1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

オールコネクトの行動指針 Hi! AC

オールコネクトの行動指針 Hi! AC

はじめまして!
福井県に本社を置く、株式会社ALL CONNECT(オールコネクト)です。

「社会をにぎやかに!」を企業理念に、通信回線やスマートフォンなどの通信インフラサービスを提供、販売しています。
拠点として、東京支社(五反田)、大阪支社(梅田)、新宿営業所を展開しており、総勢700名ほどのスタッフが働いています。

今後、福利厚生や働き方などの社内制度、社員のインタビュー記事を中心にオールコネクトのついて投稿していきますので、チェックしていただけると嬉しいです!

今回は、記念すべき初投稿! ということで、オールコネクトで働くスタッフにとって大切なマインド、5つの行動指針「Hi-AC」ついて紹介いたします。


はじめに、「Hi! AC」とは、

Happy
idea
ALL
CONNECT

の略で、社員一人ひとりが【幸福になるための行動指針】の意味が込められています。

この行動指針は、人事評価における重要な基準の一つです。

正しく理解して行動できる人は、より責任のあるポジション、仕事、給与を得ることができます。
しかし、得られるのはそうした仕事の報酬だけではありません。

指針のように、絶対にあきらめない心、周囲を思いやる気持ち、本当の強さと優しさを兼ね備えた人間は、誰からも愛され、多くの人にとって無くてはならない存在になれる。
いい仲間に囲まれ、何かあれば誰かが必ず助けてくれる。
将来、オールコネクトを卒業したとしても、どこに行っても通用する人間になっているはずです。

指針の先にあるのは、社員一人ひとりの『より良い人生』です。
オールコネクトで働く仲間全員が、幸せな人生を手にすることを願って。


・スマイル3億円

Millions Yen Worth of Smile.

笑顔で気持ちの良い挨拶で出社してくる、何かを頼まれたときいつも笑顔で対応できる、待ち合わせや締め切りの時間は厳守する人。
下を向き無言でオフィスに入ってくる、急な頼みごとに不機嫌な表情を隠せない、約束の時間はしょっちゅう5分、10分遅れてやってくる人。

あなたは、どちらと一緒に働きたいと思うだろうか。
ほとんどの人が前者だと答えるはずだ。

相手を思いやる心を持ち、きちんとマナーを守る。そんな当たり前のことが、気持ちの良い人間関係を構築するうえでは何よりも大切な要素となる。
私たちは、仕事を通じて多くの人と関わっている。
良い人間関係を築くことは、仕事で成果を出すためのはじめの一歩と言えるだろう。

社会人の平均生涯賃金は2.5億円だそうです。
でも、このような良い人間関係を積み重ねることで、3億円を超えていくことも可能なのではないでしょうか。


・誰のせいでも自分の人生

Take responsibility until a task is completed.

仕事の進捗を報告した際、上司が「何の話だっけ?」という態度だったら、あなたはどんな不安を抱くだろう。
「こんな頼りない上司についていって大丈夫か?」と思うか、「自分の説明が下手だった。あるいは時間経過によってその仕事の有用性が下がったのか?」と思うか。

どちらの不安を抱くかによって、あなたの行動は大きく変わり、それによって結果や成果も変わってくる。

前者のように上司を評価する立場を取る人は、その後自分で何の行動も起こせず、結果的に成果も上がらない。一方で、後者の不安を抱く人は、「説明を上手にできるようになろう」「仕事のスピードをもっとあげよう」と、自分を変える努力をするはずだ。
部下の立場で上司を評価しても意味がない。

自分が行動を変えてはじめて、あなたに対する周りの見方も変わってくる。
恐れることなく、自分をどんどんアップデートしていこう。


・後からダメだと言われるな

Get your task clearly understand before f inishing your work.

レストランで食事を注文すると、店員は必ず注文内容を確認してくるだろう。
万が一、注文を間違えて受けると、お客様に迷惑がかかり、食材も無駄になり、余分な作業を増やすことになるからだ。

ダメージを回避するために、お店側が明確な結果設定をするのは当然だと言える。一方で、自分に置き換えてみたらどうだろう。

上司から仕事の依頼を受けた際に、「かしこまりました!」のひとことで終わっていないだろうか。
相手の期待に応える第一歩は、明確な『期日』と『状態』、つまり『完全結果』を設定すること。もし、明確な結果設定をしていないと、上司と自分との間で致命的なズレが生まれるリスクがある。
それまでの仕事がすべて無駄になり、自分の評価を下げることになるかもしれない。

ゴールが曖昧な状態で仕事をしても、誰も幸せにならない。
誰よりも自分のために、完全結果を設定する力を付けよう。


・不可能に挑む姿勢は人類の義務だ

Nothing is impossible.
Challenge yourself to make it possible.

私たちは、サービスの担い手であると同時に一人の生活者。つまり、さまざまなサービスや技術の受け手でもある。
インターネットにスマートフォン、自動車や飛行機といった交通手段、さらには安くて美味しいインスタント食品まで。現代にはさまざまな便利なモノやサービスが存在し、今なお進化を続けている。

私たちがそうした便利を享受できるのは、先人たちが困難にも恐れず立ち向かい、数々の不可能を可能にしてきたからだ。

多くの人が「それは無理だよ」と諦めてしまう中で、自分を信じて挑み続けたからだ。
自らがサービスを提供する側に立ったとき、私たちだけが困難から逃げていいのだろうか。
無理難題に挑まないという選択肢はあるのだろうか。『“無理”と言わない』。

この姿勢は、『人類を進化させる原動力』であり、『成果を出すための必要条件』であり、『自分を成長させる合言葉』でもある。
人類のために、自分自身の幸せのために、困難に挑み続けよう。


・役割のなかで全体を変えろ

Be the part of the change by changing yourself when required.

他部署との連携が取れたチームが、良いチームというわけではない。
全員が全社視点を持って自由に意見し、行動する組織もチームワークが取れているとは言えない。私たちが目指すのは、全員が自分の役割を正しく理解し、それぞれが自分の目標達成のために全力を尽くすチームだ。

たとえば、全社員でひとつの城を守るとしたら、それぞれが自分の持ち場を完璧に守れば絶対に負けることはない。しかし、天候や相手の出方は日々変化するため、それに合わせて守り方も変えていく必要がある。
「現状のルールでは自分の守備範囲を守り切れない」「他の持ち場のメンバーにも協力してもらう必要がある」。
もしそう考えるなら、ルールを変更するための根拠となる情報を自分の上司に伝えればいい。

「他部署のため」「全社のため」に他所に口を出す行為は、無駄なロスを生み、結果的にチームワークを大きく乱す。
チームのために、全社のために、何よりも自己責任を全うしよう。


おわりに

オールコネクトは、行動指針を人事評価における重要な基準の一つとして考え、正しく理解して行動できる人は、より責任のあるポジション、仕事、給与を得ることができます。

そしてHi! ACには、創業当初から代表の岩井が大切にしている『誰のせいでも自分の人生』はもちろん、創業から15年経った今のオールコネクトだからこそ、必要な行動指針が追加されています。
会社とともに働く仲間も成長していけるように。


Hi! ACに共感し、共に成長できる仲間を募集していますので、記事を見てオールコネクトのことが少しでも気になった方は、ぜひフォロー&エントリーお願いいたします!


▼その他、社員インタビュー(オールコネクトへの入社理由や仕事の様子)は、こちらから閲覧できますので、ぜひご覧ください!

株式会社ALL CONNECT(オールコネクト)'s job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more