1
/
5

ナイトレイ_インターン卒業インタビュー vol.2

ナイトレイでは、この3月をもって3人のインターンメンバーが卒業します。

いつも仲良しな3人組です。

卒業にあたって、インターンメンバー自ら「ナイトレイ生活をドラマチックに語る」と題し、自分たちの業務や働いてみての感想をtechtalkでプレゼンしてくれました。

とても立派なプレゼン資料が作れるようになって堂々と発表する姿を見るだけでも、成長を感じました。

そんな3人に、ナイトレイでのインターンシップの感想をインタビューしました。

第一回目はこちら・・・

第2回目はセールス&マーケティング部Tさんです。

ナイトレイとの出会いについて教えてください。

2017年1月に入社、就職活動のため3月〜5月まで休み、復帰後、約1年間お世話になりました。

大学4年時、就職活動で失敗して、就活浪人中に働き方や仕事について知りたい、大人とうまく話せるようになりたいという点から、ベンチャーでのインターンを探しており、そこで出会ったのが「ナイトレイ」でした。ナイトレイの面接兼説明会で、旅行好き・大学では統計学を専攻という自身の興味分野や属性とのマッチを感じ、自社プロダクトを持って売っているところにも魅力を感じて志望しました。

「ベンチャーは気合でやっていきます!」というところが多いけど、みんな落ち着いて仕事をしている姿も好印象でした。

実はナイトレイの面接を一回落ちていて・・・

他社のインターンに採用されたのですが、どうしてもナイトレイが気になって。もう一度チャレンジしようと2回目の応募で採用されました。(あとから聞いたら、この2回目の挑戦を高評価していただけたようです。自分自身でも諦めずに挑戦した結果、採用してもらえて良い経験になりました。)

ナイトレイでの業務の感想は?

入社当時は何をしていいか分からない状況でした。今より組織も小さくて、「契約書を読んで変だと思ったところ教えて。」と言われたけど内容も分からず…。

自分のやっている仕事が正しいことなのかが分からず、好奇心旺盛だったので様々な仕事をすることが楽しい反面、困惑したのを覚えています。正直「何をやるのも自分で考えるのは大変だな。」と思いました。

就職活動に注力するため、一旦お休みをいただき、就職活動終了後にナイトレイの再雇用面接を受け無事に再入社後は、セールス(テレマーケティング・営業同行)業務に携わりました。

元々営業がやりたくてナイトレイに入ったので、電話でアポを取りマネージャー同行のもと営業先に行くことは、かなり楽しくやりがいを感じていました。

営業先では、会社・ソリューションの聞き取りから、相手のニーズ把握までほとんどのことを任せていただいていました。

お客様と話すうちに資料をこうした方が伝わりやすいのではないか?電話でこういうことを聞けるといいのではないか?等思うようになり、工夫を行いました。

内定先に営業に行ったことは貴重な体験になりました。

就職活動が終わってインターンに集中できるようになったこともあり、就職活動を経験して、広い視点で物事を考えられるようになっていたので、「自分で決められることが楽しい。」と感じるようになり、自分で定義して行動していくことの楽しさを知ることもできました。

2017年11月にナイトレイのメインプロダクトである「inbound insight(インバウンドインサイト)」の資料を改善する。という、資料作成業務を担当させてもらいました。

マネージャー陣からフィードバックをもらいながら、資料作成にまつわる型を教えてもらったことがとても良い経験になりました。手取り足取り教えていただき、カタチにするので手一杯だったので(受動的だったと反省しています。)この時、どんな業務も、前提を疑う姿勢、腹落ちさせて作業する。ということを学びました。

その後、営業志望だったのですが、配置転換があり業務内容が企画系に変更になったことでモチベーションが低下したこともあります。その時、インターン生同士で自己分析する方法を共有し、なぜ、自分のモチベーションが落ちたのかを分析し、自分自身と向き合う機会となりました。

分析した結果、自分で納得感を持って業務に取り組めるようになってからは、エンジニアチームとのコミュニケーションも多くなり、論点整理などもできるようになり全ての面で充実して業務に取り組めるようになったことを実感しました。

ナイトレイのインターンを通して学んだことはありますか?

・準備段階から徹底的に考え抜くこと。

・どんな仕事に対しても根拠とともに自分の考えを持つべき。

・仕事はストーリーで把握する(他の立場の人の状況や流れを理解すること。)

職場の雰囲気はどうですか?

かなり良い雰囲気だと思います。

時折、冗談が飛びながらも、みんな集中して仕事に取り組んでいます。それでいて、何か相談があるときは、誰にでも気軽に聞くことができるような良い雰囲気です。

また、雰囲気とは少しずれるのですが、ワンフロアで全員が働いているので、何か問題や疑問があると(関係ある人)全員で議論を始められるので、やりやすかったです。

欲を言えば、毎週みんなでランチタイム。という企画があって水曜日は全員で会議室に集まってランチを食べるのですが、もっとみんな参加して欲しかったです!

ナイトレイでのインターンシップのやりがいや魅力とは?

たくさんあるのですが、3つピックアップします。

①インターン生が少ないため個々の業務の裁量が大きく、自分で考えて仕事を行うことができます。=ただの作業になりにくく、意見を求められる環境です。

②マネージャーの方が多く様々なバックグラウンドを持っているため、色々な観点から多くのフィードバックをもらうことができます。(前述の通り、全員がワンフロアで働いているため、電話での対応1つでも時には社長からもフィードバックを受けられる環境です。)

③B to Bのビジネスなので、他社の動向を含めビジネスに関しての理解が深まりました(関連業務のメールがccで共有されているため、仕事の進め方/交渉の仕方/温度感の違い等をリアルに見ることができました。)

最後に、「ナイトレイのインターンでもっとこんなことやってみたかった!」ということはありますか?

もう少し長くセールス業務を担当していたら一人で営業先に行ってみたかったです。

テレマーケティングを担当していた時は、お客様の声を聞く機会が多かったので、それを資料や改善策につなげられれば良かったと感じています。

と語ってくれました。代表の石川はじめ各マネージャー陣から、3人のインターン生の中で一番成長した!!と言われているTさん。ナイトレイでのインターン生活を通して本当に色んなことを学び吸収してくれていたのだな〜と感じました。4月からは就職先でぜひぜひ輝いて欲しいです!

そんなナイトレイでは、現在新たなインターンメンバーを募集しています。


インターン
文系でも理系でもベンチャーで新たな一歩を踏み出したいインターンメンバー募集
ナイトレイはロケーションビッグデータ解析を得意としており、「ロケーションビッグデータで人々の生活を豊かに、社会をよりスマートに。」というMISSIONを掲げています。 インバウンド・観光・MaaS・スマートシティなど多文脈でデータを活用しております。 
一例ですが、私たちが提供するサービスにより、とある観光地に”どのような人達が来ているのか、もっとこうしたらこんな人達が来てくれるのではないか”といったことがわかります。 
具体的には、ファクトのデータから読み取れたことを基に自治体や民間企業がインバウンド対策や観光戦略を立てるなど、実は私たちの身近なところで活用されています。
株式会社ナイトレイ

まずはお気軽に「話を聞きに行く」からご連絡ください!

株式会社ナイトレイ's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings