Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

『THINK』コンテンツプランナー
デジタル×ファッションWeb Magazine『DiFa』
2003年、デジタル広告の黎明期にデジタルエージェンシーとして創業したスパイスボックス。私たちは、いち早くデジタル・コミュニケーションの可能性を信じ、自分たちの手で道を切り拓いて来た会社です。これまで、日本を代表するさまざまな大手企業のブランディング、プロモーション施策を手がけてきました。 現在、私たちが事業の中心にしているのは、SNSなどのソーシャルメディアを通じて生活者に企業やブランドへの好意や共感を生む広告コミュニケーション「エンゲージメント・コミュニケーション」。ソーシャルメディア時代に強く求められる、広告コミュニケーション手法にオリジナルの強みを持つ会社です。 「エンゲージメント」とは、いいね!やリツイート、シェアなどSNSを含むソーシャルメディア上で発生する生活者の能動的なアクションのこと。より高いエンゲージメントを獲得する広告コミュニケーションをいかに生み出すか、その「戦略立案」から「クリエイティブ制作」、メディアへの「ディストリビューション(情報流通)」、独自のソーシャルリスニングツールTHINKによる「効果検証」までをワンストップで行っています。 具体的には、以下のようなサービスを通して、私たちは新しい広告コミュニケーションの可能性に挑み続けています。 ●●自社サービス ・『THINK』 開発を進めている【AI】×【エンゲージメント・コミュニケーション】 プラットフォーム。人工知能でソーシャルメディア上からイシュー(社会課題など生活者の興味・関心)を捉え、コミュニケーション施策の根幹をプランニングする。 ・『BRAND SHARE』https://www.spicebox.co.jp/services/brand_share/ ブランド・エンゲージメント調査(SNS上の生活者の口コミ、行動の独自調査)・分析、クリエイティブ制作、メディアプロモート、独自システムによる効果計測をワンパッケージで提供するシェア拡散型コンテンツマーケティング支援サービス) ・『Brand Community』https://www.spicebox.co.jp/news/2018/05/brandcommunity/ ソーシャルトライブ調査(企業やブランドがコミュニティ形成をする際にアプローチすべき「トライブ」や「TOL」、企業、ブランドの「ファン」などをInstagram、Twitter上から発掘できる)を活用したインフルエンサーマーケティング支援 ●●自社メディア ・『DiFa』(デジタル×ファッション専門メディア)https://www.difa.me/ ●●事例 ・広告コミュニケーション施策事例 http://www.spicebox.co.jp/works/

Why we do

■私たちのミッションである、“Storytelling Update”を行うため 人が人に想いや考えを伝えるストーリーテリングは、ソーシャルメディアの出現によって、 かつてない影響力を持つようになりました。 ソーシャルコミュニケーションの時代に、何を、どう語るべきか。 先史から続く人間のコミュニケーションの本質を追求し、 今この瞬間に合わせてアップデートする。 それが、スパイスボックスの使命です。

How we do

■■スパイスボックスの代表的な職種 ・営業職(営業プロデューサー) クライアントと向き合い広告施策のプロデュースを担当 ・クリエイティブ職(映像ディレクター、アートディレクターなど ※適性に合わせて配属) 企業のブランディングに関わる映像、記事コンテンツなどのプランニング、制作、ディレクションなどを担当 ・アナリスト/サービス開発職 データ解析手法やソーシャルリスニング手法を用いた広告コミュニケーション施策の戦略立案、効果分析、PDCA運用を軸としたサービスの開発、または、「エンゲージメント・コミュニケーション」領域の新サービスの開発。 ■■働き方/チーム体制 プロジェクトごとに営業プロデューサーと各専門領域のスタッフがタッグを組み、大手企業のマーケティング、PR担当者様と向き合いながら各種広告コミュニケーション施策を提案、実施します。 ■■社風 【新規事業開発、新メディア立ち上げ…チャレンジによって自らキャリアを築ける環境】 スパイスボックスには、経営陣へのプレゼンを通してデジタル×ファッションに関する新規メディア(「DiFa」)を立ち上げた社員や、成果を出すことで入社2年目から新規事業の立ち上げを任されている社員がいます。自分の得意領域や今後能力を伸ばしたい領域の仕事を自ら創出できる風土があるからです。成果を出すことへの責任はともないますが、社員のチャレンジを大歓迎する社風です。 【goodcompany委員会】 スパイスボックスには、社内コミュニケーションの活性化を目的とした有志社員による組織「goodcompany委員会」(社内での愛称はグッカン)があります。月に1回、社内でご飯とおかずをふるまう「シロメシ」を行ったり、バレンタインに社員への感謝を示す企画としてチョコファウンテンを置いてみたり、社員のオススメ本が読める本棚「Spice Books Innovation」を作ったりと、さまざまな活動をして社内でワイワイ楽しんでします♪

Page top icon