1
/
5

【Q&A】インターンシップで学生からきた質問に答えます~新規事業開発編~

先日、インターンシップについて公開しましたが、当日の後半パートでは多くの学生から質問をいただきました。
本日は時間内に回答しきれなかった質問を後日、社員にインタビューしましたのでレポート形式でご紹介していきたいと思います。

インターンの本編を記事化したものはこちら
【会社説明会レポート】新規事業の立ち上げやサービス開発をしているメンバーが大切にしていること
https://www.wantedly.com/companies/spicebox/post_articles/357837

秋山さんに聞きました

年間のデジタルマーケティングプロデューサーの経験を経て、2018年に人事向けに採用コミュニケーション事業部を立ち上げ。SNS起点の採用ソリューションを開発し、企業のオンライン採用やDXを支援。働き方や価値観の多様化に合わせて、企業の採用活動が進化できるよう独自のソーシャルリスニングツールである『THINK』を活用して、Z世代やSNS世代に刺さる採用コミュニケーションの立案や実行などのサポートを行う。
大学生時代にストリートダンスに出会い、休日はイベントに出演することも。

Q1.学生時代何を1番していましたか?

ダンスとスノーボードとサーフィンと海外旅行。あとはアルバイトを4つくらい経験しました。何をやったか?も大事ですが、その活動の中で自分がオリジナルと言えることは何か?独自のスタイルや経験を大事にしていました。

Q2.新卒社員も活躍できる場は多いでしょうか?

一概に全員が活躍できるかは分からないですが、社員数やカルチャーの観点から、活躍しやすい環境だとは思います。現に僕は入社1,2年目から営業成績が良かったこともあり、社内でもトップクラスのインセンティブを1年目に貰いました。

Q3.広告代理店で働くにあたって、入社前に必要なスキルやあったら良いスキルなどはありますか?

広告代理店だから、というスキルは特に無いと思います。

Q4.学生のうちに必要な技術はありますか?

新卒からスキルがあると待遇が異なる採用も最近は増えてきているので、エンジニアやデータサイエンティスト、クリエイターなどを目指すのであれば、時間がある大学生のうちにスキルを磨くのも良いと思います。僕は特に技術系の仕事に興味はなかったので、スキルや技術というよりも、自分にしか出来ない経験やオリジナルを磨いていました。

Q5.入社して様々な経験をしてきたと思いますが、最初につまずいた、挫折した経験などがあれば教えて頂きたいです。

当時行っていたテレアポ(電話営業)でなかなか商談の機会が得られなかったこと。

Q6.スパイスボックスでやりがいを感じた瞬間を教えてほしいです。

入社2年目に予算1億円の案件を受注したこと。
自分で事業を始めて、それが採用や人事担当の人の支援になったこと。

Q7.チームで仕事に取り組むときの自分の役割は何だと思いますか?

圧倒的な成果を出すことと、みんながポジティブになれる未来をつくること。

Q8.今後の事業において具体的な目標はありますか?

多くの企業のHR(採用や働き方)を良い方向に変革するために、1社でも多くの企業と成功事例を増やすこと。

遠藤さんに聞きました

マーケティング市場の調査を担う。子会社設立時の価値算出や成長戦略を通して、会社の未来を予測し設計も。また、ソーシャル上に存在するブランドのファン分析から、よりよいブランド創りができるよう支援を行う新規事業にも従事。

Q1.会社の雰囲気はどんな感じでしょうか

結果が残せればいくらでも好きな働き方ができる環境です!

Q2.学生のうちに必要な技術はありますか?

どの分野でも統計学は生きてくるので学ぶと良いかもです。あとは学生のうちの強みとして、有名人や著名人、有名な会社などに学生の特権を使ってガンガンアポイントを取って社会人になってからではできない経験を会得するのがいいと思います。最近だとhttps://meety.net/とかもあるので活用してみてください。

Q3.広告業界で役立つようなオススメの本はありますか?

強いていうのであれば「左利きのエレン」(集英社)ってマンガですかね?自分のスキルや興味関心分野にあった書籍を読むことが大切だと思います

Q4.データサイエンスが役立つ機会はありますか?

僕自身が事業を行う上でファクトドリブン、データドリブンな考えで全ての意思決定をデータに基づいて決定しています。データをどう解析し読み解くのかにデータサイエンスは常に役に立っていると思います。

Q5.アイデアを考えるうえで大切にしていることはなんですか?

「千の備えで一使えれば上等、死なないために死ぬほど準備」するということを大切にしています。

Q6.チームで仕事に取り組むときの自分の役割は何だと思いますか?

チームの人が出来ないことをやる役割。

Q7.どのような人と一緒に働きたいですか?どのような人たちが集まっていますか?

夢と信念と覚悟を持っている人と働きたいです。それらを持っている人が多く集まっています。

副社長の森竹さんに聞きました

プロデューサーとして10年間、主に大手自動車メーカー、食品メーカー、ゲーム会社等、業種/業界を問わず、これまで100社以上のクライアントのデジタルマーケティングを支援。2016年以降は、ソーシャルメディアを中心に「共感」と「話題」を生む「エンゲージメント・コミュニケーション」事業の開発に注力。企業と生活者の関係性を高め、マーケティングを進化させることをミッションとして活動。

Q1.博報堂や他グループ会社との関り方を具体的に教えていただきたいです。

博報堂グループのクライアントに対しては、博報堂の営業からのオファーに対して当社の専門性を活かして一緒になって対応することもあります。(当社のクライアントの約半数は博報堂クライアント、残り半分は独自のクライアントです。)
また、博報堂グループには当社だけでなく、様々な専門性をもった会社があるのでグループ各社の強みを結集して対応することもあります。

博報堂との違いについては、博報堂は「総合代理店」。当社は「SNSマーケに専門性を持った代理店」と捉えていただくと分かりやすいと思います。

Q2.PR会社との違いも教えていただけると嬉しいです。

当社の特徴はPR会社とデジタルマーケ系の会社をミックスしたような位置づけだと捉えていただくと分かりやすいです。ちょっと古いですが、メディアにはPaid(広告枠),Earned(独立して運用されているメディア),Shared(SNSなど拡散されるメディア),Owned(自社がコントロールするメディア)と4種類のメディアがあります。PR会社は主にEarnedメディアやSharedメディアを活用することが多く、デジタルマーケ会社は逆にPaidメディアやOwnedメディアを活用することが多いです。当社はエンゲージメント・コミュニケーションを標榜しており 、有効であればPaid,Earned,Shared,Ownedメディアすべてを活用しています。

Q3.企画までの流れのどの時点でエンゲージメントのデータを利用しているのでしょうか?

何をするにも、まずはマーケティングの対象となる生活者が求めていることを知ることがファーストステップになるので、プロジェクトの初期フェーズでデータを活用します。「誰に」「何を」伝えるのか?方向性を定めたら、その後は具体的なプランに移ります。

Q4.現在、価値観マーケティングを学んでいます。価値観は変化しにくいため、生活者のインサイトの軸を知るための大きな要因として、価値共創に役立つと考えた為です。皆様が生活者を探る際、一番重視しているポイントを教えていただきたいです。

一番重視しているのは、情報は膨大に存在するので、いかに最小限の情報で最大の成果を得られるか? です。お題となる商品と、接着できるお客様とはどんな生活者か? 特徴を必要最小限に捉えられればOK。具体的には何に興味があるか?どのような人に影響されるか? それらが分かればマーケティング戦略は前に進められます。生活者を解剖して理解し尽くすことが目的ではなく、マーケティングに活かすことが目的なので。

Q5.会社説明のパートの中で、近年広告が邪魔だと感じている人が多い中で、「広告を必要としている人に適切に届ける必要がある」というお話がありました。その場合、ますますフィルターバブル化が進み、既に興味を持っている人には有効である一方で、その分野に興味のないいわゆる新規顧客の発展には繋がりにくいのではないかと思いました。例えばある商品の広告において、既存のユーザー以外をターゲットとした場合(新規の顧客獲得を目的として打ち出す広告)どのようにすれば嫌がられずに適切な形で興味を持ってもらえるのでしょうか?

必要としていない人に、商品紹介をいくらしても聞く耳は持ってもらえないと思います。やっぱり必要ないので。やりすぎると嫌われます。そういう相手にも興味をもってもらうには、商品紹介ばかりに固執するのでなく、焦点を少しズラし、その人がもともと注目している事柄、共感する考えを話題にすると興味を持ってもらえると思います。新規の顧客獲得を目的とする場合は、このように中間テーマを加味した内容が大事になります。

Q6.コロナの影響はなにかございましたか?

ありました。一般生活者を対象としたメーカーさんがクライアントに多いので、消費傾向の変化は大きく影響します。

Q7.入社して様々な経験をしてきたと思いますが、最初につまずいた、挫折した経験などがあれば教えて頂きたいです。

現在、副社長兼カンパニー長(事業統括責任者)ですが、前任から引き継いだ直後は上手くリーダーシップが取れずつまずきました。

Q8.広告業界で役立つようなオススメの本はありますか?

広告の本ではありませんが、個人的に「WHYから始めよ!」(日本経済新聞出版)が好きでよくみなさんにオススメしています。

Q9.どのような社員が活躍しているか、仕事を通してある程度目の当たりにしてきていると考えられますが、御社で働く上で重要な資質やポイントとは何ですか?

責任を持てること。素直になれること。仲間を大切にすること。

Q10.どの様な人材が企業にあっていて、一緒に働きたいと思いますか?

責任を持てること。素直になれること。仲間を大切にすること。
(すいません、Q9と一緒です)

Q11. 採用の際に重視していることや、求める人物像はありますか?

当社のカルチャーにあっているか?=当社で活躍できそうかどうか。
(Q9と10の要素と一緒です)
正解のない未来を切り拓く上で、当社の新たな力になってくれる独自の強みがあるか。

Q12.皆さん共通で大事にされている価値観はありますでしょうか?

多様性を愛する、本質思考、フェアネス、やってみる精神

Q13.御社の弱みとこれからの社会の見通しがあれば知りたいです。

社会の空気を読むことが多いのもあり、柔軟性がありすぎる。翻って、信念をもってコツコツやり続けられないことが多々ありそのあたりが弱み。
これからの社会において、人々の買い物は「簡略化・自動化」と「探す過程を楽しむ」の二極化が進むと見ています。エンゲージメント・コミュニケーションは後者の「探す過程を楽しむ」行動をより豊かに幸せにしていけるように発展していきたいと思っています。"

Q14.もし、自分が生まれ変わって就活をやり直すとしてもスパイスボックスを選びますか?

選びます。転職組ですけど。たぶん転職でたどり着くと思う。

質問への回答は以上となります。
皆様がスパイスボックスについて考える際の参考になれば幸いです。

株式会社スパイスボックス's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more