1
/
5

経験やビジネスプランは不問、熱意と人柄で未来の社長を発掘!「CEOオーディション」に迫る|Team Energy株式会社 取締役CPO 金田 隼人

世の中に1000人の社長と事業を生みだすことをめざすTeam Energy株式会社。

Team Energyでは未来の社長を発掘するため、Wantedly上で社長候補を募集するほかにも、様々な企画やイベントを行っています。

その中でも、一般社団法人日本CEO協会が主運営を行い、Team Energyが共催する形で力を入れている取り組みが「CEOオーディション」。「CEOオーディション」とは、「年齢や経験、ビジネスプランは問わず、社長となり事業を行う熱意のある人を発掘するオーディション」です。

その発案者であり、総合プロデューサーと日本CEO協会理事を務める、Team Energy株式会社 取締役CPO(Chief Produce Officer / 最高プロデュース責任者)の金田 隼人に「CEOオーディション」の特徴や今後の展望について詳しく語ってもらいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[取材・執筆・校正]株式会社ストーリーテラーズ 平澤 歩

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


かねてから思い描いていた「CEOオーディション」

私はもともと、Team Energyに参画する前から「自らの思いを実現するための事業を創り、社長となる人をたくさん生み出したい」と考えていました。そのビジョンを実現するために、自ら会社を設立したり、様々な事業や企画に参画したりしていました。

その中の1つの取り組みとして、かねてから行いたいと思案していたのが「起業し、事業を立ち上げたい人を発掘するオーディション」です。

「私一人の力でそのようなオーディションを実行することは難しい」と悩んでいた矢先、とある縁で出会ったTeam Energyの「世の中に100人、1000人の社長と事業を生みだす」というビジョンを見て、「Team Energyであれば、この企画に共感してくれるのではないか」と考えました。

そこでTeam Energy創業者の中村 誠司に提案し、その提案をきっかけに私はTeam Energyに参画。そして、中村やTeam Energyの協力のもと、「CEOオーディション」という形で実行することとなりました。


挑戦者の熱意や人柄を審査するのが「CEOオーディション」

初のCEOオーディションは2022年9月に開催しました。

企画当初は、当時数多く開催されていたビジネスコンテストのように、優れたビジネスプランを発表した挑戦者に賞金を授与し、会社を設立して社長になるまでをサポートするようなオーディションを行おうと考えていました。

しかし、Team Energyについて知れば知るほど、「大事なのはビジネスプランではなく、社長という存在自体だ」という思いが強くなり、CEOになりたいという熱い思いを持った人を幅広く発掘するオーディションを行うことに決定。

こうした背景から、CEOオーディションへの応募要件は「年齢・経験不問」「ビジネスプラン不要」としています。

「社長として世の中に貢献したいけれど、よいビジネスプランが思い浮かばない」「一度起業に挑戦したものの、挫折してしまった」「現在、個人事業主として活動しており、事業化してもっと成長させたい」など、熱意はあるものの、様々な理由で一人ではなかなか起業できない人すべてが対象となっているのが特長です。


「CEOオーディション」の流れ

初のCEOオーディションには、様々な年齢・性別・居住地の方約700名がご応募くださいました!
そして、3回の審査を経て、68名の方がオーディション合格。

審査で最も重視している点は、「どんな困難があろうと、社長として事業への努力を続ける強い熱意があるかどうか」です。「世の中を自分の事業の力でよくしていきたい」「自分の強みを活かして、社会に貢献したい」などという強い気持ちがあり、事業がうまくいかないときも情熱を貫き通す覚悟があるかどうかを見ています。

このようにして選ばれた合格者は、チャレンジステージという最終ステージにて、プロデューサー(審査員)に自己アピールのプレゼンテーションを行います。それを受けて、プロデューサーは合格者たちに、その人の人柄や長所が引き出せるような質疑応答を行います。

このようにして合格者の人となりを理解し、「この人と一緒に事業を行ってみたい!」「この人が社長になったら応援したい!」とプロデューサーが思った合格者とそのプロデューサーをマッチングさせ、最終的にはその合格者が社長となり事業を行うサポートをします。

なお、CEOオーディションは多くの熱意ある社長を生み出すことが目的であるため、合格者数に上限・下限はありません。社長として輝くことのできる可能性を秘めていると判断した挑戦者全員を合格としています。

そして、CEOオーディションは合格者だけでなく、挑戦者全員にとって有意義な場であると私たちは考えています。オーディションへの参加を通して、自分が今後取り組んでいきたいテーマや自分の特性を発見できたり、志をもった仲間を作ることができたりと、一歩踏み出したからこそ得られる価値があるのです。


ますます広がりを見せる「CEOオーディション」

私たちは現在、様々なテーマのCEOオーディションを行っています。

その1つに、宮崎県延岡市にて開催した「CEO オーディション ~延岡の社長プロデュース~」があります。

延岡市役所をはじめとする延岡市の企業・団体のご協力のもと、延岡市で社長となる熱意のある方を発掘するオーディションを行いました。

「延岡市のために自分の経験を活かしたい」「地元である延岡市にビジネスで還元したい」という思いを持った方が約30名エントリーされ、大きな盛り上がりを見せました。

このような特定の地域でのCEOオーディション開催について、今後も様々な地域で行っていきたいと考えています。

私たちとしては、全国から社長となる人を発掘することができ、ビジョンに近づくことができる。そして、オーディションを開催した地域の立場からすると、起業する人がUターンやIターンでその地域に住むことで人口が増えたり、新たな会社が設立されることで雇用が生み出されたりと、双方に大きなメリットがあります。

そのほかにも現在、「CEOオーディション - NEXTユニコーン -」を開催しています。

地球規模の社会課題を解決する会社の起業を志す挑戦者を発掘し、新たなユニコーン企業の創出することをめざしたCEOオーディションとなっています。

審査員はTeam Energy Sustainable株式会社 代表取締役 中村 誠司と、株式会社TBM 代表取締役 CEO(最高経営責任者)山﨑 敦義 氏をはじめ、まさに地球規模の社会課題に挑戦している経営者陣が行います。

「CEOオーディション - NEXTユニコーン -」のオーディションや審査の様子については、テレビ東京の経済動画配信サービス「テレ東BIZ」でスポンサードコンテンツとして配信されるほか、「テレ東BIZ」の公式サイトやYouTubeチャンネル、「テレ東BIZ」会員のメールマガジン、SNSなどで、募集告知動画と合わせて2024年5月3日(金)から順次配信されています。ご興味のある方はぜひご覧ください。

また、「CEOオーディション - NEXTユニコーン -」は2024年5月31日(金)までエントリーを受け付けておりますので、ご興味と熱意のある方はぜひご応募ください!


Team Energyは、今後も様々なテーマやカテゴリーのCEOオーディションの開催や、Wantedlyでの社長候補の募集などを精力的に行っていきます。そして、自分の思いを実現して輝くために、社長というキャリアを歩む人を一人でも多く増やしていきます。

「社長になって世の中に価値を届けたい!」「自分の個性を活かして社長になりたい!」という熱意のある方、ぜひ私たちの仲間になりませんか?

Team Energy株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from Team Energy株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?