1
/
5

大手志望からベンチャーへ、決断のわけとは

この記事は、23卒学生を中心とした「ビットエーちょっと気になるな」という方に、少しでもビットエーの”解像度”を上げてもらうためのものです。実際に選考〜内定者インターンまでを経験している22卒内定者が「ビットエーのどこに魅力を感じ、なぜ就職先として選んだのか」を語ります!今回は、22卒内定者の小林遼香さんにインタビューしてみました。

【プロフィール】
名前: 小林 遼香(こばやし はるか)
大学: 上智大学 経済学部 経営学科
趣味・特技: 食べること、ライブ、人と話すこと、散歩
ひとこと: 唯一無二の無敵ガール、目指してます

「何をするかより誰とやるか」

ビットエーとの出会いは、お世話になっていたメンターさんからの紹介でした。始めは正直ベンチャーに行く気はなかったのですが、紹介ということもありまずは面談でフラットに話を聞いてみることにしました。結果、勢いがあって楽しそうな会社だな、人事の方が話しやすかったな、と漠然とプラスな印象だったのを覚えています(笑)

私が就活軸として大切にしていたのは「自分にとって居心地のいい場所であるか」。主に、社員同士お互いに対する思いやりや尊敬があるかどうか、を見ていました。事業内容ももちろん大切でしたが、組織も同じくらい重視していたということです。

今まで大学の文化祭実行委員に取り組んできた経験から、組織で最大限に自分の力を発揮するには「居心地の良さ」が不可欠だと感じていました。改めて考えると、ビットエーの「何をするかより誰とやるか」の価値観にも共通するものだったと思います。

規模なんて関係ない、大切なのは「行きたいかどうか」

選考を進む中でも、頭の片隅に”大手”の文字がちらついてたんです。しかし、選考を振り返り改めて「この会社なら圧倒的に幸せになれる」と感じたことが、内定承諾のきっかけです。大手や中小・ベンチャーなどの規模に関係なく、自分が行きたいと思ったところに行くことが正解なのではないか、と気づきました。

実は、最終面接の直前に面談をしていただいたんです。それまで事業メインでビットエーを見ていましたが、ビットエーの社風がより具体的に見えた瞬間で、「めっちゃこの会社行きたい!」と思ったことを覚えています。

話を聞いて感じたことは、意思を尊重する組織だということです。それぞれが意思をもってやりたいこと、やるべきことに取り組んでいる、そして頑張る人のことは全力で応援する、そんな集団です。実際に面談をしていただいた方も、研修中にプログラミングに興味を持ったことから職種をエンジニアに変更するなど、自らキャリアを切り開いていくことができるのも魅力的だと感じました。

色んな人と、色んな仕事がしたい!


内定をいただき、現在は内定者インターンとして一足早くビットエーで働いています。まだ初めて1ヶ月も経っていませんが、感想を一言で表すと「めちゃくちゃ楽しい」です。そして自分の決断は正しかった、と実感しています。というのも、目的意識を持って業務に取り組めているからです。

正直、インターンのうちは雑務や単純作業をすると思っていました。しかし、インタビューノウハウを学びながら、採用広報をはじめとした23卒の採用に関わることができています。日々成長している感覚が、とても楽しいです。

はっきりした将来の目標などはありませんが、今後はビットエーにいる魅力的な人ともっと関係を作っていきたいと思っています。そして色々なクライアント様と仕事をして、頼られる存在になりたいです。つまり、色んな人と、色んな仕事がしたいですね!

23卒の学生へ、迷ったらぜひ会いにきてください!


まだまだ私もビットエーに入ったばかりですが、なんとなく「ビットエーっぽいな」という人がわかってきました。「思いやりや素直さを持っていて、無意識に頑張れる人」、これが現時点で見つけた共通点です(笑)関わる人たちや先輩方もとても良くしてくださいます。

今は就活もオンラインが主流になり、このような”人”の部分が見えにくくなっていると感じます。実際に私も、本社に来てビットエーのイメージが大きく変わりました。

あえて言わせていただきます!「迷ったら本社に来い!絶対ビットエーのことが好きになります。」

株式会社ビットエー's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more