1
/
5

【新卒の働き方】技術職2名が全社横断プロジェクトに参加できたワケ

皆さんこんにちは!採用広報担当20卒の木村です!

今回は【社内の取り組み】として、自分たちの本業以外に取り組んでいる企画に参加している人たちへインタビューし、通常業務との両立やどんなことにチャレンジしているのかについて聞いてみました。

「通常業務以外にどんな取り組みがあるの?」
「どんなチャレンジができるの?」
「自分のやりたいことに挑戦できるの?」などなど、、、
通常業務以外にどんなことにチャレンジできるのか、社内の取り組みにスポットを当ててます!

今回は「ORANGE PROJECT」に参加している2人に語ってもらいました。

「ORANGE PROJECT」については下記の記事でご紹介しているので、気になる方は是非ご覧んください!


▷では、まずは自己紹介をお願いいたします。

(写真左:中尾さん、写真右:河本さん)


中尾
新卒2年目になりました、中尾です。技術本部 第2エンジニアリンググループに所属しており、普段はAgora.ioというシステムのサポートや、機材保守の仕事などをしています。趣味はゲームでモンハン、あつ森などしています。

河本
中尾さんと同じく4月から新卒2年目になりました、河本と申します。技術本部 第3エンジニアリンググループ 第2チームに所属していて、普段はV-CUBEセミナーというプロダクトの開発を主に行っています。趣味は作曲で、家では楽器を弾きつつ音楽制作を行っています。


▷二人はORANGE PROJECTでは、どんな取り組みをしていますか?

河本
僕も中尾さんも、オウンドメディアの立ち上げと、その他社内企画の運営を行っております。

中尾
主にワードプレスの設定や記事の追加などをしているよね。後は、イベントではワーケーションの企画を運営予定です。


▷二人ともプロジェクトの同じグループなんですね!

 ちなみに、何でORANGE PROJECTに参加しようと思ったのですか?

河本
僕は昔から、世の中の人々に幸せになってほしいという思いを持っていて、オレンジプロジェクトが社内でそれに近い考えを持った人が集まっているプロジェクトであるように考えたため立候補しました。

中尾
すごい。。。私は、オレンジプロジェクトの社内記事に興味を持っていたところ、オレンジメンバーに誘われたので参加を決めました。


▷なるほど、、、ORANGE PROJECTに立候補したときの周囲の反応はどうでしたか?

中尾
グループマネージャーからは是非やってみてくださいと賛成されたかな。

河本
僕は上司に驚かれましたが、総合的に応援の声が多かったように思います。

中尾
あ~!それで言うと、グループの人からもたくさんの応援の声をいただきました!


▷普段の業務との両立はできていますか?

河本
オレンジ自体の活動は主に週一の定例会くらいなので、そこまで負担はないかな?

中尾
うんうん。少人数の作業とかも週1時間くらいで活動してるから、現状は通常の技術の仕事と両立はできているかな~。個人の作業については週30分ほどでできる量だから、そこまで負担も無いしね。

河本
僕の場合、自分の作業は優先順位をつけて、締め切りが早い者から作業に取り掛かってます。よくやる時間帯としては、通常業務と区別なく、午後に時間を区切って作業をすることが多いかもしれません。


▷普段の業務以外の社内取り組みに参加して得られた経験はどういったものがありますか?


河本
普段はセミナー開発の方々とお話しすることがほとんどでしたが、他の部署の方々とお話しすることで多角的な視点で物事をとらえることができ、普段の業務にも活かすことができるようになりました。

中尾
私も同じです!他部署の方と関わりができることは、ORANGE PROJECTに参加して良かったことです。後は、業務と直接は関係ないでのすが、自分のやってみたかったオウンドメディアの立ち上げができてとても良い経験になっています。


ありがとうございました!

V-CUBEには様々な取り組みがありますが、「やりたい!」と手を挙げると快く受け入れてくれる文化があることが、改めてよく分かりました!私も様々な取り組みに参加しているので、また別のプロジェクトのお話をお伝えさせていただきたいと思います。


ORANGE PROJECTに関する記事は他にもあるので、気になる方は是非ご覧ください!




株式会社ブイキューブ's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more