1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【どんな意味かわかりますか?】よく聞くコンサル業界用語5選〜アルファベット編〜

こんにちは、インターン生の飯塚です!

前回は、思考に関するコンサル業界用語を紹介しました。
今回は【アルファベット編】ということで、コンサル業界でよく使われるアルファベット用語を5つピックアップいたしましたので、ぜひ最後までご覧ください!

▼コンサル業界用語【基礎編】はこちら

▼コンサル業界用語【思考編】はこちら

1.CxO

CxOとは、CEO(Chief Executive Officer:最高経営責任者)、COO(Chief Operating Officer:最高執行責任者)、CFO(Chief Financial Officer:最高財務責任者)など、 “Chief ~ Officer”と表記される執行責任役職の総称です。

CTO(Chief Technology Officer:最高技術責任者)、CSO(Chief Strategic Officer:最高経営戦略責任者)、CIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)といったように多くの役職がCxOに含まれますが、企業によって役職の種類や名称は異なります。例えばCIOは、企業によっては最高投資責任者(Chief Investment Officer)ということもあります。

本来、CxOの存在理由は経営責任と業務の執行責任を分化してきた欧米型企業において、当該業務の執行責任者が誰なのかを明確にするためでしたが、日本企業の組織のあり方が欧米型に近づいてきたこともあり、役職名にCxOを採用する企業が増加してきました。

2.ERP

ERPとは、Enterprise Resource Planningの略で、企業資源計画のことです。これは、「ヒト・モノ・カネ・情報」といった企業のすべての経営資源を最大活用するため、経営資源を横断的に管理し、効率的な経営活動を行おうという手法や考え方です。

ERPが一般的に扱う品目は「製造・物流・販売・調達・人事・財務会計」に分類され、これを実現するための業務横断型ソフトウェアは「ERPパッケージ(統合業務パッケージ)」と呼ばれます。

ERPの導入によって、従来部門ごとで別々に管理していた基幹業務のデータを、全て1つのデータベースで一元管理することが可能になります。その為、業務効率の向上、財務会計や管理会計の迅速化、スピーディーな経営状態の把握、といったメリットがもたらされると言われています。

3.KPI/KGI

KPIとは、Key Performance Indicatorの略で、重要業績評価指標のことです。企業が経営戦略の目標を達成するため、個々の具体的な業務プロセスを監視するために設定される定量的な指標(業績評価指標)のうち主要なもののことを言います。KPIを日次、週次など定期的に集計することでプロセスの進捗度合いを効率的にモニタリングできます。

尚、KPIと対でよく使われる用語が「KGI」(Key Goal Indicator=重要目標達成指標)ですが、KGIの値は「目標をどの程度達成したか」という結果を示すのに対し、KPIは計画の進捗過程を計測する材料となります。つまり、KPIをチェックすることで、KGIを中間的に予測することが可能となります。

4.OJT

OJTとは、on-the-job trainingの略で、職場内訓練のことです。これは、新しい従業員が担当業務を行う上で必要な知識やスキルの指導を、管理監督者の責任のもと職場で実際に働きながら受けることです。また、広義には、職場内での勉強会やミーティングなどの教育・指導もOJTに含むとされます。

従来、日本のものづくりの現場においては、伝統的に組織的・個人的OJTが行われてきました。高度な技術を持つ熟練工を育てるには、長い時間をかけ、試行錯誤を繰り返しながら高度な技術を習得するOJTが最適と考えられていたからです。

しかし、雇用の流動化が進む昨今、「人材育成に時間がかかる」、「管理監督者によって教育成果にバラツキがある」といったOJTの弱点が浮き彫りになってきました。そこで、職場を離れ、研修の場と時間を設ける「OffJT(Off the Job Training=職場外研修)」とOJTとを適切に組み合わせた人材育成プログラムが重要であると考えられるようになってきています。

5.CSR

CSRとは、corporate social responsibilityの略で、企業の社会的責任のことです。企業が社会の期待や要求に応え、消費者やステークホルダーだけでなく環境や地域、国家に広く貢献しようとする姿勢を示します。

よくCSRと「コンプライアンス」が混同されますが、コンプライアンスはあくまで企業が法律や倫理・社会ルールを順守し、公正・健全を保つという概念であるのに対し、CSRは環境保護、雇用創出、消費者保護といった多くの社会のニーズに応えることによって、社会に愛され必要とされる企業を目指すという広い概念です。

尚、CSRへの取り組みは企業にとってコスト負担が増えるとの見方もありますが、従業員のモチベーション向上による技術・サービスの改革、社会からの企業イメージの向上、投資家の評価上昇などプラス面も少なくありません。

いかがでしたか?聞き慣れない用語はありましたか?
コンサル業界では、このようにたびたび横文字が使われます。あまり馴染みのない人もいるかと思いますが、この機会に覚えておくと、コンサル業界の方に出会ったときに話が合うかもしれませんね。
今回はアルファベットのコンサル業界用語を紹介しましたが、次回以降も各テーマごとに紹介していきますのでお待ちください!

ITを軸としたコンサルティングを手掛け、前期の2倍以上の売上を達成したZEINでは以下の職種で募集を行っています!

また、ZEINは、会社についてやコンサルティング業界について、コンサルタントに質問ができるオンラインミートアップを隔週で開催しています。次回は9月16日に開催するので、ぜひご参加ください!

▼【学生向け】ミートアップの応募ページ

▼【中途採用】戦略〜企画〜IT導入に携わるコンサルタント募集

業務 / ITコンサルタント
戦略~企画~IT導入まで!成長を求めるコンサルタントをWanted!!
ZEIN株式会社はコンサルティング×テクノロジーを融合させた、ビジネスをITでデザインする会社です。 「社員全員(ゼイン)が一丸となってクライアントと自社の成長にコミットする」をミッションとし、クライアントビジネスの課題解決・拡大に向けたコンサルティングサービスやソリューションの提供、プロダクトの企画・開発・運営を行なっています。 ◆Consulting Sector クライアントビジネスの課題解決から要求実現・ビジネス拡大に関するコンサルティングを行う部門です。戦略×テクノロジーにてビジネスモデル策定・IT企画・構想・計画策定、分析、管理、実行、検証までワンストップで支援を行います。 案件事例: ・大手エネルギー会社:経営統合による基幹システム統合支援(ERP導入) ・大手アパレル会社 :全社システム統合、CRM戦略支援 ・大手飲料会社   :プロモーションROI支援 ・政府系金融機関  :大規模システムマイグレーション支援 ◆Product Solution Sector クライアントの課題解決やビジネス拡大に向け、最新テクノロジーを利用したソリューションを提供する部門です。仮想通貨取引所のシステム開発や、働き方改革を推進するRPAや弊社AIパッケージである「dArwIn」の導入など、業務全体の分析・新業務設計から、開発、検証、運用までワンストップで行います。 案件事例: ・FinTech会社  :仮想通貨取引所開発(大手VC投資先) ・大手小売会社  :カスタマーセンターRPA導入 ・大手鉄鋼商社  :業務改革、RPA導入 ・ファンド会社  :業務標準化・RPA導入 ・海運会社    :業務改革、RPA導入 ・イベント    :RPA Digital world 登壇・出展 RPAソリューション - ロボットでオートメーション化!バックオフィス業務を業務効率化。  http://zein.jp/service/rpa/ AIソリューション - 会話で業務が完結!パーソナルアシスタントによる新しい働き方。  http://zein.jp/ai/
ZEIN株式会社

▼【中途採用】コンサルタントにキャリアアップしたいエンジニア募集

ITスペシャリスト
コンサル×テクノロジーでスペシャリストになりたいエンジニアをWanted!
ZEIN株式会社はコンサルティング×テクノロジーを融合させた、ビジネスをITでデザインする会社です。 「社員全員(ゼイン)が一丸となってクライアントと自社の成長にコミットする」をミッションとし、クライアントビジネスの課題解決・拡大に向けたコンサルティングサービスやソリューションの提供、プロダクトの企画・開発・運営を行なっています。 ◆Consulting Sector クライアントビジネスの課題解決から要求実現・ビジネス拡大に関するコンサルティングを行う部門です。戦略×テクノロジーにてビジネスモデル策定・IT企画・構想・計画策定、分析、管理、実行、検証までワンストップで支援を行います。 案件事例: ・大手エネルギー会社:経営統合による基幹システム統合支援(ERP導入) ・大手アパレル会社 :全社システム統合、CRM戦略支援 ・大手飲料会社   :プロモーションROI支援 ・政府系金融機関  :大規模システムマイグレーション支援 ◆Product Solution Sector クライアントの課題解決やビジネス拡大に向け、最新テクノロジーを利用したソリューションを提供する部門です。仮想通貨取引所のシステム開発や、働き方改革を推進するRPAや弊社AIパッケージである「dArwIn」の導入など、業務全体の分析・新業務設計から、開発、検証、運用までワンストップで行います。 案件事例: ・FinTech会社  :仮想通貨取引所開発(大手VC投資先) ・大手小売会社  :カスタマーセンターRPA導入 ・大手鉄鋼商社  :業務改革、RPA導入 ・ファンド会社  :業務標準化・RPA導入 ・海運会社    :業務改革、RPA導入 ・イベント    :RPA Digital world 登壇・出展 RPAソリューション - ロボットでオートメーション化!バックオフィス業務を業務効率化。  http://zein.jp/service/rpa/ AIソリューション - 会話で業務が完結!パーソナルアシスタントによる新しい働き方。  http://zein.jp/ai/
ZEIN株式会社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼お得情報の記事をまとめてあります

SNSでもZEINのことや就活のことについて呟いています。フォローよろしくお願いします!

▼Twitter
https://twitter.com/zein_recruit
▼Facebook
https://www.facebook.com/ZEINIn

ZEIN株式会社's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more