This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

2週間の頑張りを称え合う『ピザ会』を通して、ともに高い“山”を登り続ける

今回は、POLの営業チームで月に2回開催されている『ピザ会』についてご紹介します!高い目標を大胆に掲げ、挑んでいく風土があるPOL。大きな目標だけにもちろん苦しい時もありますが、日々目標と向き合い続ける営業チームは全くピリピリした雰囲気がないんです。そのストイックさとポジティブさの原動力になっているピザ会について、10月から新卒入社した営業チームの2人に話を聞きました!

【プロフィール】
■岸本 雅史(きしもと・まさし)/学生インターンとしてPOLにジョインし、在学中のまま今年10月より正式に入社。理系学生に特化したダイレクトリクルーティングサービス『LabBase』の営業チームにて、インバウンドリーダーを務める。法人営業とBtoBマーケティングを中心として、様々な業務を担当。

■林 鷹一郎(はやし・よういちろう)/岸本と同じく、大学在学中でありながら今年10月に正式入社。LabBase営業チームにて、法人営業のアウトバウンドリーダーを務める。行動力を武器に、利用企業の拡大を推進している。

最高の結果を残すために!とことん仲間と話し合う

-営業チームがしている月2回のピザ会は、とても興味津々でよく聞き耳を立てているんですが、どんな目的で開催されているんですか?

岸本:元々は月末に、当月の振り返りと次月の目標設定ミーティングをしていたんです。ただこのフローでは、月の中旬に目標の進捗が良くない時、チーム全体での課題共有や軌道修正をすることができないというデメリットがあって。そこで、2週間の頑張りをお互いに称え合いながら、“進捗確認・調整・目標設定”をするという目的で、ピザ会をスタートしました。

林:LabBase事業責任者の松崎に「鷹一郎、ピザ頼んどいて~」と、僕が頼まれたのが始まりです(笑)。なぜピザなのかは、メンバーの好物だからですね!

-ピザ会をスタートして、良かった点を教えてください。

岸本:まずは、毎月2回美味しいピザを食べられる点です(笑)。と言うのは半分冗談で、良い雰囲気で話し合えることが大きいと思っていますね。POLには、仲間の成果を称え合って喜びあう"BUMP"というカルチャーがあります。営業メンバーがテレアポで最高記録を更新した時、始めて契約を獲得した時など、ポジティブな結果が生まれた時には、お互いに拳を突き合わせます。特に営業メンバーはBUMPの意識が強くて、メンバーが成果を上げた時には、自分のことのように喜んでいますね!

林:僕は、月2回の開催がポイントなのかなと思っています。当たり前ですが、1ヵ月が終わってしまってからいくら反省をしても、いくら悔やんでも、もう結果は変えられません。必ずやり切るために、月の中旬にチームでビジョンや目標を確認しあったり、目標達成に向けた相談ができることは有り難いですね。ミーティングの内容自体はシビアな話になりがちですが、ピザを食べながら話せることで、前向きな気持ちで受け止められると思っています。責任者の松崎がつくり出す雰囲気も楽しいものなので(笑)。

ちなみに、POLでは目標設定に『OKR』を用いています。チームのモチベーションを高められる、挑戦しがいのある目標を立てることがOKRの特徴なので、POLの社風にとてもマッチしていると感じます。毎朝起きた時、ベッドから飛び出して「営業に出かけたい!」と、思えるようなワクワクする高い目標を立ててるんです。例えば、『LabBaseを理系採用NO.1にする!』とか。どうすれば目標を達成できるかをとことん話し合い、実行するカルチャーがありますね。


経験が少ないからこそ、動き続けて成長する!

-続いて、営業のやりがいや課題について教えてください!

岸本:LabBaseは、学生目線を活かして学生に深くアプローチできるサービスなので、お客様に有用性を感じていただきやすい点が営業としての面白さだと思っています。また、インバウンドリーダーとして、マーケティングなど幅広く仕事を任されていることもやりがいですね。この間は、意気投合したお客様とイベントを実施しました。「面白そうだから、やりたい!」という意欲があれば、任せてもらえる環境です。

課題は、まだまだ経験が足りないことですね。困った時には、営業顧問に同行していただいて、フィードバックをもらっています。

林:僕は、『会社やプロダクトを背負っている』という感覚が、やりがいに繋がっていると感じます。フロントとしてLabBaseの価値を伝え、お客様に認めていただいた時は楽しいですし、やっていて良かったと思います!そして、支えてくれている制作メンバーの顔が浮かびますね。

課題は、まだ“天井”を分かっていないことです。どれくらい営業活動をすればいいのか?営業未経験の故に基準が分からなくて、楽な方に逃げてしまう時もありました。でも、そんな悩みを営業顧問に相談し、他社営業チームの行動指標を聞くと、自分の甘さを痛感。一方で、まだまだやれる!という気持ちも湧いてきて。お客様と向き合える時間を増やすことが大切だと感じたので、電話の数や訪問件数を一気に増やしました。意識も行動も変わってきた実感があります。


やりきり力で高い結果を残し、POLをリードする存在に

-POLのメンバーを言葉であらわすと、どんな人でしょう?

岸本:熱くエモく語り合える、当事者意識の高いメンバーという感じでしょうか。高い目標を掲げ、それを達成するために進んでいる実感があります!

林:そうですね。POLのメンバーはみんな"やりきり力"が高いです!仕事以外でも、そんなエピソードがありました。以前、他社とフットサルの試合をすることになり、POLメンバーで練習をしていたのですが、本番さながらに限界まで頑張ってしまうメンバーがいまして。2人も倒れこんでしまったんですよ!今ではいい思い出ですが(笑)。

-これから営業チームをどんな風に成長させていきたいですか?

岸本:この事業、そしてPOL自身は、どんな価値をお客様に届けられるのか。共に考えてビジョンを掲げ、高いレイヤーで具現化していきたいですね。目指すのは、エベレストを登りきるくらいの高い結果です。そこに向かって、メンバー全員が目標を共有して一体となって突き進むチームに進化できればいいなと思っています!

林:高い目標を達成するために、決して妥協することなく走り続けられるチームを目指していきます!そのためにも、まずは天井をぶち抜きたいです。営業は、頑張りが短期間で目に見えて結果に繋がる職種だと思うんです。POL全体の天井を営業チームからぶち上げていって、会社全体が高みに到達できるようにリードしていきたいです!


-岸本さん、林さん、本日はどうもありがとうございました!


一体感のあるチームで高みを目指したい仲間を募集中!

POLにはカルチャーに共感する仲間が集まり、常に高い目標を掲げて成長を続けています。現在、複数の職種にて共に働く仲間を募集中!少しでも興味を持ってくださった方、まずは一度気軽にお話してみませんか?

カスタマーサクセス
顧客と併走し、最適な研究者との出会いを導く!カスタマーサクセスを募集
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
新規獲得営業
経験よりも意欲を重視!アカデミア分野の未来を創る開拓営業メンバー募集
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
人事採用担当
閉ざされた研究室を開きたい!という想いに共感したらご応募ください。人事募集
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
バックエンドエンジニア
大学生が社長!理系学生を助けるWebサービス作りませんか?エンジニア募集
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
幹部候補
あなたの企画力で、アカデミア分野を盛り上げてください!幹部候補を募集!
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
株式会社POL's job postings
17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings