1
/
5

69,920時間と人生を決めるたった一つの質問

みなさんこんにちは!相変わらずこんなご時世ですが、少しずつ、でも着実に、春が近づいてきていると感じる今日この頃であります。

さて、相変わらずのリモートワークがメインの方は、通勤や付き合いでの飲み会などがなくなることで肉体的には楽になり可処分時間が増える反面、淡々とした日常のルーティンや内省に割く時間が増えたことにより「あれ?働くってなんだっけ?」と精神的に良くも悪くも”気付き”がある方も多いと思います。

今日は会社説明会でも毎週人事よりお話しております弊社のMVV(MISSION/VISION/VALUE)が何故あるのか、またその重要さについて、改めてご説明します。

「結局自分って何がしたいんだろう。」「うちの会社ってどこに向かってるんだっけ?」「仕事ってなんでしないといけないの?」

そんなふうに日々悩まれている方が、少しでも希望を持って新しい毎日を迎え、挑戦できるきっかけになれば幸いです。


まず、簡単な質問をします。

「そもそも会社ってなんですか?」

みなさんならこの問に対してどう答えますでしょうか。少し考えてみてください。


「会社とは存続を目的とした事業を行う営利団体である」、「同じ意志をもつもので集まり革命を起こす集団である」、「利益を出して投資家である株主に配当として利益を還元する組織である(株式会社)」、「国家の存続及び経済成長のために税金を治め、国民から漏れなく保険料や源泉徴収でお金を集め納めるための約200万社ある箱である」

など角度によって様々な声が聞こえてきそうです。

では、あなたの知っている人で一番楽しそうな人を思い浮かべてください。

思い浮かべられましたか?

仕事も成果をだし、いつもいきいきとしています。明るく元気でエネルギッシュで、”与える”側の人間ではないでしょうか。早速今度はその人に会社とはなにか聞いてましょう。

「自分の脳力を最大限に発揮でき、もはや自分の人生そのものを物語る最高のステージ」「尊敬しあえる仲間と共通の目標に向けて、日々切磋琢磨し成長できる、あの頃の部活のような、青春そのもの」

素晴らしいですね。このように答えられた方は確かに少数派ですが実際にいます、そして彼らはとても人生を楽しんでいます。

では、いつも元気がなく消極的なあの人にも聞いてみましょうか。


「ただ、自分が欲しいお金を得るためだけになんとなく働いて、それっぽく上っ面を周りに合わせなるべく目立たぬよう、日々消化するだけの場所にすぎない・・・」

はい。このような方もたくさんいらっしゃるのが現状です。

同じ週40時間働くとして、この違いはあまりにも大きいのではないでしょうか。

年間所定労働日数を240日、有給取得を10日とした場合年間で約1,840時間、一生(22〜60歳)で38年働いたとしたらなんと69,920時間。残業を考えれば70,000時間は余裕で超えます。

そして多くの場合欲しい物を手に入れられているのは前者の人たちです。

では、なぜその差が生まれるのでしょうか。少し考えてみてください。

よくありがちな価値観の違いという一言で片付けられる抽象度の高い言葉は、思考そのものの放棄となりますので今回は禁止としましょう。


どうでしょうか。何か思い当たることはありますでしょうか。


実は今考えていた時間こそがその差の第一歩だとおもっています。

「如何に自分と正しく向き合ってあげられているか」

私はその一言に尽きると思います。

では、ここでひとつだけ質問させてください。


「あなたはこのたった一度のかけがえのない人生で、誰と何を成し遂げ、何を得たいのでしょうか」


これにすぐ答えられる人はきっと大丈夫です。例えるなら流れ星が流れたあの一瞬の刹那の瞬間に「甲子園にいきたい!」と言い切れる高校球児と同じように。

有名人が着てるから私も欲しい、高級ブランドだから欲しい、大手企業だから入りたい、年収1000万は欲しい、認められて出世したい、あの人より早く結婚したい!、、、本気ですか?本音ではその先に何があって何をしたいのでしょうか?そのためなら何を捨てられますか??

もちろん子供の頃から憧れていたスポーツカー、自分のお花屋さんを開く!というような夢はとても素敵です。誰にも言えないような大きな夢も、僕らは決して笑わず自分ごとのように応援します。

自分で取捨選択して情報を得ているつもりでも、実は見させられている。スマホを使いこなしているつもりでも実は使われている。更にマスメディアで様々なイメージを潜在的に植え付けられて、我々消費者は購買行動を無意識に行っているのです。(例えば無形商材の広告ほど、可愛いこどもやワンちゃん、清潔感あふれる俳優さんが起用されていたり・・・

企業の戦略やインフルエンサーマーケティング、SNSで必要以上に焦燥感を煽られるこの時代で、タイムラインと一緒に自分の思考すら流してしまってはいないでしょうか。

本当は欲しくもないみんなが欲しそうなものを、まるで自分が欲しいものだと錯覚していないでしょうか

迷わず充実して悔いのない人生を送るためには、明確な指針となる自分の存在意義や本当に成し遂げたいこと、そのためにどういう人間であるか言語化することが必要と考えます。

会社にも存在意義、実現する未来・状態目標、目標を達成するための価値基準を言語化する必要があります。

弊社では法人としてのMISSION/VISION/VALUEは勿論のこと、各メンバーの人生にもとことん向き合わっております。各々のミッションステートメント価値基準状態目標、それによって自分が得られることメンバーや社会が得られることなど、ひとりひとりの個に徹底的に寄り添い、”なんとなく”を排除し、長所を活かし、生産性と才能を最大化させ最高のチームを目指しています。

これは私が自分自身の経験と多くの研究や読書などのインプットを元に開発した成長シートです。実際に今社内で運用しております。熱意ある社員100%を目指し、チームでのミッションに対しての目標設定は勿論、メンバーそれぞれの夢やなりたい自分にとことん寄り添います。

次回は改めて、弊社のMISSION〜僕らの使命・存在意義〜VISION〜実現する未来・状態目標〜、VALUE〜僕らの価値基準〜についてご説明します。説明会でも行っておりますので、ぜひお気軽にエントリーしてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。今悩んでいる方にとって、「会社」とはなにか「仕事」とはなにか。一度足を止めて、少しでも改めて考えるきっかけになればと幸いです。

ちなみに今年2021年は「革命」をテーマに掲げメンバーで取り組んでいます!2016年の起業ダルマからはじまったダルマ君も、毎年苦楽を共にし、おかげさまで6号まで成長しました。嬉しい限りです。

弊社のことが少しでも気になる方は、ぜひ以下応募から「話を聞きに行きたい」でご応募ください。たった一度の人生、思い切り挑戦したい方。メンバー一同心よりお待ちしております!

株式会社Knocknote's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings