1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

ニューノーマル時代のNewワークスタイルを推進 ~全社員に「PA STYLE手当」支給開始~

こんにちは!プロパティエージェントの市川です。
当社は新型コロナウイルス感染拡大を受け、社員の安全確保および感染拡大防止の観点から在宅勤務と
オフィス勤務を併用し、出社比率を従前と比較して70%削減を続けています。
この状況に合わせて制度も改革し、通勤定期代の支給を廃止し、
「PA STYLE手当」の支給を開始いたしますので、その内容をお伝えします!

「PA STYLE手当」の概要

当社には、「PA STYLE」という当社の人事理念や人事ポリシー、当社社員としての行動規範(PA way)などを総称した当社独自の人財に関する考え方があります。今回の手当は、在宅勤務とオフィス勤務を併用している今の状況下でも、この「PA STYLE」を実現するために支給されるものです。

(1) PA STYLE費用一時金
  在宅勤務環境整備のため、デスクや椅子等の購入費用を会社負担として支給 (上限15,000円)
(2) PA STYLE手当
  在宅勤務時の光熱費、通信費等の費用、オフィス勤務時使用のマスクや消毒液の購入費用等として
  全社員一律4,000円/月を支給

在宅勤務の常態化と、上記二つの支給開始に伴い、
通勤定期券代の支給を廃止し、通勤交通費は実費での支給へ変更しました!

ー支給開始の背景ー

当社では中期ビジョン(収益不動産総合商社のリーディングカンパニー、利益創造力の最大化、
進化・変革とサステナビリティの共存)達成に向け日々の事業活動に邁進しています!
この中でも利益創造力の最大化(生産性の向上)と進化・変革とサステナビリティの共存という観点から、DX(デジタルトランスフォーメーション)を活用して、様々な働き方の変更に取り組んできました。

その最中、2020年4月に緊急事態宣言が発せられ、それ以降、当社では現在においても、
全社員の70%の在宅勤務を実行していますが、在宅勤務時の生産性について、
全社員を対象にアンケートを行ったところ、従前からのDXの取組の効果もあり、社員の81%が「在宅勤務下でも仕事の生産効率に変化がなかった」もしくは「非常に上がった」「上がった」と回答しました👏


当社では、このアンケート結果及びこの環境を機に、
働き方2.0に向けた更なる働き方の変更に取り組むべく、今後も出社比率を削減し、
在宅勤務とオフィス勤務の併用により、生産性を向上させる方針です。

一方で、在宅勤務併用においては、定期券購入が不要になることやデスクなどの設備不足による
身体への負担、在宅時間が増えることによる光熱費の増加等の社員の不安要素があります・・。
この要素を鑑み、より良い環境を整備し、社員の在宅勤務による生産性の向上と、
「PA STYLE」を実現するため、「PA STYLE手当」の支給を決定しました! 

ー現状維持は衰退と同じ!なのは事業だけでなく働き方もー  

在宅勤務・オフィス勤務の併用によって、それぞれのメリットを最大限に活かして
社員同士でシナジーを発揮し、プロパティエージェントはさらに成長していきます!
働き方についても、今回のような状況に合わせた変化はもちろん、今後も継続的に
ブラッシュアップし、より生産性を向上する働き方に進化し続けていきます。
これからの当社の変革にぜひご注目ください👀

プロパティエージェント株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more