1
/
5

What we do

正社員メンバーは全部で6名。コーチ, 研修会社, キャリアカウンセラー, 人事 etc 様々なバックグラウンドのメンバーが活躍している。
「いい園」とは、自法人の大切にしている価値観の共有度が高く、その実現のために率直に言い合える関係性ができている園と定義している。
幼保業界(保育園・幼稚園・こども園)を専門に組織開発を行っています。 大きく分けて2つの事業があります。 ■ブランドビルディング =法人の理念や想いの明確化 ・園全体の考えや想いをまとめる、ヒアリング、ワークショップ実施 ・経営理念, ミッション, ビジョン, バリュー の言語化 ・言語化した理念などを広く広報するためのデザイン・クリエイティブ制作 ■チームビルディング =法人の理念や想いの社内浸透 経営層、園長や主任とともに、月1で課題や問題の棚卸して、園内のコミュニケーションを活発に、職員同士の結束を高め、強い園づくりを行います。 ※私たちが考える「いい園」とは、自法人の大切にする価値観への共有度が高く、心理的安全性が高い園です。

Why we do

【 MISSION 】 いい園を増やす。そして広める。
園の“らしさ”をみつけ、園として価値を高める、ブランドビルディング
【チームビルディングスが、日本中にある園のいい園づくりに貢献し、 子どもたちひとりひとりの可能性が溢れる社会のスタートラインを創る】 日本は世界にも稀に見る、超少子高齢社会。 出生率は5年連続で下回り続け、世界でもっとも若者が少ない国になりました。 日本の未来を作るのは私たち若者であることはもちろん、 "子どもたちの可能性を最大限発揮できる環境を作ること" が 超少子化社会、日本の可能性だと私たちは考えています。 幼保園はこれから「余る」時代になり、 単に子どもを預ける “機能” を求められるだけではなく、 その園に子どもを預ける “意味” を問われる時代になります。 そこでいう “預ける意味” こそが、 子どもたちの可能性を存分に引き出せる園であることです。 いい園を増やす。そして広める。 チームビルディングスは子どもたちひとりひとりの可能性が溢れる社会のスタートラインを創る、唯一無二のリーディングカンパニーになります。

How we do

2020年度、約1年間にわたりご導⼊いただいたグローバルキッズ⼤船園の先生方とのお写真。プロジェクトは基本的に1年単位で、月1以上訪問している。
チームビルディングスには直接的な競合がいない。理由の1つは幼保業界が“閉鎖的”で外部サービスを基本的に受付けにくい体質だから。その壁を崩してきたところも、組織の魅力。
現在、私たちは業務委託メンバーも合わせて12名の組織。 同領域の競合企業がいないこともあり、 いままではリファラルメインで採用活動を行なってきました。 そんな中、ここらからは「いい園を増やす」ため、本格的に組織。 今後は幼保業界の今後の動向を先取りする “新規サービス” もいくつかリリース予定です。 「1人1人の可能性が溢れる社会のスタートラインを創る」 私たちの想いにやりたいことが重なり、スキルや経験を活かせる方は大歓迎です。 少しでも興味がある方は、一度オフィスに遊びにきてみてください。 まずはありのままの私たちをお見せします。