1
/
5

某IT広告メガベンチャーを辞退し、LETにジョインした「動機」と「入社後のリアル」

こんにちは!新入社員の高木です。
今回はテーマの通り株式会社LETに入社した動機と入社後のリアルを皆さんにお伝えします!

Profile

1997年生まれ。22歳。関西大学出身。
18歳からネスレバリスタの営業販売を開始。2年目にして、月間mvpを獲得。
実績を受け、チーム全体のディレクションも担当。別稼働のウォーターサーバー営業販売でも、1日最多生産性を記録。
大学生活では学部公認団体の学園祭実行委員でチーム約100人を束ねる委員長としてマネジメントを経験。
またゼミ活動では地域活性化のプロジェクトリーダーとして活動。
就活を経てサイバー系列の会社に一度入社を決断するも、20代から会社経営を担う社長、副社長の魅力に惹かれ、よりスピード感をもって成長するためベンチャーにジョイン

入社2か月前に転換期!?入社のキッカケとLETとの出会い

僕の就活は3回生の夏のインターンから始まりました。
順調に就活が進み、6月に某IT広告のメガベンチャーに入社することを決意しました。就活が終わってからは、卒業まで更に営業力を身につける為、業務委託契約で営業販売を行っていました。年が明けて2月。

東京への準備を着々と進めていた最中、株式会社LETに出会い自分の世界観がガラリと変わりました!

吉田社長、吉川副社長を含めたLETと関わる人々の年齢とレベルのギャップに衝撃を受けたことが未だに鮮明に覚えています。

社内の平均年齢は驚愕の23.8歳。また社内インターン生や学生コワーキングスペースを通して関わる学生起業家や実業家など、自分より年下の人がレベルの高いフィールドにいる事に危機感とワクワクが重なりました。

そこで更に自分の視座を高め、より早いスピード感で自分を成長させる為にLETへ入社する決意をしました!



「実際どうなの??」入社後のリアル!

入社後は不動産マーケティングloTコンサルタントの二つの事業を担当して、日々取り組んでおります。

1.自責自走

LETは一人一人の裁量がとても大きく、自分自身で考えて行動に移す機会が多いです。

その意図としては、社員それぞれがスピード感を持って、効率的に成長できるように、自責自走の習慣ついています。

ですので、側から見ると同じ業務でも社員間で全く違ったアプローチや、施策が生み出されており、常に社員間で切磋琢磨しております。

2.幅広いキャリア

冒頭でお伝えしたように、僕の担当は不動産マーケティングとloTコンサルタントで、マーケティングと営業力を同時並行で学んでいます。

LETは1か月に1回副社長との面談で、自分のキャリアビジョンや目標をしっかり設計する機会があり、幅広いキャリアの選択肢の中から自分に落とし込むことができます。

自分自身は入社前からずっとマーケティングに興味があったのですが、入社後いきなり自社のSNSマーケを任され、ゼロ知識から日々学びと実践のサイクル。

ペルソナ設定からアカウントのブランディング構築まで社長直々に企画提案をを行い、自社アカウントの刷新を行いながら運用していきました。

運用開始から僅か1か月でアクセス数1500まで伸び、取り組んでいるキャリアと成長スピードに、自分自身圧倒されました。

3.経営層との距離感の近さ

なんといっても、LETは社長、副社長含めた社員間の距離感がとても近い!

実際に近い場所で仕事をこなす姿見ているだけで、タスクのスピード感やスケール、経営目線での考え方など、普段は目にしないレベル感を肌で感じることができ、自分自身の目指す視座が自然と群を抜いて上がります。(わかりやすく例えると、生駒山とエベレストぐらいの高低差です!w)

ベンチャーの醍醐味ですね。





時間を忘れるスピード感

入社をしてから、かれこれ2か月。
学生時代よりはるかに時間の流れが早く感じます。

「えっ!?もう6月?」
そう感じると、夢中になって今の仕事に向き合っていることが再認識されます。

社会人になって、時間の使い方や選択肢がより自由になった反面、個人間のレベルの差も、使い方によって変化していきます。

僕の「リアル」として、LETに入社してからは、より質が高く、自分の身になる時間を過ごせていると実感しています。

時間は有限!限られた時間の中で圧倒的スピードで成長するために、これからもメンバーと共に切磋琢磨して精進していきます!

株式会社LET's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings