1
/
5

【社員インタビュー Vol.2】人の本質を見抜き得意を伸ばすRYOMAの金田取締役に迫る!

みなさん、こんにちは!株式会社RYOMA Wantedly広報担当です。
RYOMAとは「シゴトに、意志と選択肢を。」をビジョンにより強く美しく輝き続けるための、ひとつひとつの選択肢を本気で探し、ひとりひとりの一度きりの人生に意志という炎を灯しています。

今回の記事では、RYOMAで働く”メンバー”をご紹介します。第2弾は前回の記事でもちょこっと登場したRYOMA取締役の金田にインタビューをしました。RYOMA設立から、経歴、会社への想いについてなど根掘り葉掘り聞いてきましたので、最後までお付き合いください。


金田さんのご経歴を教えてください。

RYOMAの設立の前は、まず2017年に株式会社Kagent(現・株式会社Riding)でSES事業を創業しました。その後は、新しいことに挑戦したく株式会社トライングを設立。ここで転職支援や営業代行事業、採用事業の立ち上げ、マネジメントまで幅広い経験をしました。次にベンチャー企業の経営者たちへの支援を行いました。

熱い想いを持っている経営者の方々の支援をしていくうちに、経営者として新しいことにチャレンジしたい思いが再燃し、色々考えている時に友人の紹介で、阿阪と出会ったんです。

一緒に仕事をしてみたら、驚くくらいスムーズに仕事が進んでいくんですよね。

彼の魅力である「巻き込む力」と「ポジティブマインド」のおかげだと思います。

その結果、阿阪も私を気に入ってくれていたみたいで意気投合したところで、阿阪と株式会社RYOMAを設立しました。


ー金田さんの得意なスキルについて教えてください。

そうですね。。。経営者として多くの人と関わったり、採用などにも私は参加しているので、人の本質を見抜く目はあるかなと思います。
結果としてRYOMAで働くメンバーは、年齢やポジション、雇用形態に関わらずみんな良い人で、RYOMAのMVVを体現してくれてますね。
本質を見抜くってどういうことかというと、性格、得意な事、苦手なこと、どんな人と相性が良いか、RYOMAに何を求めてるのかが、会話を通してわかるんです。
「ああ!この人はこの人とこういうことしたら良いな」「この仕事は苦手そうだから、誰かに任せてもらおう」と自然と適材適所ができていきます。
人は環境やポジションで大きく飛躍すると思っています。

※弊社では「社内公募制」という社内育成・活性化を目的とする自身の長所や適性を活かした、 ポジションや部署移動の申請が可能です


ー最後に今後の目標について教えてください!

HR業界で社会にコミットし、目の前の人を少しでも幸せにするサービスを作り続けます!
私が大切にしている言葉があります。

「目先のものではなく、心奪われるものを追い求めたい。」

この言葉は、夢を持ちチャレンジし続けることは、とても大切であり、目先の利益や事情だけで、物事を選択するのではなく心奪われる、本当に自分がしたいこと、投入できるものに出会い、気づく事が真の幸せである。という意味があります。
ここから私は目標を実現させるために、まずは、自社の成長を最優先させて上場を目指していきたいです。


私は常に前進し続ける性格です。
「突き進むまで進む」をモットーに、日々の成長を追求していきます。

代表阿阪の記事でもお伝えしましたが、2024年はRYOMAの拡大フェーズとなる、大きな1年になりますので、一緒にRYOMAを成長させてくれる方をお待ちしております!

何か1つでも気になることや興味があればまずは「カジュアル面談」からお話ししましょう!


株式会社RYOMA's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings