Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

Webディレクターハンさんが絶賛する「Est rougeで働く魅力」を聞いてみました!

こんにちは、Est rouge採用担当です!
第3回の社員インタビューはWebディレクターのハンさんです!

ハンさんが絶賛する「成長するチャンスをメンバークラスにも与えられる環境」とは一体どういったことなのでしょうか。是非、ご覧ください!


■これまでのキャリアについて教えてください。

前職ではプログラムのテストリーダーとして働いていました。
受託開発会社でしたので、クライアントと社内メンバーの間に立ち、クライアントからの要求を自分のチームに落とし込むなどのディレクション業務が中心でした。
具体的には、依頼された内容を業務レベルに細分化して、タスクを作成し、チームメンバーへの割り振りを行っていました。

■Est rougeに入社を決めた理由は何でしたか?

アキ(代表 野村)とは直接やりとりもあり、Est rougeが設立される前からの知り合いでした。
当時、ベトナム拠点の責任者で共同創業者でもあるミンの会社で働いていて、そこでアキの会社の仕事を請けていたことがきっかけでした。
アキと関わる中で、Est rougeの働く環境がダナンの中でもトップレベルの条件で整備されていることを知り、以前から魅力を感じていました。
そして、ミンが創業メンバーとしてEst rougeに携わることになったタイミングで、私も「一緒にジョインしないか?」と誘ってもらいました。

入社を決めたポイントは2つあります。
1つ目は、組織がフラットであることです。
前職で関わったEst rougeとのプロジェクトの進め方が、他のどの会社と比較してあらゆる面でうまくいっていました。
「なんでだろう?」
と色々考えた結果、一番の要因は組織がフラットであることだと思いました。
自分の意見を伝え、オープンに議論することができるため、コミュニケーションが活発になり、組織内での齟齬がなく順調にプロジェクトが進むんですよね。

2つ目としては、若いメンバーが集まっていることです。
前職をはじめ大手のIT企業は、割と年齢層が高い社員が多かったです。
しかし、Est rougeはメンバーが若く、活気があることが印象的でした。
プロジェクトを一緒に進めていく中で、若い彼らの新たな発想や向上心はとても勉強になっており、自分の知識を向上させることができていると感じています。

■仕事内容を教えてください。

Est rougeに入社した当初はプログラムのテスターを行なっていましたが、現在はプロダクトオーナーの仕事をしています。
具体的には、クライアントとのコミュニケーションや進捗管理、チームマネジメントなどです。

■ハンさんはEst rougeでどういったキャリアを積んで行きたいと思っていますか?

これまでWebディレクターとしてのキャリアを積ませてもらってきましたが、仕事を進める中で開発の話も出てきます。私は技術面の知識が弱いため、今後はそこをもっと強化したいですね。技術的なこともしっかり把握し、それを踏まえたディレクションもできるようにしていきたいと思っています。

■Est rougeで働く魅力ってなんだと思いますか?

ここまで述べたことの他で言うと、1つ目としては、海外で学ぶことができる点です。
Est rougeでは、どのメンバーにも海外へ行って学ぶチャンスが与えられています。
先月、私も東京へ研修に行かせてもらいました。
そういったチャンスをメンバークラスに与えられるケースはなかなか少ないと思うので、メンバーの成長機会を提供してくれるEst rougeの良さを実感しています。

2つ目としては、常に新しい技術を学ぶことができる点です。
Est rougeで請け負うプロジェクトは先進的なものが多く、新しい技術を積極的に利用しています。
様々な案件に携わる中で、それぞれのプロジェクト毎に新しい技術に触れることができるんです。
新たな技術を学び続けられる環境は刺激が多く、素晴らしいと思います。

他にも、仕事で必要となるデバイスも適宜支給してもらえますし、キャリアのサポートも真摯にしてくれます。今、ダナンでEst rougeのような環境は他にはないかと思います。

Est rouge inc.'s job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more