1
/
5

何が魅力?19歳がおくりびとでインターンをする理由

初めまして、2020年の12月からおくりびとのお葬式でインターンをさせていただいている杉村です。

ディパーチャーズ・ジャパンが運営するおくりびとのお葬式(以後おくりびと)は、映画『おくりびと』にも活かされたご納棺の技術を用い、多くの方々に「より良いお別れ」を提供しています。

現在私はインターンとして、マーケティング・広報・ライティング・デザインと幅広い業務を担当させていただいています。毎日、新しいこと、分からないこと、ワクワクすることの連続で成長を実感しながら働いています。

今回は、

  • おくりびとで働くことになったキッカケ
  • 実際の業務内容
  • おくりびとで働く理由

についてお伝えしていければと思います。

まず私のプロフィールについてご説明します。

千葉県で義務教育期間を過ごし、義務教育の評価方法・学習内容・学習方法に疑問を覚え、島根県隠岐郡の「島根県立隠岐島前高等学校」へ進学。
高校2年時にはさらに教育を学びたいと思い、クラウドファンディングで資金を募り、デンマークへ教育視察へ向かう。
しかしデンマークで社会保障制度の重要さを思い知らされ、日本を客観的に見るため高校を休学し日本と同じアジアの島国であるインドネシアへ年間留学を行う。そこで仲良くなったホームレスの方がある日亡くなり、彼に何もできなかったことに悔いが残った。コロナウイルスで強制帰国が決まり、帰国後休学していた高校を自主退学し、友人と「葬想式」というサービスを開発する。
その繋がりで「おくりびとのお葬式」を紹介していただき、おくりびとのお葬式へインターンとして参画。

おくりびとで働きはじめたキッカケ

まず、私がおくりびとで働きはじめたきっかけについてお話しします。

プロフィールにもある通り、インドネシアでの経験からお別れの時間の大切さを感じていた私は日本に帰国し友人と3人で距離や時間にとらわれないお別れのためのサービス「葬想式」を開発しました。

この時、私は1からデザインの勉強を始めました。最初は酷いものでしたが、共同創業者の2人にも支えられなんとか形になり、3ヶ月でβ版のサービスをリリースすることができました。

そのサービスのデザイン(UI UX)を考えるにあたり、どんどん「葬儀」や「お葬式」といった文化に興味を持つようになっていきました。

自分たちのサービスをもっと改善していきたいと思い、葬儀についてもっと知りたい、勉強したいと思っていた際に、おくりびとの木村社長がデザイナーを募集していることを知り、ダメもとで応募してみました。

実際の業務内容

次に私がおくりびとで何をしているのかについて説明しますね。

現在私は

  • マーケティング
  • 広報
  • ライティング
  • デザイン

の担当をさせていただいております。
ひとつひとつの業務について紹介します。

マーケティング
マーケティング業務では、グーグルアナリティクスやGMB( Googleマイビジネス)、spreadsheetなどのツールを使い、WEB経由でのご葬儀依頼が増せるようにSEO対策全般を行っています。
方針の決定からコンテンツの作成まで、どうすればおくりびとのお葬式の葬儀がお客様に選択肢の一つとして提供できるかを考え動いています。

私はマーケティングのマの字も知りませんでしたが、毎日勉強しながら試行錯誤し成長していることを実感しています。

広報
広報業務では、wantedlyの運営やホームページ、GMBの更新などを通じて、おくりびとの魅力をより多くの人に知ってもらうために活動しています。
こちらも、より多くの人におくりびとの魅力を伝えるためには、何をするべきか、どうするべきか、これからどうしていくかを考え動いています。

ライティング
ライティング業務と言っても幅広いですが私は主にWeb関係のライティング業務を行っています。
wantedlyの募集ページや会社ページのライティングを中心に、今後は「PRTIMES」やホームページのコラムの更新なども行っていきます!

デザイン
デザイン業務は企画部の方からの依頼が入った際に発生します。
イベントのチラシや葬儀のパンフレット、名刺や資料など幅広いデザインを行います。


こんな感じのものを作っています!
デザインも昨年始めたばかりで、日々勉強しながら成長しています。


おくりびとで働く理由

私がおくりびとで働き始めてからまだ半年しか経っていませんが、おくりびとで働くことができてよかったと感じています。

その理由は以下の3つです。もっとたくさんあるのですが頑張って絞りました!

  • 新しいことに挑戦できる
  • 圧倒的に成長できる
  • 職場の雰囲気がいい

新しいことに挑戦できる
これは、実際の業務内容を読むとよくわかると思いますが、もともとデザイナーとして入った私が、現在はデザイナーの枠を超えてマーケティング、広報、ライティングなども担当しています。
ライティングはかつて少しだけしたことがありましたが、それ以外は全て初めてでした。

会社もどんどんと成長しており、自分の働きで会社が成長していることがわかり、モチベーションにも繋がります!全て初めてでも、どんどん挑戦していくことができ、毎日ワクワクがとまりません!

圧倒的に成長できる
おくりびとで働く理由を挙げるときに、この項目だけは外せません。
会社がどんどん成長している中で、自分一人が停滞していては、置いて行かれてしまいます。
ですから会社を引っ張っていくためにも、自分がどんどん成長していかなければなりません。
新しいことがどんどんできるようになるのはもちろんですが、裁量に関する自由もあり、自分で考え責任を持って行動に移し、その結果をみてまた考えるというサイクルをどんどん回すことが一番成長につながっています。

職場の雰囲気がいい
これも実は大きなポイントで、東京本社で働いている社員の多くが20代です!
若いので活気も勢いもあり、わからないこともすぐに聞ける環境になっています。
雑談も挟みながら、働く時はガッツリ働き、メリハリのある職場です。

※個人的な感想ですが、本社で働く人は優秀な人が多いです。毎日劣等感を感じています。
でも、だからこそ、自分にできることは何か、どうすれば自分も成長できるかを考えながら働くことができています!

最後に

私はおくりびとで働き始めて、どんどんできることが増え、自分の可能性を広げることができました。
それが自信につながり、次の一歩も踏み出すことができるようになってきました。

おくりびとで得た大きな力のひとつが、「挑戦する」という力です。
失敗を恐れず挑戦し、もし失敗しても自分で考え、次の手を打ち打開していく。
これは、どんな仕事にも通ずる力だと思っています。

今の自分の状態に満足せずに成長をし続けたいと思っているのであればぜひ勇気を持って一歩目を踏み出して欲しいです。
現在おくりびとでは私と同じポジションを募集しています!
もし少しでも興味を持ってくださった方はぜひお話しましょう!
納棺師やその他のポジションも募集していますのでぜひ一度覗いてみていただければと思います。

広報・マーケティング
同世代に差をつけませんか?最強のスキルを身に付けたいインターン生募集!
◆おくりびとのお葬式は日本一を目指す葬儀会社  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 私たちは、「おくりびとのお葬式」という葬儀事業を行っています。 おくりびとのお葬式では、担当スタッフ全員が厳正な基準を合格したものだけがクリアできる「納棺師」の資格を持っており、 『よりよいお別れでより良い社会を』というミッションを掲げ、日々「より良いお別れ」を追求しながら活動しております。 https://okuribito-osousiki.com/ ◆お別れから「命」の大切さや素晴らしさを知ってほしい  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ご遺族様が思うままに大切な方を見送ることができる「納棺の儀」を大切にし、映画『おくりびと』において技術指導をしたスタッフの知見を取り入れ、ご生前と変わらない綺麗なお姿にお会いできるようケアも行っています。 「身近な人をもっと大切にしよう」「もっと自分の人生と向き合おう」など 命や人生の素晴らしさに気づくきっかけとなり、一生の記憶に残る最高の葬儀を提供しています。 また、葬儀事業だけでなく「おくりびとアカデミー」という「納棺師」を育てるための学校の運営にも携わっています。 おくりびとアカデミーでは、人生の終末期をサポートする人材育成をしています。 https://okuribito-academy.com/
ディパーチャーズ・ジャパン株式会社


葬祭プランナー
葬祭プランナー募集!おくりびとに活かされた技術で大切な時間を創りませんか?
◆おくりびとのお葬式は日本一を目指す葬儀会社  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 私たちは、「おくりびとのお葬式」という葬儀事業を行っています。 おくりびとのお葬式では、担当スタッフ全員が厳正な基準を合格したものだけがクリアできる「納棺師」の資格を持っており、 『よりよいお別れでより良い社会を』というミッションを掲げ、日々「より良いお別れ」を追求しながら活動しております。 https://okuribito-osousiki.com/ ◆お別れから「命」の大切さや素晴らしさを知ってほしい  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ご遺族様が思うままに大切な方を見送ることができる「納棺の儀」を大切にし、映画『おくりびと』において技術指導をしたスタッフの知見を取り入れ、ご生前と変わらない綺麗なお姿にお会いできるようケアも行っています。 「身近な人をもっと大切にしよう」「もっと自分の人生と向き合おう」など 命や人生の素晴らしさに気づくきっかけとなり、一生の記憶に残る最高の葬儀を提供しています。 また、葬儀事業だけでなく「おくりびとアカデミー」という「納棺師」を育てるための学校の運営にも携わっています。 おくりびとアカデミーでは、人生の終末期をサポートする人材育成をしています。 https://okuribito-academy.com/
ディパーチャーズ・ジャパン株式会社


おくりびとで会えるのを楽しみにしています!

ディパーチャーズ・ジャパン株式会社's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more