1
/
5

働くという事(2022年の新しい概念) :リモートワークで働くという事

コロナ化で増えたリモートワーク

リモートワークとは、従業員が働く場所に決まりはなく、自宅や遠隔地で働くことを指します。新型コロナによって、リモートワークが増えました。ただ、今は少しずつ出勤に戻している企業も少なくありません。どちらが良い悪いではなく、重要なのは、自分らしく働ける環境を見つけていくことだと思います。


リモートワークのメリット・デメリット

リモートワークのメリットに、よく「生産性の向上」という記事を目にしますが、場合によっては生産性が上がらないパターンもありまます。

※お付き合い残業が多い企業であれば、リモートワークで生産性が向上する可能性は高いです。

リモートワークで正しい成果を挙げる事は、簡単ではありません。オインライン上のコミュニケーションは、日本特有の「空気を読む」ことが難しい為、デメリットに感じる方もいると思います。チャットやビデオ会議などのツールは発達し、コミュニケーションを容易にとれるようになってきましたが、少なからず認識の誤差は生じやすく、これを上手く解消しながら仕事を進めなければ、誤差によって大きな問題を引き起こすことがあります。

また最近の研究では、リモートワークでは、ログオフや退社をせず、常に「待機」しているため、実際に長時間労働になるとの報告もあります。

リモートワークは上手に活用できれば、大きなメリットをもたらしますが、使い方によってはデメリットも生じやすく、現時点では何が一番良いのかは正解がなく、今後の各企業の取り組みにゆだねられています。


リモート環境がもたらす、ワークライフバランス

ワークライフバランスといっても、人それぞれのベストがあり、一括りにすることが出来ません。不安定な世界情勢の中で、多くの人が何か見えない不安と戦いながら日々過ごしているのではないでしょうか。

その中でもとりわけ女性は、結婚・出産による環境の変化や育児等による制限や月の体調不良など、フルタイムで働くためには、多くの環境を整える必要がある為、リモートワークがワークライフバランスをとるための、ひとつの手段になっていることは間違いありません。

エンビジョンでは、リモートワークが標準化され、コンサルタントメンバーは業務時間も裁量を持って進めることができます。また残業への取り組みも、社内全体が残業を許容しない雰囲気づくりから始まり、何かあった際には気軽に報告・連絡できるホットラインが組まれています。

リモートワークだけでなく、さまざまなアイデアや価値観を許容する柔軟な環境が生産性を高め、個人のキャリア形成の基盤になると考えています。

【Envision】RPOサービスを展開し、採用コンサルとしてサービスを提供。職場環境は多様性があり、英語や日本語が飛び交っています。#リモートワーク を実施しています。

※採用・キャリアの情報交換や転職相談等カジュアルにお話ししましょう!ぜひお気軽に下記よりエントリーください。


Envision Co., Ltd.'s job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings