて、そこから半年で6kg太りましてね。ええ。

さすがに危機感を感じたので、この連休を利用して再度実施をしております。1日の金曜から始めているので、今日で3日目に突入。

(綺麗なV字回復を描いた)

ファスティング中は、大好きなご飯が食べられないので、時間ができます。そこで、この週末は、いろいろなことを整理する3日間にしています。考えを整理する中で、浮かんできたのが、あらためて自分のチームの採用についてです。

メドレーの「組織戦略推進室」とは

僕がメドレーに入って、3年が経ちました。今は4年目を迎えています。


ここでさらっという話でもないかもしれませんが、ようやく過去の話として整理できるようになったので書くと、実は僕は今年の3月に、メドレーを辞めようとしたことがあります。自分の生き方とメドレーの進む方向性が合わない、そう感じ始めて悩む日々を続けていましたが、話し合いの末、メドレーで再度チャレンジすることを決めました。そしてそのタイミングで、採用チームを社長直下に移動させ、あらたに「組織戦略推進室」としてスタートさせるに至ったのです。

今年10周年を迎え、次の10周年を迎えるメドレーにとって、今担当している組織戦略推進室は「10年後のメドレーをデザインし、その実現に向けたアクションを行っていくこと」をミッションとしています。

現時点での業務分解

現時点での業務分解としては

・10年後の未来につなぐ採用
(割り戻すと今は「次の10年に向けたDay One」としての開発力強化、特にエンジニア・デザイナー・ITコンサル経験者の採用が注力ポイント)

・10年後の未来につなぐブランディング
(割り戻すと今は「次の10年のDay One」としてのリブランディングや方向性の言語化とビジュアル化)

・10年後の未来につなぐ組織づくり
(割り戻すと今は「次の10年のDay One」としてのスタートアップレイヤーからの脱却と、社会の公器に向けた基礎固め)

になると考えています。

広いミッション、それゆえにやりきれないもどかしさ

このうち、今の実態としては、ほぼすべての実務リソースや現場リソースを採用に充て、ブランディングや組織づくりにはほぼほぼ着手できていない状態です。


僕自身も、採用の実務やマネジメントからまだ手が離れられず、ブランディングも時間を作って1人で考える時間をとったり、作る時間をとっていますが、まだまだ満足できるラインからするとスピードが遅い...組織づくりにおいては、着手すらできていないという状況です(現在は他のチームが適切に運用してくれています)。

採用チームは、おかげさまで向こう数ヶ月でチームメンバーが何名か増えビルドアップされていく予定ですが、マネジメントレイヤーがまだまだ多くない状況。チームメンバーは私から見ても満足のいくスピードで急成長しており、一人もふるい落とされずにきていますが、それと同様に組織も急成長しているため、マネージャーに求められる要件も年々引き上がっており、やはりここはまだ外部から適任な方を募集していきたいという状況です。

あとはブランディングや組織づくりですね。この辺一緒にやってくれる方は本当に募集しています。

上司大歓迎。学べる方であればポジション譲ります

明確に伝えておきたいこととして、僕の上に人が入ってくることもぜんぜん厭わないフェーズです。よく
「あなたがいるんだから責任者クラスを紹介できない」
「良い方にはポジションが必要」
みたいな話があると思いますが、僕自身今のポジションにこだわりはありません。

上司大歓迎。室長大歓迎です。


組織が急成長していく中で、この領域については、僕自身専門家でもなんでもなく、どんどん学んで吸収していきたい領域です。急成長していけばそれだけ領域は広がるわけなので、自分より優秀な人をどんどん採用していくべきことは必然。今は立場にこだわることなく、今自分が抱えている、ないしは、抱えたいのにリソース不足で抱えることができない領域について、どういう答えが出せるのか。どういう社会的なインパクトが出せるのか。そういうことにフォーカスしています。

そして、会社としての器を活用して、大きな社会的なインパクトを出すこと。そのために異能を集め、チームとして取り組むことで、一人ではたどり着けない場所にいくこと。これが僕が今メドレーで働く楽しさ、意義として見出しているところなんだと思います。


クックパッドの時は、成果を出すので手一杯でした。社長に引っ張り上げてもらいながら、上場会社の経営者を目指し、常に身の丈を超えたテーマに向き合い、それを乗り越えていく。それだけでいっぱいいっぱいだったと思います。

今は異能が集まって、チームとして、インパクトを出したい。数字はもちろん重要ですが、それ以上に、社会に対するインパクト。「自分一人でやれること」は引き続き磨いていきつつも、それを超えた何かを、メドレーに求めているんだと思います。

直近取り組んでいるテーマ

直近はこういうテーマに取り組もうとしていますが、これも組織の課題やフェーズに応じてどんどん変化していきます。優先順位も変わります。

・急成長していく会社における制度設計、成長機会の提供、インセンプランや報酬テーブル設計
・コーポレートサイトの運営やオウンドメディアの立ち上げ
・オフィスデザインのコンセプト設定とプランニング
・採用力を引き上げるメディア露出のプランニングや具体的なコンテンツ制作
・会社紹介資料や冊子の企画と作成
・リファラル採用チーム立ち上げ

答えのないことに、デザイン思考で取り組むチャレンジをしていきたいという方、ぜひぜひご連絡ください!

株式会社メドレー's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more