1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

学び続けること、自分の市場価格をどんどん上げていきたい!【SAKURUG MEMBER INTERVIEW】

こんにちは!SAKURUG 広報担当の鈴木です!

ありがたいことに、社内コンテンツが増えてきています!!会社が成長し続けていることを実感しています!!どんどん社内の魅力を伝えられたらと思っています!

今回のMEMBERINTERVIEWは伴場さんにインタビューしました!

・今までの経歴

新卒でIT企業に入社。3ヶ月の研修後、大手損保会社の現場に配属され、COBOLにて開発をしていました。その後、大手生保会社の現場にてユーザーテストに従事しました。
もともと学生時代は金融業界を見ていましたが、IT業界で働いている先輩にお話を聞いているなかで興味を持ち、ITはいろんなところで間接的に関われるんだなというところに魅力を感じました。
それをきっかけにIT業界に進むことになりました。

・転職した理由

ユーザーテストなど、どう動いているか見てるだけであったり、ただ報告書類をExcelで作るだけなど事務的なことばかりで、今後スキルアップできる見込みがなく、上司に現場移動を申し出ましたがが受け入れてもらえず、転職を決意しました。


・入社を決めたきっかけ

もともとWEB制作に興味があり、未経験者でもWEB制作に関われるというところが決めてでした。
WEB制作未経験でも活躍されている方がいるという前例を見て面接させていただきましたが、フランクに好きなことや興味があることについてお話できたこと、
HPを拝見して「ベストベンチャー」を受賞していたり、成長し続けているところがいいなと思いました。

また、お話をしていて自分自身で色々できそうだなと思ったところも良かった点です。


・前職との業界ギャップ、職種ギャップ

前職は全体で1000人くらいで、配属も人数で決まるような形で、
決まったクライアントでやりたい仕事を希望通りに行くこと、もちろん仕事を選ぶことも出来ませんでした。ギャップとしては、現場や職務内容に関して自分に選ぶ権利があることです。
そのため、SAKURUGに入社する際に「どんな仕事をしてみたいですか?」という選択肢についてお話していただいたことが驚きでした。
職種のギャップは、COBOLのエンジニアでも新規でバリバリ開発をさせて貰えていることです。実は、WEBに興味があり入社したのですが、今も前職と同じCOBOLの職務を行っています。
しかし、今の現場では設計、開発、レビューだけでなく要件の検討、進捗管理、お客さんとのやり取りなどかなり幅広くやらせていただいています。
自分自身に決定権を与えて頂いて、頼りにしてもらえるようになっていることが嬉しいです。


・キャリアアップしたいところ

技術者としてより成長したいと思っています。開発をする中で分からない専門用語や初めて知る技術が沢山あります。
また、設計をする上で要件を理解することに苦戦しています。要件理解や技術者としての引き出しを増やしていきたいです。
今までは新規で作ることはなく決まったことだけをやっていたのですが、どうやるか考えより効率的に出来る方法を考えるのが楽しいです。
知らない技術を学べる環境で、こうやってみたらどうですか?と提案出来るのもやる気や成長に繋がります。管理職というよりは技術者として「伴場に聞けば分かるよ」というようになればいいなと思っています。
プライベートでも電車に乗りながら、これできてないなとかメモして会社で打ち込んでみるとか、これできてないなとか見つけていくのが今すごく楽しいです。


プライベートではセルフネイルを極めています♡・・・可愛い!

・学生時代打ち込んでいたこと

学生時代はアルバイトとゼミに打ち込んでいました。
ケーキ屋さんとおもちゃ屋さんでアルバイトをしていました。人と話すのが好きなのと、人の顔や特徴を覚えるのが得意なので、お客さんと仲良くなるタイプでした。
仲良くなるスキルは今の仕事にかなり活かせています。現場を移動するたびに新しい人と仕事をするので、相手がどのような人かを覚えるスキルは重要だと思います。
大学では経済やマーケティング論を学んでいました。中高生時代に「もしドラ」が流行ってて、経営ってなんでも使えると思ったことがきっかけです。
ゼミはマーケティング論のゼミに所属し、財務分析を行っていました。あらゆる企業の決算報告書をもとに利益率やキャッシュフローを見ていました。
ゼミ活動の影響で様々な会社の裏側を見てみたいという気持ちが強くなったのも、IT業界に入ったきっかけのひとつです。



・今後の展望

今後は技術者としてよりプロフェッショナルになっていきたいと思っています。
COBOLのエンジニアはどんどん減っているので、様々なCOBOLの現場を経験してCOBOLのことはなんでも聞いてくださいというような存在になれたらいいなと思っています。
また、WEB制作にも興味はあるので、WEB制作の勉強もしてCOBOLだけじゃない二刀流になって、世のニーズに答えられるようになること、
自分の市場価値を上げられたらいいなと思っています。

株式会社SAKURUG's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more