Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「働く」というより、「やりたいことをやっている」という感覚!まちがっていなかったあのときの決断!

こんにちは!プログリット採用広報 Sakiです:)

今回は、株式会社プログリットで管理部マネージャーを務める、Kanaさんにインタビューを行いました!プログリットの創業当時を知るKanaさんに、会社の移り変わりについて伺いました。

-現在の仕事内容について教えて下さい。

現在、管理部マネージャーとして、経理・労務・総務・法務を管轄しています。経理は4,5名体制で毎月月次決算を5営業日で締めていて、労務と総務は1名+管理部のメンバーで分担しています。管理部は現在全員女性で、管理部のデスクの島はまさに華です!(笑)

管理部は仕事柄、表に出ることはなかなかありませんが、常に社員が働きやすい環境を作ることを心がけています!

-これまでのキャリアについて教えて下さい。

新卒で、ソニー・インタラクティブエンタテインメントに入社し、経理部で3年半の実務経験を積みました。ゲームと数字が好き!という理由で入社したものの、大手企業だったので狭い範囲を深く見る仕事だったんです。「会社全体が見たい」という気持ちと「自分の市場価値を高めたい」という気持ちがあり、中小の税理士法人に転職。複数の会社や経営者とつながる機会があり、大手企業の経理とのギャップを楽しみながら働いていました。

-プログリットと出会ったきっかけについて教えて下さい。

大学時代のアルバイト仲間だった社長の岡田に誘われ、入社しました。誘われたときは、税理士法人の中で会計税務を極めるか、事業会社の中で会計税務の領域で会社をつくる立場となるか、この2択でとても悩みました。

しかし、入社した今思うことは、あのときの決断は間違っていなかったということですね。

-創立当初のプログリットと今のプログリットを比較して思うことはありますか?

私が入社した頃は、創業からちょうど1年経過した時で、従業員数は20名ほどでした。それが今や150名なので、約7.5倍の人数になりました。その頃はまだ本社はなく、新橋校舎の会議室の片隅で作業していました。校舎は新橋と池袋の2校のみでしたが、今は全国に12校舎+本社です。従業員数や校舎が増えたことによって、一人ひとりと密に関わることは物理的に難しくなってしまったかもしれませんが、それによってコミュニケーションが取りづらいと感じたことは、全くありません。その理由は、同じようなマインドを持った人たちが集まっているからだと思います。会社の規模が大きくなっても身動きが取りやすいことが、とても魅力的だと今と昔を比較しても思います。

-社風が変わらないのは、なぜなんでしょうか?

社内で大切にしている5つのバリューとして「FIVE GRIT」というものがあります。社風が昔から変化していないのは、そのバリューに共感し、同じマインドを持った人たちが集まっているからだと思います。

私自身、5つの中の1つである「Appreciate Feedback」が一番気に入っています。以前は、何をするにも、他者からの意見を気にしてしまう場面がありました。しかし、プログリットにはこの「フィードバックに感謝する文化」が創業当初から根付いています。他者の意見に不安を持っていた私は、こうやってフィードバックという形で意見を返してもらえる環境が本当に居心地よく、「とりあえず行動してみよう」と思えるようになりました。

-スタートアップだからこそ、ここまで来るまでに苦労したことは何ですか?またどうやって乗り越えましたか?

仕組みやルール、マニュアルが何もなかったので、それをゼロから作るところが一番苦労しました。やり方や正解がわからない状況で何から手を付けていいのかわからなかったのですが、ひとつひとつ自分で意思決定し、丁寧に築き上げてきたからこそ、今があるのだと感じています。

もちろん、その過程で沢山失敗をしてきましたが、それに対して他の社員みんなが何かしらのフィードバックをくれるので、「次はこうしよう」と前向きに思えたことが、様々な苦労を乗り越えられた理由なのではないかと思います。

-プログリットの魅力はなんですか?

みんなが自ら「問題解決」に取り組み、会社をより良くしようとしているところです。

大きな企業で、変化を起こしづらい環境での経験があるからこそ、能動的に新しいことを実行し、上下関係なく会社を良くしようとしていることが、とても魅力に感じます。正しいやり方が決まっていたり、気難しい上司がいるわけでもない。自分たちの意思を常に受け入れてくれる環境があることは本当にプログリットの魅力だと思います。

-Kanaさんの将来の目標について教えて下さい。

現在、「働いている」という感覚よりも、「やりたいことをやっている」という感覚で働いています。

ライフステージによって、仕事にかけられる時間は限られてくるかもしれませんが、このプログリットで「やりたいことをやっている」時間をずっと続けていくことが目標ですね。

-プログリットに興味を持っている人にメッセージをお願いします!

この会社で学んだのは、やりたい!やるべき!と感じることは絶対にやったほうがいいということです。なにかをして、それに対するフィードバックを受けて、それを次に活かすことや次の行動を検討することは、やらなかった場合には想像もできなかった世界が広がっています。ぜひ一緒に最高の仕事をしましょう!

★総務ポジション募集中★

現在管理部では【総務】ポジションを募集しています!下記URLから詳細をご確認下さい!

https://www.wantedly.com/projects/363906
株式会社プログリット's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more