1
/
5

ウェブシステム開発で大切なこと(受託開発編)

Photo by Markus Spiske on Unsplash

ウェブシステム開発に携わりたいという方に、システム開発における楽しいこと、苦労することを共有したいと思い記事にします。

今回は、クライアントより受託をしてのシステム開発についてお伝えします。

受託システム開発の流れ

レプスの受託でのシステム開発はざっくりと書くと以下の流れになります。

ヒアリング
  ↓
概算見積
  ↓
 発注
  ↓
事前調査(場合によってはする)
  ↓
要件定義
  ↓
見積 (場合によってはだす)
  ↓
ワイヤー
  ↓
デザイン
  ↓
開発(インフラ、バックエンド、フロントエンド)
  ↓
テスト運用・修正
  ↓
リリース

はい、開発に入るまで、かなり遠いですね。見積は複数回出す場合もあります。

開発において大切なこと

ではシステム開発において、大切なことはなんでしょうか?
わかりやすいUI・UX?美しいソースを書くこと?クライアントの要望を満たすこと?炎上しないこと?納期を守ること?・・・こういったことも全て大切です。

レプスでは、システム利用者の立場に立って、本当に必要なものは何かを考えることを大切にしています。

クライアントの要望=必要なものではない

本当に必要なものは、クライアントの要望では計りきれません。特に、業務に関わるシステムの場合は、クライアント側の担当者が、業務担当者と異なることも多く、場合によっては現場に赴き業務フローを把握する必要もあります。ですので、ヒアリングも丁寧におこないますし、初期の見積もりと最終の見積もりが大きく異なることもあります。

クライアントの担当者や決定権を持つ方は、経営的な判断をする方が多いと思います。そのため、クライアントからすれば、予算確保や納期の確定を急ぎたいので、早く見積もりが欲しい、早く収めてほしいといった要望も多くあります。

しかし、その要望に応えようと、良かれと思って聞いている内容だけで進めようとすると、仕様外の機能が見つかったり、そもそもすり合わせてたシステムでは現場で使えないなど必ず問題が発生します。

レプスのメンバーは、現在の会社結成前からシステムの受託開発をする会社にいたメンバーが多くいます。ですので、そういった炎上の経験値もそれぞれ持っています(笑)。

受託開発の経験を経て私たちは、真に必要なシステムを収めない限り誰も幸せにならないと思っています。

「顧客が本当に必要だったもの」という有名なイラストがありますが、初期のヒアリングの甘さ、クライアントの担当者と現場の認識の違いなどの要因があってこのようなことが起きます。

受託システム開発ではいかに右下にたどり着くのか、ということが重要なのです。

『自分ごとと捉える』ということ

ではそこに至るにはどうすればいいのでしょうか。要件定義や設計を丁寧に行うという事は大切ですが、その方向がずれていては全て無駄になってしまいます。そのためレプスではいかに自分ごとと捉えられるかを常々意識しています。

例えば、不動産のクラウドファンディング『不特法クラウド』では、実際にクライアントの現場に入って、事業の立ち上げから運用まで継続して行ったことで、不動産業界のこと、事業を行う理由、運用の方法など、クライアントの必要だったものを広く見ることができました。これらは、ヒアリングだけでは決して見えるものではなく、『不特法クラウド』が他社に太刀打ちできうる優位性だと思っています。

事業設計はシステム開発がやる事じゃないし、コンサルじゃないからクライアントがすべき、と他人事に思っていては、いいシステムは作れなかったと思います。

『自分ごと捉える』事は社内でも重要

そして、大切なのは自分ごとと捉える姿勢は、クライアントとレプスの関係性だけではありません。
社内のコミュニケーションにおいても、自分ごとと捉える事は大切だと思っています。

業務は、ディレクター、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニアなど担当が分かれていますが、レプスのメンバーはそこで線引きをしていません。

例えば、デザイナーの領域のことも、想像できうる範疇であれば、こうする形で進めで大丈夫?とバックエンドから提案があったりします。また、ディレクターやデザイナー側で、ある程度システムを想像してフローを立てたり、UIを設計したりしています。

以下は外部との連携でキーカラーを指定できるためどの色を指定するかという話の流れで、バックエンド側より、先回りして動いていてくれている社内のやりとりです。

自身の領分じゃないからと他人事にせず、自分ごとと捉えることでチームのコミュニケーションが互いに円滑になっていると考えています。

あなたも京都で働いてみませんか?レプスでは新メンバーの募集をしています

レプス本社は京都リサーチパークそば(7月からはリサーチパーク内に移転)にあり、京都の中でも特に若く活発なエリアにあります。2021年5月現在、創業5年目で総勢7名、ありがたいことにお仕事が多く手が足りていません。そのため現在エンジニア、ディレクターを大募集しています。

採用のお問い合わせだけでなく、単純に京都やレプスの空気感を味わってみたい!っといった理由でも構いませんので、ぜひ遊びにきてください!

株式会社レプスでは一緒に働く仲間を募集しています

株式会社レプス's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings