1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

急成長中のニュース速報アプリNewsDigestと、報道機関向け緊急情報サービスFASTALERT
JX通信社は「テクノロジーで『今起きていること』を明らかにする」報道ベンチャーです。 自然言語処理や機械学習といったテクノロジーで「報道の機械化」を進め、コストを下げながらニュース報道の付加価値を上げる「ニュースの産業革命」に取り組んでいます。 SNSに投稿された災害・事件・事故情報の自動検知・配信サービス「FASTALERT」は、全国の報道機関や官公庁・自治体、インフラ企業等に導入されています。 一般ユーザー向けには、ニュース速報アプリ「NewsDigest」を提供。AIで報道価値を判定することで「どのニュースアプリよりも速報が速い」と評価も高く275万DLを突破。新型肺炎情報の可視化をいち早く実現したことでも話題を呼びました。

Why we do

常に顧客志向を大切にしながら様々な業務を遂行しております
『時間よりも成果』を大事にしているため、自由な働き方が可能です
テクノロジーで「今起きていること」を明らかにする報道機関 これがJX通信社のミッションです。 報道産業は労働集約型(つまり何から何まで人力でやる産業構造)であるため、 コストがかさみ、長時間労働などの問題も絶えません。近年はデジタルシフトも難航し、厳しい環境に置かれています。 しかし、 報道産業が社会にとって必要不可欠であることは変わりません 。JX通信社は「記者ゼロ」、つまりは人力依存を脱して機械化を極めた「仮想通信社」という新しい報道機関像を目指しています。言い換えれば、テクノロジーによる機械化・自動化をテコにした報道産業の再構築が目標です。 長期的には、ロイターやCNN、ブルームバーグなどの国際報道機関を上回る収益と知名度を持つ 「総合通信社」としての報道機関を目指しています。 社長メッセージ: https://jxpress.net/about/message/

How we do

会議室では日々議論が繰り広げられています
国内外の最新ニュースが飛び込んできます
【メンバーの構成】 ・全社平均年齢は年齢30代前半と、比較的若い会社です。 ・社員のほぼ全員が中途入社でのジョイン、大手IT企業、報道機関、エンタメ業界などで専門性を磨いてきたメンバーが集まっています。 ・エンジニアが約4割、ビジネスサイドが約6割。男女比は8:2となっています。 【バリューについて】 私たち働く上で大切にしている4つの価値観の頭文字をとり、「FOCuS」というバリュー(行動指針)を定めています。 F = Future-oriented(未来に向かって挑戦しよう) O = Ownership(当事者意識を発揮しよう) Cu = Customer-first(常に顧客志向で) S = Speed(スピード感を持って取り組もう) 【働く環境】 ・業務時間中の勉強会への参加を推奨、書籍の会社購入制度など、社員の学びを後押しする制度が整っています。 ・ランダムに選ばれた社員とのランチ代を会社補助する制度(シャッフルランチ)や、全社での懇親会、趣味の集まりなどを通じて部署間の垣根を超えた交流も盛んです。