1
/
5

〈22卒紹介〉「教育」を学び「共生社会」に向けた第一歩へ

●○●○ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは!スタートライン採用担当の篠原です!

桜が咲く2022年4月1日、当社も入社式を行い6人の新卒が入社しました。

この連載をスタートするにあたり私からのミッションはただ一つ「みんなの等身大の声でスタートラインの魅力を伝えてほしい」です。

5人が企画、制作、スケジュール、インタビュー全て行いました。様々な思いや考えを持った2022年新卒の記事となっています!

第4回目となる今回、記事を書いてくれたのはこの方です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー○●○●○

〈名前〉渡辺 彩花(わたなべ あやか)

〈出身〉東京都 他の人みたいに地元紹介ができない...笑 でも、新しいものが入ってきやすい環境の場所に住んでます!

〈大学・学部〉聖心女子大学 文学部 教育学科 教育学専攻

〈趣味・特技〉合唱!とりあえず、いつでも歌ってます!!ほかには大学駅伝を見ること♡

〈大事にしている言葉>無知であることを恥じず。無知に甘えるを恥じる。

⇒知らないことを恥ずかしいと思って、行動しないほうがもったいない。何でもとりあえずやってみようという精神を大事にしてます!

〈過去のエピソード〉私は幼稚園~中学校、大学と人生のほとんどを女子校で過ごしていました。要するに高校だけを共学で過ごすという、なかなかいない珍しいパターンの人間だと思います(笑)

昔から「学校の存在」や「学校制度」に興味があったのと、教育が人を良くも悪くも変えてしまうという「教育の可能性」に面白さを感じていました。そこで、大学では教育哲学を中心としながら「学校の存在の問い直し」をテーマに研究していました。

先ほども書きましたが、趣味は「合唱」です。幼少期から歌うことが大好きで、小学校1年から合唱をやっています!(でもカラオケは苦手...)つい最近までメディアや舞台での活動を中心とした大規模な合唱団に所属していたので、テレビや舞台に出演するなど人前に出ることが多かったです。

写真は2019年のラグビーW杯開会式に出たときの写真です!


学校を休まないといけなかったり、本番と学校の定期試験が被るということがよくありました。だからこそ、自分がやるべきタスクでの時間の使い方はめちゃくちゃ得意だと自負してます!

よく、友達にも「彩花だけ1日48時間で生活してる?」って聞かれるくらいです(笑)

もしもスケジュール管理等で困ったことあれば、私が極意をお伝えしますので、ぜひ聞いてみてください!

スタートラインを見つけるまでの就活状況は?

実は私は一時期学校へ行けなかった時期がありました。「みんなは学校に適応できているのに、なぜ自分は適応できないのか」と凄く悩んでいたのを鮮明に覚えてます。

そういった時期を経験したことがある自分だからこそ、できることがあるのではないかと考えるようになり、私の大きな夢として「平等な社会になるために働きたい」と思うようになりました。

その根底には「社会課題の解決」という想いがあったのではないかと今振り返ってみると感じます。その後、「平等な社会」という言葉と自己分析を重ねた結果、「共生社会」というワードが出てきたので、そこから「共生社会」をテーマにしながら就職活動をしていました。

テーマは持っていましたが、スタートラインに出会うまでは「どうやって実現していきたいのか」が漠然としていたことを覚えています。

人材業界を中心に見ながら、商社、通信、ITなど幅広く業界を見て就職活動を行っていました。

スタートラインと出会う経緯

3年の11月頃は企業が集まるイベントにも参加していました。

そこでスタートラインと運命的な出会いをします!

私の場合、障害者雇用という言葉を知らずにスタートラインとオンラインイベントで出会いました。業種業界が異なる企業さんが複数いる中の1社がスタートラインで、人事の方から企業説明を聞きました。そこで初めて障害者雇用というワードを知ることになります。他にも「SDGs」のお話をされていたこと、当時の理念、「関わるすべての人に働く喜びを」という考え方に共感できる部分が多く、とても気になる企業になっていきました。

その後、再度スタートラインの人事の方とお話を聞く機会がありました。私が目指す「共生社会」が、スタートラインの想いや事業の話を通して少しずつ明確になっていき、自分にマッチした会社だと感じたので、スタートラインの選考を受けることを決めました。

このオンラインイベントに参加していなければスタートラインのことを知ることもなかったので、振り返るとこの日が私の運命の日だったなと感じています。

面接では私の話をよく聞いてくださった印象です。私は面接があまり得意ではなかったので、面接はとても心配でした。でもスタートラインの面接は、面接というよりも会話形式のコミュニケーションでした。

どの面接でもそうでしたが、スタートラインの社員さんは「渡辺さんの等身大の姿を見たい」とおっしゃってくださっていました!

そのため自分を着飾ったりすることなく、リラックスした状態で面接には臨むことができました。

また、面接前に面談の時間を設けてくださったり、興味のある職種の方を紹介してくださるなどの対応をしていただけます。私もその面談を通して働くイメージを持つことができたので、選考受ける際は採用担当の方に相談してみてください!

運命が決まった社長講和

他社の選考も落ち着き、スタートラインに内定承諾しようという気持ちに傾いていた時に、内定者に向けたイベントとして「社長講和」がありました。ここで私の運命が決まります(笑)

講和の中で社長がしきりに仰っていたのは「人と正面から向き合うことを大事にしていきたい」ということでした。

これはまさに私が人生をかけてやりたかったこと!

この社長講和がきっかけに「この会社で働きたい、ここで共生社会のための第一歩を築いていこう」と決心し、内定承諾をしました。

就職活動中の皆さんへ

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!!最後に皆さんに、ある言葉をお伝えしますね。

「鳥が選んだ枝、枝が待っていた鳥」

これは陶芸家である河井寛次郎さんの言葉で、私の好きな言葉の一つです。

これは就職活動でも言えることなのかなって個人的には思っています!

出会いのタイミングは人それぞれですが、もしかしたら、この記事にたどり着いた皆さんが「鳥」であり、この記事を作成して皆さんを待っていたスタートラインが「枝」なのかもしれません!!

このご縁が今後の一生を繋ぐと思いますので、少しでも興味あるなと思った方はお問い合わせください!お待ちしてます!

22卒メンバーからの印象

◆遠藤乙葉

時間管理の天才、そしてストイック!

→あれ!渡辺さんもう原稿終わってる?!ってぐらいスケジュール管理が完璧。きっと自分に厳しく相手に優しくするタイプの人なのかなと思います。何事も妥協せずに最後までやり切っているのがすごい。

◆小川晶子

第一印象は、しっかり者で真面目そう!と思っていましたが、その通りでした。ミーティングで抜けているところを常に指摘してくれたり、話が上手なので自分たちに今何が不足しているかが一発でわかります!時間管理の講習よろしくお願いします!

◆椎名佑太

前世の職業は凄腕の秘書?

何度も確認不足や漏れがないか確認したけど見落としてるモノを拾い上げてくれる千里眼の持ち主です!!!何回も繰り返し確認してもやってしまう見落としを、意図も容易く拾い上げてくれます。本当に凄いです!

◆三國史佳

時間管理能力が高く、原稿を書き上げるのが1番早くて驚きました。また、渡辺さんは自身の原稿への感想コメントにすべて返信されていてマメさにも驚きました。そのような努力で形成されたであろう歌声をいつか聴いてみたいです笑

篠原さんからひとこと

凛としている人だな、と思ったのが第一印象。内定から今に至るまで、面接時では見えなかった様々な渡辺さんの姿を見てきましたが、第一印象で抱いた印象は今でも変わっていないです。相手に緊張感を持たせないオーラを持ちながら、任された仕事をきっちりこなしていく渡辺さん!今後にとても期待です!

株式会社スタートライン's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings