1
/
5

【代表ブログ】チームビルディングスの考える「いい園」とは?〜共通の判断軸があると、チームはまとまりやすい〜

はじめまして!

チームビルディングス代表の 中島 昭聡(なかしま あきとし)と申します。

僕たち、チームビルディングス株式会社は「いい園を増やす」をミッションに掲げ、幼保業界(保育園・幼稚園・こども園)を専門に、いい園づくりのパートナーとして、法人の理念や想いの明確化、社内浸透までワンストップで行う組織開発支援=園の「チームづくり」の支援をしています。


↑左から2番目が僕です!

僕らのように、幼保園に特化してチームづくりの支援をする会社は珍しく、きっとこのストーリーを読んでくれているみなさまも、初めて出会ったのではないかと思います。

市場もまだまだ未開拓な領域なので、どんなことをしているのかイメージが沸かない方もいらっしゃるかと思い、今日は僕らが考える「いい園」がどんな園なのか?実際にどんな取り組みを行って「いい園」を増やそうとしているのか?をご紹介します。

チームビルディングスが考える「いい園」とは?

僕らは創業時から保育業界専門にチームづくりのご支援をしており、「いい園」の定義を下記のように定めています。


いい園とは、「自法人の大切にしている価値観の共有度が高く、心理的安全性の高い園」
(ここで言う価値観とは、「経営理念や保育理念、保育方針、行動指針」のことを指します。)



今日はその定義の1つの軸の「価値観の共有度」の話をします。

園でよく起きるコミュニケーションのエラーのひとつに「保育観の違いからくる関わり方のズレ」あります。例えば、


「滑り台で逆さのぼりをしていいかどうか」

「人がいなければいいんじゃないか?」という人もいれば、
「滑るものなんだからダメだ」という人もいると思います。

私が思うに、保育観には正解・不正解はありませんが、自分の保育観があたかも「正解」と捉えてしまい、それを押しつけてしまい、衝突や陰の対立(本人には言えないけど、他の人に愚痴る)に繋がっていくケースをよく見てきました。

共通の判断軸があると、チームはまとまりやすい

こういった場合に大切なのが、「園としては、どうなのか?」です。どこの園にも理念があると思います。例えば、


保育理念:「子どもをまんなかに考える」


そのために、どのようなことを大切にするのか?が保育方針や保育をする上でのスタンス(心構えや姿勢)です。


  • 1人ひとりの個性を大切にする。
  • 子どもたちの「やりたい」を叶える。
  • どうすれば、できるのか?を一緒に考える。

上記のように明文化されていると、「具体的に日常の保育」ではどのように立ち振る舞ったら良いのか?が見えやすくなります。

逆にこれらがあっても、日常的に「自分たちの保育は理念や方針に沿っているのか?」を照らし合わせる(ふりかえる)仕組みがないと、絵に描いた餅状態になります。


よくあるのが「他の法人から転職してきた声の大きい人」や「職歴が長い人」がスタンダードとなり、園が本来大切にしたい保育とはかけ離れていっているケースです。

こう言った時に大切なのが、僕が言うには職員会議やクラス会議、行事終わりにふりかえれるような仕組みにしておくことと、仕事をする上での職員同士のスタンス(姿勢・心構え)も作っておくことです。

問題が起きたら、当事者同士で本音で話し合う。(陰口を言わない)
常に理念とスタンスをもとに考える。


職員同士のスタンスを作っておくことで、よりまとまりやすくなります。

だからこそ僕らは園の共通の判断軸を作り、それを浸透させる

僕らが園の価値観を明文化するためのご支援をする際は、5つの枠組み(保育観、保護者観、職員観、地域観、組織観)で考えていただいてます。

参考までに、僕らがお客様と一緒に考えている問いの一例を紹介します。
(こうした問いを経営者とのインタビューや幹部職員とのワークショップで深めていきます。)

  • 自園では、「子ども」をどんな存在として考えていますか?(保育観)
  • 保護者にとって、どんな存在でありたいと思っていますか?(保護者観)
  • 「うちの保育園らしい」「理想の」職員を想像した上で、
  • 共通する行動や言動はどんなことがありますか?(職員観)
  • 地域の中で、自園はどのような存在でありたいですか?(地域観)
  • 自園の存在意義、使命は何ですか?今後、社会にとってどのような存在になりたいですか?(組織観)



これらの問いに答えていただくことで、大切にしている想いや考えの解像度が上がっていきます。
そうして、明文化できた価値観をもとに、経営層(本部)、園長や主任とともに、定例で振り返りを行い、課題や問題の棚卸して、次のアクションにつなげています。

このような取り組みで、日本全国に1つでも多くの「いい園を増やす」ことが僕らのミッションです。

▼園の価値観を再定義するブランドビルディング会議の動画
https://youtu.be/BNmXxafcDfg

最後に

僕たちチームビルディングスは、保育園・幼稚園・こども園を中心に「困ったときに相談していただける、チームづくりのパートナーでありたい」という想いで、仕事をしています。あくまでも黒子的な存在ではありますが、関わった職員のみなさまが変化していく姿や喜んでくださる姿を見ると、「やっててよかった」と心から思います。

そして、現在はさらに事業を拡大するために、

●組織開発支援担当
幼保園での会議や話し合いのファシリテーション、研修やワークショップの企画・運営を担当するメンバー

●ブランディングデザイナー
価値観のヒアリング、ロゴやクレドカード、ポリシーブック等のデザイン、コピーライティング・納品までのディレクションをするメンバー

を募集中です。

講師やファシリテーターとして経験を積んでこられた方、ブランディング会社でデザイン経験を積んでこられた方、まだ経験値は浅いけどこれからやっていきたい方も大歓迎です。
僕らの想いに興味を持ってくださった方は、お気軽にご連絡ください!


チームビルディングス株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more