1
/
5

厚生労働省の【女性の活躍推進企業】ページに掲載されました。


こんにちは。河野です。

雨空が続いてますね~。めっきり涼しくなった本日は8月にも関わらず久しぶりにホットコーヒーにしてみました・・☕

(夏のコーヒーはアイスに限る!というタイプです。)


さて本日はタイトルにもある通り、厚生労働省の【女性の活躍推進企業】のデータベースにZENoffceも掲載されたお話をしようと思います。

こちらは厚生労働省が行っているプロジェクトで、ホームページの中に総合サイトが設けられています。

そのサイト上に、女性の活躍を推進している企業が取り組み内容などを公開しており、この度ZENoffceの取り組み内容も掲載される運びとなりました。

掲載に至った背景・・・

実はこのプロジェクトを知ったきっかけが、岩瀬社長のお知り合いからのご紹介でした。

以前もZENでは、社内プロジェクトとして《女性の“気づき”プロジェクト》を発足しており、男女ともに働きやすい環境を目指していました。

また近年女性メンバーや家庭を持ちながら働くメンバーが増え、年代の幅も広くなりましたので改めて“誰もが働きやすい環境とは”と、考えるきっかけにもなると思い、掲載を進める運びとなりました。

(せっかくやるなら社外にもアピール出来たらいいよね、というのももちろんありました★笑)


掲載までに行ったこと・・・

まずは女性のメンバーを中心に、現在や未来の働き方について思うことを聞いてみました。

そこで主に上がってきたのが、

・スライド勤務などを今の内から柔軟に活用できる環境にしておけば、今後家庭を持つメンバーにとっても心強いのでは?

・その為にも、(今は全く問題ないけど)周りの理解をしっかりと得ることができ、誰もが気持ちよく制度を活用できるように、一定レベルでの社内教育や認識を持っておくことが大事だと思う。今後どんどん人数も増えていくと思うので。

・産休育休の取得は可能だけれど、それがどこまで寄り添った内容なのかは分からないので、改めて改めて社内で会話してみてもいいのかも。

・産前や復帰後に、今の様に柔軟にリモートワークなどを続けれるのか?という漠然とした不安はある。


などなど・・。皆さんしっかり考えてくれてました。

今回は女性をメインに聞いてみましたが、そこで聞いた内容って働くパパメンバーや介護をしているメンバーにも当てはまるよなあ・・・ということも思いました。

その様な内容を踏まえ、ZENとしての目標・行動計画・取組内容などを考えて行きました。


掲載した内容

最終的に立てた目標がこちらです。

<男女共に、育児介護休暇取得者の100%が、復帰後1年以上勤続していること>

これを2025年までに実現させよう!と決めました。

一見普通のことというか、簡単な目標なのでは??という印象があるかもしれませんが、復帰後にやはり両立が厳しくなり退職を選択される方が多いのも現状の様です。

そこを会社側としてサポートできれば退職を避けることもできるのでは?

そうなると会社としてもメンバーとしても嬉しいよね。ということで、こちらの目標を立てました。

取組内容など、詳しくは厚労省のページを見て頂ければと思います^^


今後のZENoffice

もちろんこの目標を立てたからと言って、すぐに実現できる訳ではありません。

私個人的には、ZENはメンバーに寄り添った制度がたくさんあるなと思うのですが、それでももっと柔軟に対応できる部分はたくさんあると思います。

メンバーから上がる声を都度コツコツと社内で会話してみて、実現できるものはしていけたらなと思っております。

その積み重ねで4年後の目標に到達できれば嬉しいなと思います。

改めて、本日は厚労省のページに掲載された内容について、経緯などをお話しながらご紹介させて頂きました。

私達とより良い会社づくりをしてみたい!どんな会社なんだろう?詳しく知りたい!などありましたら一度ご応募頂ければと思っております。


河野






















































https://positive-ryouritsu.mhlw.go.jp/

ZENoffice株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more