This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

『オフィスリニューアルに込めた想い』デザイナーに聞いてみた!

こんにちは。すみみんです。
今日はみなさんにどうしてもお伝えしたいことがあります。


このたびJX通信社・・・

オフィスをリニューアルしました👏👏


おめでたいですね。
今年の5月に発表があってからこの瞬間をずっと待ちわびていました。

今回は 新オフィスをご紹介するとともに、ディレクションを担当した弊社デザイナーであるSさんにインタビューしてきましたのでお届けします!

すみみん:
オフィスをリニューアルするきっかけは何だったのですか?

Sさん:
事業が拡大し、会社としてまたひとつ新たなフェーズに入ったというのが背景です。コーポレートアイデンティティや人員増強、多様な働き方への観点でオフィスリニューアルを行う必要がありました。

すみみん:
なるほど、会社が大きくなっていく過程に必要だったのですね!

Sさん:
そうなんです。そして今回、オフィスデザインの会社協力のもと精査を重ねて実現となりました。

すみみん:
デザイン全体のこだわりはありますか?

モダンスタイルの中にもJXらしい遊びの要素を

Sさん:
我々JX通信社が、テクノロジーとともに新たな道を開拓するという意味での『先進性』と、報道というものを正しく存在させようとする姿勢を意味する『信頼性』。この2つを軸にデザインを行いました。

すみみん:
なるほど…もう少し柔らかい表現でいうとしたらキーワードはありますか?

Sさん:
言うなればJXらしいモダンスタイルですかね。

すみみん:
モダンというと「洗練された」とか「ハイセンスでインテリ」っていうイメージがあります!

Sさん:
そうそう!でもそれを完璧に詰めていくと規律の印象が強くなって「JXらしくないかな」と思って。すべてをかっちり決めるのではなく、社員が自分達の好きなようにできる遊びのスペースを残しました。

すみみん:
そこにJXが持っているフレンドリーさが表れているのですね!

すみみん:
ご自身でも気に入っている場所はありますか?

Sさん:
地味なんですが、実はバックヤードです(笑)

すみみん:
今思えば、以前のオフィスには雑多なものが各所に散らばっていましたよね。

Sさん:
当たり前の機能かもしれないけれど、様々な人がそれぞれの効率の良さを考えて動いている中で、このように取りまとめるのは簡単ではないと思うんです。リニューアルを機にこういった形にまとめることができ、ほっとしています(笑)

すみみん:
場所をしっかり設けることで、執務スペースやミーティングルームなどに物が乱雑に置かれることがなくなり、スッキリしましたね!

シンボルとしてのメディアウォール

すみみん:
何と言っても『メディアウォール』 圧倒的にかっこよくなりました!

Sさん:
最近は取材の機会も増え、社内を撮影されることも多くなりました。そこでどのような媒体に掲載される時も、JXの存在をよりしっかりと表現できるように我々らしいこのメディアウォールになるよう目指しました。

すみみん:
様々なメディアを写すモニター、それと隣り合うJXのロゴマークがひとつのシンボルとして存在するようになっているのですね!

進化するJXであるためにオフィスの機能も進化しなくてはならない

すみみん:
そして、いま私達がいるこのスペース。「小会議室」としてだけでなく、実はさまざまな用途で利用できるんですよね!

Sさん:
そうなんです。ある時は黙々と作業したい時の集中スペースとして、またある時は小休憩やランチスペースとして…。少人数の来客やミーティングはもちろんのこと、多様な働き方やニーズに応えられるようになっています。

すみみん:
他にも小会議室のデザイン案はあったのですか?

Sさん:
当初は、改装前と同じように完全に部屋をつくっちゃうような案などが上がっていたんです。しかし、色々な社内の要望が溢れてることを解決できるようにデザイン会社から今の形を提案してもらって…。

すみみん:
そうだったのですね!このタイプの小会議室ってなかなか珍しいですよね?

Sさん:
本当にチャレンジでした(笑) 「果たして本当にこれが機能するのか?」と。でも進化するJXであるためにはオフィスの機能も進化するべきだと感じたので、挑戦しました。

すみみん:
実際にみなさん真面目なシーンだけでなくランチしたり、くつろいだりと憩いの場になっていますね!私もこの場所が1番好きです。

Sさん:
安心しました…!

すみみん:
会議室は重厚感のある空間になりましたね。

Sさん:
大人数での打ち合わせが増えてきたこともあり、余裕を持ったコミュニケーションが取れる場所として作られました。

すみみん:
デザインにはどのような意図がありますか?

Sさん:
余計なノイズが入らないシンプルなデザインに仕上げることで議題に集中することができる環境を目指しました。また、格式を感じるような色が組み合わさっているので、自然と背筋が伸び士気が高まるような場所を意識しましたね。

ありがとうございました!


今回のリニューアルにはこのような意図が反映されていたのですね。

皆が1日を過ごす空間でありシンボルとなるオフィス。
その空間への細部までのこだわりが機能的で生産性の上がるオフィスにしているのだなと実感しました。


リニューアルした自慢のオフィスへ、ぜひ遊びにいらしてください!



↑こんな記事も書いてます


JX通信社's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more