1
/
5

就活何すれば良いか分からない‼︎ 22卒内定者が語る、マストなこと!!

Photo by Hunters Race on Unsplash

2年生・3年生の皆さん!

「就活始めたは良いけど、何やったら良いか分からん」「就活始め方が分からん」「就活っていつから?」って、なって結局やる気なくしてスマホ触っちゃいませんか?

私もその一人でした。就活の始め方って誰も教えてくれへんし、正解もありませんよね・・・

そこで、就活が終わったばっかりの私が、これから就活を始める後輩たちが後悔してほしくない、その想いからこの記事を書かせていただきました。

今回の記事では、就活でのマスト=絶対にしなければいけないことを掻い摘んで紹介します。それぞれの項目の詳細は、別の記事を参考にしてください。


#0 就活って、いつ始めるの?

今でしょ!!

狙ってるとかじゃなくて、マジのマジなんです。

早く始めるほどお得です。これは、どの就活経験者もそう語ります。

理由は、することが多いからです。自己分析、企業研究、面接対策、ES対策、WEBテスト勉強などなど、キリがありません。

このことに就活初期の段階は、中々気づけません。

とにかく、思い立ったらやるべしです!!


#1 情報収集

情報収集の方法は、3つあります。

①キャリアセンターの就活セミナー

②就活コミュニティ

③先輩から聞く

→就活に詳しい人から、しなければいけないことは何があるのか教えてもらいましょう。


#2 自己分析

就活の基礎であり、最も大切なことです。

しかも終わりはないので、毎日コツコツ行う必要があります。


#3 企業研究

自己分析でやりたいことが見えてきたら、企業を調べ、自分にあっている企業なのか判別しましょう。

上場企業なら、決算説明会資料GAお勧めです。

他にも、「ONECAREER」や「iroots Reserch」、「就活会議」、意外にもLINEのオープンチャットが参考になりました。


#4 WEBテスト勉強

80%は書類とテストで足切りされるとまで言われ、最初の難関になります!

範囲も広く、出題される企業も多いため、まずはSPIの本をやることをお勧めします。

↓こちらが、実際に私が使っていた問題集です。最も一般的なものなのでは無いでしょうか?

【金融転職参考書籍】これが本当のSPI3だ! 2022年度版 | ファンド・M&A 金融転職のムービン
本書は、SPI(日本で一番使われている採用テスト)対策の決定版として、問題の再現度、情報の精度、説明のわかりやすさとで、毎年、多くの就活生からご支持をいただいています。 SPIには複数の実施方式があり、どれが実施されるかは業界や企業、職種によって違います。よく実施されるのは「テストセンター」「ペーパーテスト」「WEBテスティング」です。 ...
https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.movin.co.jp%2Ffinance%2Fbook%2Fbook58.html&psig=AOvVaw1FmuFpmlkDvS-Cj-hs-xWC&ust=1622210652958000&source=images&cd=vfe&ved=0CA0QjhxqFwoTCLiRkeCD6vACFQAAAAAdAAAAABAI


#5 インターン応募

自己分析がまだまだでも、とりあえずインターンは応募することが望ましいです。

インターンに参加することのメリットは、大きく2点あります。

①選考の練習ができ、落ちても本選考で再チャレンジできる。

②HPでは知れない、企業の中身を理解できる。


#6 OB・OG訪問

これも、インターンと同じで、ネットでは知り得ない会社の情報を得ることができます。

社員の方に、自分のやりたいことを話して壁打ちしてみるのも良いです!!

↓おすすめのOB訪問アプリです。他大学のOBも申請することができるのがメリットです。又、コロナ禍なのでオンラインで手軽に行うことができるようになりました。


最後に

ここまで、記事を読んでいただきありがとうございました。

これら6つのことは、順番では無く、同時にやっていく必要があります。

最低限、これだけはやっておこうというものでした。

就活を始めたての皆さん!ぜひ参考にしていただければなと思います。

ありがとうございました。


☆長期インターンシップ生募集中

私が所属するR3corporationでは、長期インターンシップを募集しております。

チームには、私のような22卒内定者やこれから就活に挑む23卒学生も所属しています。

就活の情報収集や一緒に頑張る仲間を見つける、ガクチカに書けるといった長期インターンならではの強みもあります。興味を持ってくださった方は、ぜひ「話を聞きに行きたい」を押してみてください!

R3corporation株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings