1
/
5

代表取締役社長 田中が語る「経営者としての心構え」

先日Team Energy株式会社では、弊社代表取締役社長 田中 正(たなか ただし)から弊社グループ会社の社長陣に向けて、「経営者としての心構え」についての講義が行われました。

数々の組織で代表や役員を務めてきた田中が考える「経営者としての心構え」について、講義内容を皆様にもお伝えさせていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【インタビュアー/ライター】
株式会社ストーリーテラーズ
ストーリーライター 平澤 歩
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

田中の考える「経営者としての心構え」として大切な要素は「人材」「和」「理念」の3つです。それぞれがなぜ重要であり、どのような意識が必要なのか、詳しく掘り下げていきましょう。

人材

会社は、資金だけ豊富にあっても、人材の成長がなければ大きな成長は難しいものです。昨今は投資家たちも「この会社はどれだけ人材育成に投資を行っているか」にますます重きを置いていることもあり、経営者は「人材育成に投資する」という意識を持つことが非常に重要です。

この「投資」とは、多大な資金を投じないといけない、という意味ではありません。社員と個別に向き合う時間を作る、社員に事業理解を深めるような勉強会を実施する、社員にこれからの業務に役立つ経験をさせる、といったことも人材育成への投資です。

会社が発展するためには、何よりも人が資本ということを常に意識しましょう。

どれほど優秀な人材が集まっていても、お互いを信頼しあい、一体感がなければ、よいパフォーマンスを生み出すことはできず、組織としての成功は困難になります。

スポーツを思い浮かべるとわかりやすいですが、チームメンバー全員が「絶対に勝つぞ!」とやる気がみなぎっているからこそ一体感が生まれ、最高のチームプレーを発揮することができるのです。それと同様に、会社が一丸となって高い士気を持つことが、成功を収めるカギとなります

社長と社員、そして社員どうしの「和」を生み出すためには、日頃のコミュニケーションが重要です。特に経営者がコミュニケーションにおいて心がけるべき点は2点あります。

まず、「社員にあいさつすること」です。「何を当たり前のことを言ってるんだ?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ともすると社員とコミュニケーションを取る機会がなかなか持てない社長が個々の社員と信頼関係を築くには、あいさつは非常に大切な

コミュニケーション手段です。社長と社員という立場上の関係以前に、人と人としてあいさつは基本の行為であり、その積み重ねが日々の円滑なコミュニケーションに繋がるのです。

次に「社員を責めないこと」です。社員が期待通りに成果が出せなかったとしても、社長が社員を責めるような風土では、組織は大きく育ちません。社長が持つ人としての器以上に会社が成長することはないのです。謙虚で人として大きな器を持っている社長は、周囲から本当に実力のある経営者として認められ、そのような経営者の下には優秀な社員が育ちます。

このように、社長と社員、社員同士、全体が信頼しあい、一体感のある組織づくりを心がけましょう。

理念

「理念」は言うならば、会社の血やDNAといった会社の根幹を成すものです。その会社が存在する意義や目的を表し、経営者や時代が変わろうとも、将来に渡り不変に引き継がれるものです。会社が大きな判断を下す場面で、意思決定に迷った際に、その判断の基準となるもの「理念」です。

長く続く会社にするためには、経営者の人柄に社員が集まってくるような組織は理想的ではありません。その経営者が退任したり、亡くなったりした場合、指針を見失って組織が崩壊してしまうおそれがあるからです。

しかし、「理念」という経営者の意思や考えのこもった指針であれば、後世に脈々と引き継ぐことができます。したがって、「経営者に共感した人々が集まる組織」ではなく、「理念や考え方に共感した人々が集まる組織」を目指すべきなのです

そして、事業が軌道に乗り、社員の数が増えていくと、経営者のパワーだけで舵取りを行なうことは不可能になります。会社規模が大きくなってから、会社全体を同じ方向に向かせるために理念を浸透させようとしても、手遅れとなってしまいます。会社規模が小さな時から理念への意識を徹底し、事業規模が変化しても自然と受け継がれていく状態を築く必要があるのです。



「経営者としての心構え」、いかがでしたでしょうか。

Team Energyのグループ会社の社長たちは、ママ、学生、異業種の事業を起業した人、一度起業に挫折した人など、年齢や職歴、経歴が多種多様です。「熱意と信念があれば、特別に秀でた才能がなくとも、人は誰でも社長になれる」というTeam Energyのビジョンをまさに体現しています。

そんな個性あふれる社長たちは、弊社社長の田中をはじめ、創業者の中村誠司やそのほかの顧問陣から、今回のように経営者として必要なマインドや知識を教わったり、教育プログラム「Team Energy Academia」で講義を受けたりし、一人前の経営者に成長すべく日々切磋琢磨しています。

そんな社長たちと一緒に学びながら成長を目指してくれる、未来の社長をお待ちしております!


Team Energy株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from Team Energy株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?