1
/
5

「あなたの『will』は何ですか?」ウィルゲートで働くエンジニアに『will』について聞いてみました。

「一人ひとりの『will』を実現する」をミッションに掲げているウィルゲートでは、ユーザー・クライアントはもちろん、一緒に働くメンバーの『will』が実現できるよう応援しています。

今回は、ウィルゲートで活躍するエンジニアの『will』をご紹介します。

■開発室 執行役員 向平

大学卒業後、株式会社ビジネスブレイン太田昭和に入社し、エンジニアと営業職を経験。その後、日本で多くの起業家を輩出した株式会社ネットエイジに入社し、様々なインターネットビジネスの立ち上げに携わりました。その後、株式会社TAGGYを創業し、CTO・COOとして動画検索サイトや検索サービスなどをリリース。株式会社TAGGYを売却後、株式会社ウィルゲート(以下、ウィルゲート)に入社し、現在は執行役員を務めています。

そんな向平に、『will』を聞いてみました。

私自身、多くのスタートアップの立ち上げを経験し、自らもスタートアップを創業して経営をしてきた経験を持っています。そんな私は、ウィルゲートのビジョンである「ベンチャーの可能性を広げ、あらゆる挑戦を支援する」が、どれだけベンチャーにとって重要かを経験を持って理解しているつもりです。

そんな私の『will』は、ベンチャーを支援するプロダクトを生み出し、社会に一石を投じる事であり、そのようなプロダクトを生み出し続ける事ができるエンジニア組織を作っていく事です。

ウィルゲートでは、複数のプロダクトを抱えており、今後も新しいプロダクトを作っていきます。そのため、プロダクトをゼロから作るフェーズや、グロースしていくフェーズなど、あらゆる局面に対応できる開発体制を作る必要があります。理想は各プロダクトごとにCTOとプロダクトマネージャーがいて、それぞれのプロダクトのチームで、「ユーザーにより良い価値を提供するためには何をすべきか」を議論し考え、その上で、それぞれのプロダクトのチーム間でノウハウやリソースが共有されている状態です。(余談ですが、私が過去に在籍したネットエイジはそのような組織で、多くのCTOやCEOを排出しています。)

しかし、これは簡単な目標ではなく、顧客課題を解決するための技術力、顧客課題を発見できる深いドメイン知識、検証を高速で繰り返す事ができる開発力、柔軟にあらゆる状況に対応できる多能工、同じ目線で議論するための情報の非対称性の解消、積極的な発言や活動を促すための心理安全性、スピードを持った意思決定のための権限移譲など、多くのことに取り組んでいく必要があります。そのような課題に取り組むためにも、ウィルゲートの方針に賛同してくれるエンジニアの採用にも注力して行きたいです。

▼過去のインタビュー記事はこちら


■インフラユニット マネージャー 池添

2015年に新卒でウィルゲートに入社し、記事作成代行サービス「サグーワークス」の新規開発を担当。2018年から2021年にかけてサグーワークスチームの開発リーダーを務めると同時に、インフラチームを兼任しました。2021年4月にSRE(Site Reliability Engineering)チームを立ち上げ、2022年10月からCRE(Customer Reliability Engineering)やSRE、インフラなどの開発チームを横断して支える開発基盤ユニットを新設し、マネージャーを担当。また、オンライン編集チーム構築サービス「エディトル」のマネージャーや開発本部ユニットの組織デザインチームという開発組織メンバー全体の教育キャリアアップを推進するチームのリーダーも兼任しています。

主な業務内容としては、開発基盤ユニットのマネージャーとして開発チームを横断して取り組むべき課題の決定、解決のための方針策定を実施。その他にも、組織デザインチームリーダーとして開発メンバーのキャリア相談やスキルアップのための仕組み構築、新卒メンバーのOJT、メンター業務、エディトルのマネージャーとしての機能開発の優先度・方針決定などの意思決定にも携わっているという。

そんな池添に、『will』を聞いてみました。

私の『will』は、最強の開発チームを作り、そのチームを支えられる人間になることです。
ワンピースの麦わら海賊団のような、各メンバーに得意領域があって、お互いに支え合い、同じビジョンに向かっている。そんな少数精鋭の開発チームを作り、組織課題の解決や事業成長させる開発をしていきたいですね。

もともとウィルゲートに入社を決めた理由が「何を作るかより誰と作るか」という考え方に共感したという経緯がありました。ただ作るだけなら自分ひとりでも作れますが、より良いものを継続して作って行くためには自分ひとりだけの力では実現できません。なので、一緒に良いものを作りたいと同じ方向を向いて走っていく仲間と開発がしたいと考えていました。 そして大きな課題に立ち向かうチームでは、個々人の専門性が尊重され相互信頼が高いという特徴が共通していると思うようになりました。

ウィルゲートの仲間とより良いものを一丸となって作っていくために、チームメンバー一人ひとりが得意領域を持ち、お互いに背中を預けあえるようなそんなチーム、組織を作っていきたいです。

▼過去のインタビュー記事はこちら


■ソーシャルセリング開発チーム リーダー 岡田

2015年に新卒でウィルゲートに入社し、社内システムの開発や保守運用の経験。その後、BtoB向けにSEO課題を自動抽出する上位表示支援ツール「TACT SEO」やオンライン編集チーム構築サービス「エディトル」などのサービスの立ち上げに参画。

また、エンジニアの働く環境整備に取り組む「開発組織活性化チーム」やエンジニア部門に関する情報の発信を行う「技術広報チーム」の立ち上げに携わる。現在はエンジニアとしての業務を行いながら、ウィルゲートのエンジニア組織の文化を作り、それを発信することにも力を入れています。

そんな岡田に、『will』を聞いてみました。

私の『will』は「ウィルゲートを魅力溢れるテックカンパニーにする」ことです。
私は”エンジニア”という生き方がとても好きです。技術のことが好きで、自分の好きな技術に関して深い知識を持ち、技術を使って問題解決をすることが好きなエンジニアたちを応援したいと考えています。エンジニアが働きやすい組織を目指してこれからもアクションを起こし続けたいです。

また、ウィルゲートの開発組織が他のエンジニアから見ても魅力的な組織であるということを発信していきたいと考えています。ウィルゲートのエンジニアの認知度はそれほど高くはありません。技術広報を通じてウィルゲートのエンジニアの活動を知ってもらい、それと同時にウィルゲートのエンジニアとして働くことの魅力も伝えていきたいと考えています。ウィルゲートのエンジニア部門のことを魅力的に思ってくれる人を増やすことで、技術的に優れている人がウィルゲートに入ってきます。技術広報に力を入れることでウィルゲート全体の技術力を向上させ、より強い組織を作っていくという良いサイクルを作っていきたいです。

▼過去のインタビュー記事はこちら


いかがでしたか?
ウィルゲートで働くメンバーは、それぞれ自分自身の『will』を掲げています。お互いの『will』を共有しあうことで、実現に向けてサポートしあったり、挑戦へのきっかけが生まれたりしています。

開発室内では、LT(ライトニングトーク)会や輪読会を定期的に開催したり、ペア・モブプログラミングやエンジニア同士が互いに成長を応援しあう取り組みを実施したりしています。また、週3リモート・週2オフィスのハイブリットワークやフレックス制度など、柔軟な働き方も支援しています。

『will』を尊重し合う風土に共感してくださった方は、ぜひ一度採用情報を覗いてみてくださいね!
今後もウィルゲートで働くメンバーの『will』をご紹介していきますので、どうぞお楽しみに!

(取材・文/小町 撮影・編集/柳)

▼ウィルゲートが大切にしている価値観、事業、働く環境はこちら

▼エンジニア・コンサルなど一緒に働く仲間を募集中

株式会社ウィルゲート's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社ウィルゲート
If this story triggered your interest, have a chat with the team?