1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

次世代に良い社会を残すために。企業のDX推進サービス「DIA」で三児の父が、目指す未来

HR領域で展開するプロダクト、「HR君 デジタルイノベーター アセスメント」(以下、DIA)は、大企業のDXを人材領域から支援するサービスです。アセスメントによるDX推進スキルやポテンシャルの可視化、パーソナライズされた教材を提案する仕組みが評価され、従業員数万名規模の企業150社に導入されています。(2020年9月現在)

このプロダクトの開発をリードするのが、ビズリーチやDeNAで新規事業開発を手がけてきた事業部長の北林さん。

「エクサウィザーズ」で活躍する“ウィザーズ”たちを紹介するストーリー

今回は、「次世代に今より良い社会を残したい」という熱い思いを抱える北林さんに、DIAの事業戦略やDIAを通じて成し遂げたい未来を聞きました。

◾️ プロフィール

北林洋太(きたばやし・ようた)

セブンアンドワイ株式会社(現:株式会社セブン&アイ・ネットメディア)入社後、株式会社セブンインターネットラボ、株式会社セブン&アイ・ネットメディアにて、オムニチャネルプロジェクトやモバイルアプリシステム開発に関わる。2016年、株式会社ディー・エヌ・エー入社。自動運転による物流支援サービス「ロボネコヤマト」の立ち上げに参画。2018年、株式会社ビズリーチに入社。ハイスキルITエンジニア向けサービス「BINAR」を事業オーナー兼プロダクトマネジャーとして立ち上げる。2020年1月にエクサウィザーズに入社。全社DXを推進するデジタルイノベーターの発掘・育成支援サービスDIAの開発に関わる。三児の父。

続きはこちら。


ExaWizards Inc.'s job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more