1
/
5

「仕事も、趣味も、結婚も、子育ても」ぜんぶ欲張った先に出会える、史上最高の自分に!

みなさん、はじめまして!
株式会社オーサムエージェント、西日本セールスチームの吉村です。当社には立ち上げ時のメンバーとして入社しました。
・入社歴長め
・女性社員で一番年上
・性格強め

のため社内ではいわゆる「お局キャラ」のスポットにいる私です(笑)
そんな私から今回は、女性のほとんどの方が人生で一度は出会う、ライフステージ(結婚や出産)と仕事とのバランスについてお話をさせていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
🌈その前に簡単に自己紹介🌈

■「Sex and the City」の女性達に憧れて出版社に入社
バリバリ働くキャリアウーマンになりたい、好きなファッションを仕事にしたい、という漠然な夢から、新卒で名古屋の出版社にメンズ誌の営業職として入社。

■「本」が売れない時代で、自分に負けて退職。
紙媒体の衰退により、雑誌広告の効果が不透明な時代。顧客への貢献度を感じることができず、入社から4年で広告業界から逃げるように辞めました。

■1年だけ販売職にてスローライフを経験。
大手インテリアショップの販売職に。労働環境においては恵まれた環境だったのですが、物足りなさを感じて退職。

■オーサムエージェントに入社を決意!
当社に入社をしたのは26歳の時。THEベンチャー企業に、社員3人目として入社をすることは、不安もプレッシャーもありました。しかし「本気で仕事に向き合える最後のチャンスかも」と、思い切って飛び込みました。

■プライベートの面では
27歳で心も身体も大きめのパートナーと結婚。結婚4年目でもめちゃくちゃ仲良し。恋人でもあり、親友でもあり、ライバルでもある、最高のパートナーとして、お互い支えあっています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
🌈私から見たオーサムエージェント🌈

■女性が大大大活躍中の企業です
社員数23名のうち、女性社員は13名。セールスチームに2名、クリエイティブチームに6名、コーポレートチームに1名。クリエイティブチームには子育て中ママさんが1名、上記以外にも3名の女性社員が現在育休中です。

また執行役員にも20代女性が1名在籍しており、年齢・性別関係なく実力がしっかりと評価される会社です。

そして実は、オーサムの女性社員全員が20代後半と、これから人生の転機を迎える予定の社員ばかりなのです。

今回は、ご縁あってストーリーを読んでくださっている皆さんと、当社で頑張ってくれている女性社員にもぜひ読んでもらいたいな、という思いからお話させていただきます。

【立ち上げ当初の事務所。今のオフィスは綺麗なのでご安心を!右の女性が執行役員の市川です】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■私から、仕事を頑張りたい女性のみなさんへ
いつ訪れるか分からない、将来のライフイベントに備えて今から悩むより、目の前の「成長のチャンス」を掴み取ってほしい

20代という、挑戦できる時間・機会・体力のある今だから、できることに諦めないで挑んでほしいです。

結婚も出産も、一人でできることではないので、いつできるかなんて正直分かりません。

結婚してもなかなか子供に恵まれないかもしれないし、何年経っても今の彼氏がプロポーズしてくれないかもしれないし(笑)、極論ですが結婚しても1年後に離婚してしまうかもしれない(笑)

どうなるか分からない今後のために、自分をセーブするのはもったいない。やりたいことがあるなら、今すぐ行動に移したほうがいいし、仕事を諦めなくても、応援してくれるパートナーや、サポートしてくれる会社、そして社会があることを忘れないでほしいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■私が考える「家事と仕事の両立」
「結婚しても家事と仕事を両立できますか?」
これは結婚を考えている女性社員や、面接に来ていただいた求職者の方から、よく受ける質問です。

この質問をもらった時、私は「そもそも両立なんてできなくて良くない?」とまず言います(笑)

今は家庭より仕事を頑張りたいなら、比重が仕事にいってしまうのは当たり前のことだし、そんなあなたをパートナーも好きになってくれたはず(「はず」笑)

ただ私自身も、何もかも完璧にこなしたい主義なので、「両立できる自分」になりたい気持ちはとても良く分かります。本当に全部やりたいなら、時間を捻出する方法を考えて、何よりパートナーの理解を得ることを大切にします。

甘えて協力してもらい、しっかりと自分の時間を作ること。そしてそれに対してきちんと感謝の気持ちを伝えること。家庭の在り方は人それぞれなので、自分たちのルールを作っていけばいいと思います。

【結婚式での一枚ですが、夫と嫁の家庭バランスが非常に伝わりやすいかと思い、載せておきます】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■我が家のルール。「良い奥さん」やるのは週2日だけ
27歳でプロポーズを受けた時はびっくりしすぎて、返事をする前に冷静になってこんなことを聞きました。

「仕事に時間を使いたいから平日主婦業できないけどいい?」とか
「仕事して東京に行きたい!とかなったら置いて行くけどいい?」とか
「稼いだお金は自分にも使いたいからお財布を別にしたいけどいい?」とか

譲れない条件を確認したことを今でも覚えています。偉そうなこと言うと「上記条件OKなら良いけど?」って感じでした(笑)

もちろん、結婚したら専業主婦になりたい方や家庭に入ってほしいパートナーもいますので、結婚の形は人それぞれ。私が思うのは「大事なのは「自分」を削ってまですることはない」ということです。

そのため私は、平日奥さん業はほぼやっていません。パートナーが先に帰宅していても、気にせず仕事に没頭するし、パートナーがご飯を作って待ってくれていることや、仕事終わりにチームと終電まで飲みに行くこともしょっちゅう。

「パートナーにとって素敵な奥さん」であることも私の一部分ですが

・お客さんにとって、困ったことがあったら即対応してくれる営業担当
・後輩にとって、相談したらとことん時間を使って話を聞いてくれる先輩
・上司にとって、連絡したら即レスして対応してくれる社員

であることも、大事な私の一部なのです。

平日は「手抜き奥さん」で「仕事」は全力。その分週末は「良い奥さん」に全力です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■オーサムエージェントの女性セールスとして

当社の顧客様の9割以上が、運送・物流業界の企業様です。私は、セールスとしてドライバーや倉庫作業員などをメインとした人材の採用から定着・活躍までをサポートをしています。

高齢化や人手不足が進んでいるこの業界は、いわゆる「3K=きつい、汚い、危険」のイメージが強く、まだまだ男性社員の割合が7割以上を占めているのが現状です。

昨今では女性ドライバーの活用や、「配車」という内勤の重要なポジションに、調整能力が高いという点で女性を起用される運送会社様も多くいらっしゃいます。

若手や女性の採用に力を入れている企業様が多いため、私目線でのアドバイスを求めていただけることも多々あります。

「吉村さんだったらどんな運送会社なら働きたい?」
「今時の子って事務職で制服っていやだよね?」
「うちのホームページって正直ダサい?」などなど(笑)

率直な意見を求められたら、1ユーザー(または求職者として)本音の意見をお伝えするようにしています。

こちらのアドバイスにもしっかり耳を傾けてくれる、理解ある企業様ばかり。運送会社ってだけで、なんとなく怖いイメージがあると思うのですが(私も入社前は、全員パンチパーマでデコトラに乗ってると思ってました。業界の皆様ごめんなさい)

実際に仕事と通じて業界の方々を触れ合うと、イメージが本当に変わります。

「知り合いの企業さんが採用で困っているから紹介するよ」とか
「昨日遅くにメールくれたけど働きすぎじゃない?笑」とか
「応募こないから助けてよ!!!!」とか

親切で協力的で、業者ではなくビジネスパートナーとして頼りにしてくれる企業様が多いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■12月から1年間「妊活」のため時短勤務に

元気でヤンチャな大きめの男の子を2人産んで必死に育てる、という人生の大きな目標のため、オーサムエージェントで初!妊活のための時短勤務を予定しています。

「いつ訪れるか分からないライフイベントに備えるな!」なんて偉そうなこと冒頭で言っておきながら、今回ばかりはどうしても、年齢と比例してしまう部分がある。ということで、パートナーと話し合って、1年間仕事にかける時間をセーブしてしっかり「子作り」に向き合う時間を会社からいただきました。

「妊活のために時短になります!」なんて働き方なんて、芸人「森三中の大島さん」くらいだった気が(笑)

時間数ではチームメンバーよりは働けないけど、当社は働いた時間数で給与や評価が決まるのではなく、成果と結果に対しての評価なので、時短勤務になっても、生産性ではセールスNO.1を目指していきたいと思います!

【前回クォーターで表彰いただいた時の記念写真です。去年はチームで一番の達成率でした!(自慢)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■子供ができたら、きっともっと仕事を頑張れる

今わたしが仕事を頑張る理由は、自分のため、お客さんのため、会社のためだけど、子供ができたら「子供のために」という無敵の目標ができます。それってきっと最強ですよね。

でもたぶん「子供」と「〇〇」どちらを取るのか、選択を悩むときがきっとたくさんくる。

自分が風邪を引いても、根性と気合で仕事はできるけど、子供が風邪を引いたら、誰かが看病をしなければいけない。目の前の仕事を放り投げて、お客さんや会社に迷惑をかけることよりも優先すべきことなのか?なんて考えることがあるかもしれません。

正直なところ、当社はまだまだ子育てと仕事を両立できる体制や福利厚生が、十分に備わっているかというとそうではありません。ただ、一緒にその方法を考え、環境を整え、応援してくれる会社であることは間違えありません。全力でサポートしてくれる会社をこれから創っていきたいと思っています。

私は何歳になっても、仕事も趣味も結婚も子育ても、諦めたくありません。全部頑張って全うして、欲張って生きていきたいし、その姿を自分の子供にも見せていきたいと思っています。

仕事をがんばることを諦めないで、オーサムエージェントは仕事を全力で頑張りたい女性を応援する会社です。ぜひご興味ございましたらご連絡ください!

読んでいただきありがとうございました🌈よかったらいいねボタンをお願いします!

株式会社オーサムエージェント's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings