1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

学生時代は超大手志向/そんな人間がベンチャー企業のDataMix Co., Ltd.に入社した結果...

こんにちは、DataMix Co., Ltd. で人事担当している川畑です。仕事は採用・教育・労務など人事周り全般を担当しています。

本記事では2020年7月にDataMix Co., Ltd.に入社した正直な感想をお伝えしていきます。

先に結論を申し上げると最高に楽しく刺激的な毎日を送っています。

初めてベンチャー企業に入社した感想

まず簡単に私の経歴を紹介します。

学歴:関西学院大学 文学部卒

職歴:DataMix Co., Ltd.人事←メーカーの工場人事←IT企業採用担当←メーカー営業

新卒の就職活動では大手企業にしか興味がなく、有名企業ばかり選考を受けていました。

内定をもらった中で、給与が高い、休みも多い、福利厚生抜群の会社に入社。

その後、紆余曲折あり人事にジョブチェンジして、現在に至ります。

DataMix Co., Ltd.に入社した理由はあまり聞いたことない分野だし、データサイエンティストの採用って難易度高そうだし、まあ、つまるところ「なんだか面白そうな会社!」と思ったからです。

DataMix Co., Ltd.に入社した感想をつらつら書いていきますので、最後までお読みいただけると嬉しいです!



成長できる環境とは限らない

「いきなりマイナス面かい!!!!!」と思われた方も多いでしょう。

そんなことは気にせず書いていきます。

ベンチャー企業は裁量権が大きく、フレキシブルに働ける。

そんなイメージを持っている方も少なくないはずです。

確かにその通りなんですが、その分ひとりひとりに求められるパフォーマンスのレベルは高いです。

そのため、成長したいという想いだけで入社したら後悔するかもしれません。

企業があなたを成長させてくれるわけではなく、自分自身が企業を成長させなければなりません。

そういう気持ちを持ち、自分自身で努力し続ける覚悟がなければ、成長することはできないかと思います。

ネームバリューがない

私は業務として人材の採用を行なっていますが、求人を出しても人が集まりにくい。

人の採用にしろ営業するにしろ、対象者に対しての訴求方法は一工夫必要です。

看板に頼ることができないので、自分自身の実力が試されます。

キラキラ度合いは低め

SNSなどで時折「ベンチャー最高!うちの会社最高!」と企業規模小さい会社がキラキラ発信しているのをよく見るのですが、弊社がキラキラしている会社かと問われると、キラキラ度合いは低めです。

キラキラがなにかは皆さんのご想像にお任せしますが、思ったより泥臭い仕事が多いです。


しかし、悪い面ばかりではなく良い面もたくさんあります!

意思決定のスピードが早い

現在、DataMix Co., Ltd.に入社し、1ヶ月半ほどですが、入社して驚いたのは意思決定のスピードが非常に早いことです。

本当にマッハです。

大手企業に所属していた頃は社印を押してもらうだけで複数人の承認をもらう必要がありましたが、25名という小さな会社では一瞬で承認をもらうことができます。

大手だと一つ行動を起こすたび多くの人に根回しを行い、説明し、やっとの思いで承認をもらっていました。

そのころと比べると随分身軽になり、新規の提案が非常にやりやすい環境です。

全員が手を動かす

社長や役員、管理職全員オペレーション業務を行なっています。

社長がバリバリクライアントワークしています。

役職・職種によって役割はもちろん違いますが、職務に囚われない多様な働き方を全員がしています。

企業が成長フェーズであることを間近でひしひしと感じるこの頃。

「管理業務をメインにやりたい!手を動かすことはしたくない!」

こういう志向だと弊社もしくは成長期の企業で働くのは厳しいなと思います。

学ぶことに寛容

書籍購入補助やセミナーの受講料補助などの制度があり、社員がスキルアップすることに対して積極的に投資してくれます。

※オフィスの本棚。自己啓発系や技術系などたくさんの書籍があり。

従業員の中には本を出版している者がいます。

年功序列ではない

若手でも、中堅でも年齢に関係なく、活躍に応じて給与改定を行う点は非常に魅力的かと思います。

弊社には20代で管理職を勤めている者が2名おり、うち1名は入社1年ほどでマネージャーに抜擢されています。

フルフレックスかつ私服勤務

月間の所定労働時間(8時間×月の営業日)を満たす必要はありますが、8時-22時の間で何時に出社して、何時に帰ってもOK。

仕事はリモートでOK。

スーツは着なくてOK。

これまで労働時間を決められ、スーツもしくは会社のユニフォームで着用を義務付けられていた私からすると驚きの内容でした。


※自宅の作業スペース

現在はコロナウイルスの状況が悪化したこともあり、一部社員をのぞいてリモート勤務をしています。

他部署との距離が最高に近い

各部署の所属は多くて3名程度なので、社長含め全員が同じ部屋で仕事をしています。

そのため、何かわからないことがあったり、聞きたいことがあれば、すぐに話をすることができます。

人数が多くなると末端の社員まで話がいかないなんてことがありますが、この人数規模だとそういったことは起こりにくいです。


チャンスがたくさん転がっている

成長できる環境とは限らないと言いましたが、チャレンジする機会はたくさんあるので、自分の動き方次第で多方面の仕事に携わることが可能です。

またどの職種でも上流から下流まで担当するチャンスがあるので、自分の職種の業務を深く突き詰めることもできるかと思います。

私は現在オフィスリノベーションプロジェクトに携わっていますが、これまでやったことがない仕事だったので非常にフレッシュな気持ちで取り組んでいます。

新しいことを学ぶことに抵抗がなければベンチャー企業は最高の環境だなと思いました。

感想



「DataMix Co., Ltd.で働いてみてどうか?」と聞かれたら、「自分にとって最高の環境!」と答えます。

人それぞれ企業に求めるものは違うので、万人受けする会社かと聞かれるとそうは思いません。

データサイエンスという日本ではニッチな分野に関わっていますが、新しい業種を知ること、未知の仕事に携わることは今後の自分にとって非常にプラスだなと思います。

大手だろうとベンチャーだろうと自分自身に合う会社と巡り会える人間はそういません。

まだ入社してわずか1ヶ月半ですが、チャンスはたくさん転がっているので、今後も多くのことにチャレンジしていきます!

株式会社データミックス's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more