1
/
5

【エコシステムに貢献】オフィス移転に伴う大掃除! まだまだ使える文房具を寄付

こんにちは!ケップルPRチームです。ケップルでは2021年11月にオフィスの移転を行い、新オフィスでの稼働をスタートするとともに、旧オフィスの整理を進めてきました。

▽オフィスの移転に関する詳細はこちらをどうぞ▽


これまで数年にわたり、お世話になってきた神泉のオフィスに別れを告げながらの大掃除です。

新オフィスではコワーキングスペースのプライベートオフィスにある備え付けの机や椅子を利用するため、これまで使っていた机・椅子などは居抜きで入られる会社へ譲渡することとなりました。

ところが、居抜きで譲渡する物品以外にも、まだまだ使えるのに処分せざるを得ないものが出てきてしまいました。

そこで今回、NPO法人グッドライフさんが運営する「セカンドライフ」というサービスを利用することにしました。

セカンドライフの寄付の流れ
セカンドライフにお申込み頂くと、お荷物の集荷専用の伝票を郵送でお送りします。 郵便局に集荷を依頼して、ご都合のよい日時に玄関先でお渡し頂くだけで、簡単にお送り頂くことができます。 送料はお申込み料金に含まれているため、全国一律の 「 コミコミ料金 」でご利用頂けます。 【 料金の内訳 】 お振込みの際は、 お申し込みと同じお名前で、お願いします。 また、 お申込番号(6ケタ)を、お名前の前にご記載頂けるとスムーズです。 123456 セカンドタロウ お振込み額は、 お送り頂く箱数分のみ、お振込みください。
https://www.ehaiki.jp/second/nagare.html


まだ使用できる不用品を「セカンドライフ」に送ると、それを必要とする国内外の方々へ寄付というかたちで届けることができます。またセカンドライフでは、途上国へワクチンを送る活動に募金を行っており、サービス利用者から不用品を一箱受け付けるごとにワクチン一件分が募金されます。

ケップルにはグループ企業の『Kepple Africa Ventures』があり、こちらではケニア・ナイジェリアを拠点としてスタートアップへの投資を行っております。アフリカの成長を支援したいケップルにとって、不用品を捨てずにリユースしながら途上国のワクチン募金にも協力できるセカンドライフさんのサービスはまさにうってつけのサービスでした。

最終的に集まった不用品は段ボール3箱分。これまでケップルで活躍してくれた備品が再び誰かの役に立つことを願い、郵送させていただきました。KEPPLE代表の神先に今回の寄付にかける思いを聞いてきました。
「ケップルはスタートアップのエコシステムに貢献したいという思いで創業した会社です。昨今は気候変動など環境問題に関わるニュースも多く報道されていますが、今回のリサイクルに関する取り組みが微力ではありますが、地球全体のエコシステムに貢献できることを期待しています。」

リモートワークの普及でオフィスを縮小される会社も多いかと思いますが、余ってしまった文房具などについてはぜひこのようなかたちでリサイクルに回していくことで、少しでも社会に貢献していきたいですね。ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

株式会社ケップル's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings